読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

仕事が劇的に片付く!モチベーションを上げる5つの秘訣

目標設定でモチベーションアップ

仕事が劇的に片付く!モチベーションを上げる5つの秘訣

「モチベーションが上がらずに、全く仕事が手に付かない」と頭を悩ませているあなたへ。実はその悩みは、5つの秘訣を実践するだけで簡単に解決する事が出来ます。

モチベーションを上げて毎日全力で仕事に励めば、自然に最高の結果がついてきます。最高の結果を出し続ければあなたが社内で一目置かれる存在になる日も遠くありません。

そんな輝かしい未来を実現させる為、この記事をこのまま読み進めて下さい。

負けたくないライバルを作る

負けたくないという気持ちがあるとモチベーションは飛躍的にアップします。負けず嫌いの人にはより効果を発揮します。まずは自分がトップになりたい仕事や分野でライバルとなる人を1人だけ決めて下さい。

ポイントは必ずあなたよりも現時点で成績や能力が格上の相手をライバルにする事です。自分より格下の人間をライバルにしても意味の無い結果になってしまいます。そしてライバルに勝つために最大限の力を注いで下さい。

一心不乱にライバルに勝つために仕事に打ち込んでいれば、モチベーションは自然と上がったままの状態になり下がる事はありません。さらに格上のライバルに勝つためには自分の限界以上の力を出さなければなりません。

限界以上の力を出しライバルに勝てば能力の限界値も引き上がり、それまでは手が出せなかった難易度の高い仕事にも取り組めます。

1人のライバルに勝ったら別のライバルを作りまた勝つために仕事に打ち込む。という流れを繰り返していけばモチベーションアップと能力向上を同時に達成し続ける事が出来ます。

小さな達成感を何度も味わう

人は何かを成し遂げた達成感を味わうとモチベーションが上がります。なので仕事を進めて行く際には必ず目標を設定して下さい。ポイントとして、大きな目標(年、月単位)を定めるよりも小さな目標(週、日単位)を定めた方が効果的です。

一週間以内にA案件の資料作成を完璧に終わらせる、3日以内にB社へ必ずアポを入れる、1時間以内に外回りから帰社するなど、小さな目標を定めコツコツと達成する事で、達成感を味わう感覚を持続し続けられるます。

その為、上がったモチベーションの維持にもつながります。また、小さな目標を定めて達成する為には時間を意識し、効率的に仕事を終えなければなりません。

常に効率を考え仕事をするクセが身に付けば無駄な時間の短縮にもなります。

気分転換でリフレッシュ

一度、今取り組んでいる仕事を忘れ気分転換をする事も大切です。ずっと気を張っていては疲れやストレスが溜まりモチベーション低下の大きな原因になってしまいます。

なので気分転換をして肉体的・精神的にリフレッシュする事で再び仕事へ取り組む事へのモチベーションが上がります。気分転換の方法はあなたがリフレッシュできる方法であればどんな方法でも構いません。

10分程度の仮眠をする、オフィスを離れ外の空気を吸う、雑談をするなどたくさんるのでどれが自分に合っているのか色々と試しながら実践する事をお勧めします。

また、自分がいつも使うデスクの上や周辺をキレイに整理整頓する事も気分転換につながります。汚い環境で埋もれて仕事をしていてはモチベーションは上がりません。

整理整頓されたデスクなら気持ち良く仕事に没頭する事が出来る上、何がドコにあるかハッキリ分かるので探し物を見つける時間を省け無駄な時間を減らす事にもつながります。結果、仕事が早く進みモチベーションが上がります。

プライベートを思いっきり楽しむ

仕事ばかりの毎日では、たくさんストレス溜まってしまいモチベーションを上げる事は不可能です。プライベートを思いっきり楽しむ時間をしっかりと作ってストレス解消をすれば、モチベーションは飛躍的に上がります。

恋人とデート、スポーツをする、買物に出かけるなど、あなたが楽しめる事であればどんなことでも構いません。重要な事はストレスの原因となっている仕事を忘れて心から気持ちが良いと感じられる時間を過ごす事なのです。

ストレスから解放され肉体的・精神的にリフレッシュする事で、今まで思い浮かばなかった新しい仕事のアイディアが思い浮かぶきっかけにもなります。

ネガティブ思考は絶対NG

「失敗する」、「終わらない」、「出来ない」などネガティブな思考は全て捨てて下さい。モチベーションが下がるだけでなく、実務にもミスとして表れてしまいます。

モチベーションを上げる為にはポジティブな思考以外は必要無ありません。常日頃から頭の中をポジティブな思考へ切り替えておきましょう。また、現在取り組んでいる仕事を成功させた先に待つ未来を常にイメージする事も大切です。

「A案件を成功させて出世した」、「売上アップに貢献して特別ボーナスをもらった」、「成績優秀な社員として全社員の前で表彰された」などのポジティブイメージは考えているだけでモチベーションが上がります。

さらに実際に達成すれば自身や社内での好評価につながり、より高くモチベーションを上げる結果になります。