読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

派遣で働いている人必見!あなたの価値を向上させる仕事術とは?

派遣社員の仕事術

派遣で働いている人必見!あなたの価値を向上させる仕事術とは?

派遣で働く人の数はますます上昇を続け、今や珍しい働き方ではなくなりました。そんな派遣で働く人にとってこれからますます重要になってくるのがあなたの価値を高めていく仕事術です。

こういった仕事術をしっかり身につけているかどうかで仕事の能率のみならずあなたの昇進や査定などにも大きく響いてくるのです。

派遣で働く人にとっての仕事術とは

派遣で働く人の場合、一般の正社員やアルバイトに比べてもこの仕事術に対して感覚を尖らせて貪欲に習得していかねばなりません。というのも、派遣の人の場合、その働き方が多くの点で特殊だからなのです。

多くの派遣の人は正社員が多数いるような事務所もしくはオフィスに派遣されて働くということが多いですが、他の正社員に合わせてあなたも働き方を遅らせているようなことがあってはいけないのです。

ついつい余りノルマが課されないようなオフィスに派遣されると仕事の手も緩めてしまいがちですが、あくまであなたの評価をするのは派遣先の上司のみならず派遣元の会社であるということを忘れてはいけません。

そのために他の人の働き具合とは関係なしにも自分自身の能率を仕事術によって向上させてより高待遇の仕事に就けるように努力すべきなのです。それとともに覚えておかねばならないのが派遣は残業をすべきではないということです。

残業は正社員では当たり前のようにやる会社もあり、それが一種の義務のようになっている会社もありますが、こういった会社に派遣されたからといって安易にそういった雰囲気に同調してはいけません。

これは派遣の給料を支払うのはあくまで派遣元の会社であるという認識のもとにあなたが残業すればするだけ派遣元の会社の負担になってしまいかねないからです。

そのために定時に仕事を終えておくことが大事です。

そのためにも他の人と同じことをやっていては同じように残業になるだけですし、このように慢性的に残業していると派遣先の企業では評判が良くても派遣元の企業ではあなたの価値が問われかねません。

そのために仕事術を駆使してより短時間にノルマを遂げることが大事になってくるのです。またこういったことはよりあなたの価値を高め、派遣会社にとってのあなたの地位を確実にすることでもあります。

それとともに認識したいのが派遣同士の競争です。今では派遣会社も山ほどあり、同じオフィスに違う派遣会社が労働者を派遣しているということは珍しいことではありません。

こういった時に他の派遣労働者に仕事の能率で負けてしまってはどうにもなりません。

他の派遣にも勝つためにも仕事術を身につけてよりよい仕事ができるように努力しなければいけないのです。このように大変競争が激しくなる派遣の世界を歩いていくためには仕事術の習得が急務なのです。

真っ先に覚えておきたい派遣の仕事術

それほどに大事なものとなってくる仕事術ですが、最初から全て修得することは出来ません。まずは効果の出やすいものから習得していくと良いでしょう。

その一つが派遣ならではの情報収集能力です。

派遣された日からその会社の習慣に馴染んで車内文化を吸収していくことが大事ですが、そういったことが仕事の能率を否が応でも高めます。

誰もよく会社のことについて教えてくれないですし自分で情報収集をしていくしかありません。

そのためまずはオフィスへの自己紹介が済む初日から情報収集をはじめましょう。初日は余り多くの仕事を任されずこういった次の日からの準備に使用するのに最適です。

どこのオフィスの棚にもその会社の社是や来歴などの詳しいことが書かれたファイルやそれまでに進めてきたプロジェクトなどのファイルがありますから、そういったもの軽く目を通しておくだけでも社内のことについての理解度がまるで違ってきます。

またオフィス独自の仕事の進め方やお得意先のファイルなどのマニュアル、整理ファイルもありますからこういったものにも目を通してこれから必要になるであろう情報がどこにあるのかある程度の目星をつけておきましょう。

こうしておくだけで困ったときにはあのファイルを見れば良いと直ぐに思いつけるので、大変仕事が切羽詰まって来た時などには助かります。

特にいいかげんなことを教える派遣先の企業の人も多いですから、人に頼るよりもこういった資料を活用するといったことを覚えておきましょう。

それとともに実践して欲しいのがヒューマンインフォメーションの収集です。仕事にはキーパーソンがいたり、必要な手続きがあったりして派遣の人には派遣されて間もないとそういったことに気づかずに失敗をしてしまいがちです。

そのために出来るだけ多くの機会を使って職場の人とコミュニケーションを図り、なるべく親しめるような人間関係を構築しましょう。こういった目的のために活用したいのが喫煙スポットです。

喫煙スポットは自然と他の部署からも人が集まるものであり、あなたが派遣であるとも相手は気づきません。そのために自然と色々なことが聞けますし、何よりも一緒に喫煙しているだけで仲良く慣れるのが喫煙者の利点です。

それでなくともチャンネルを多く作ることは早く職場に慣れて行かねばならない派遣にとっては大事なことです。

イスにポップを貼ってこういう趣味があるんですよと自己主張したり、自己紹介の時にSNSのアカウントを紹介して名刺とともに配るだけでも簡単に職場に馴染んでいくことが出来ます。

これらは基本的な仕事術ですが、情報や人間関係なしには幾ら早く仕事をさばけても同僚が心地よく協力してくれなかったりして能率を下げる結果になりますのでしっかりやっておきましょう。

それとともに覚えておきたい仕事術が派遣のネットワークを十分に活用することです。派遣は派遣同士分かり合えるものですし、苦労を知っているだけに協力を惜しみません。

そのために同じ派遣先から派遣されているような人が同じ会社にいたら違う部署でも積極的に交流を保っておきましょう。社内の人脈が十分に活用できない以上こういったことが重要になってきます。

このような派遣同士の繋がりがあれば派遣ならではの仕事の提案も出来ますし、そういった人脈を上司が頼ってくることもあります。以外と社外の人の声というものは大きいこともあるのです。

また同じ部署に派遣されている違う派遣会社からの人とも他の同僚以上に積極的なコミュニケーションを図ることが大事です。不幸なことになると派遣同士でいがみ合ったりということも職場では起こることなのです。

こういったことは仕事の能率を下げてしまうだけです。こういったいがみ合いは仕事術とは対極のものですから、ぜひとも良好な関係を保って足を引っ張り合わないようにしましょう。

派遣の人が多い会社では派遣だけのSNSやコミュニティというのもよくあります。こういったものは派遣されたら直ぐにその情報をキャッチして加入しておくことが大事です。それだけで会社の内部事情に詳しくなることが出来るのです。

仕事の分別、正社員の使い方とは

その他に習得して欲しい仕事術が仕事の分別です。派遣は残業をすべきではないと書きましたがそれだからこそ仕事を区分ワケして自宅でもやれる仕事、会社でしかやれない仕事などの区切りをつけることが大事になってきます。

派遣の場合、専門的な仕事を任されることが多いのですが、それゆえに一人で出来るような仕事、即ち自宅でもやれる仕事が多いのです。そういった仕事を会社でやるのは余り得策ではありません。

会社ではなるべく情報交換や調整などに最大限の時間を使って他の場所でもやれる仕事をしっかりと分けておきましょう。こうすることで、能率はぐんぐん向上してきます。

また派遣の人の場合、仕事の全体像を把握する必要は余りありません。そういった仕事は正社員に任せるべきもので、内部機密もありますので余り無闇に首を突っ込む必要がないものもあるということを覚えておきましょう。

派遣は基本的に自分に任せられたものをしっかりしていればそれで合格点です。その与えられたものをどれだけ早くやるかという方がよっぽど大事です。正社員には正社員の働きをさせればいいのです。

こういった正社員の人の使い方というのも大事な仕事術になってきます。もし全体の調整が上手く行ってなかったり、重要なイベントなどに間に合わないようなことが生じた場合、派遣は自分で解決すべきではありません。

正社員のほうが基本的に人脈も社内事情も詳しいために、少しややこしくなりそうな問題に行き当たったら積極的に正社員を頼りましょう。

理想的な関係は正社員が全体調整や管理、企画をして派遣が専門分野を担当し、それを補佐することです。

こういった関係を構築していくのは誰もやってくれるものではありません。即ち、自分で派遣にとっての働きやすい職場を作っていくことで貴方自身の能率も上がるとともにオフィス自体の能率も上がるわけなのです。

この職場環境を見極めて働きやすいように変えていくというのは大変重要な仕事術になってきますが中々に難しいものです。

仕事に慣れて十分にオフィスでのあなたの地位も確立されてきたら積極的に働きかけをしていくのも良いでしょう。

こういった仕事術を通してあなたの生産価値は大変上がり、それだけ派遣元からの評価も高まるでしょう。実際は派遣の多くは基本的な仕事術も余り出来ていない人が多く、それだけにこういったことを着実にやっていくだけで大きな差をつけられます。

そのためにも仕事術を確実に身につけていくとともによりよい仕事の方法を常に考えていくことが大事です。

そうすることで自分自身の仕事術を見つけて行くことも出来、より仕事の本質がつかめるようになってくるのです。

仕事術はよりよいキャリアへのステップアップだとも考えて身につけていく姿勢こそ派遣にとって真に大事なことになってくるということをどういった職場に行っても押えておくようにしましょう。