読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

もうこんな会社は嫌だ…転職のタイミングと行動のポイント

af9920070750l

仕事をしていると理不尽なことがあったり、自分に合わないと感じることや、会社の業績不振でこの先どうなってしまうかわからないということや、自分にはやりたいことがある…などという理由で転職を考える人も多いでしょう。

今の時代転職をして活躍している人も多くいますし、転職をすることは悪いことではありません。

しかし、転職したいという気持ちが大きすぎて突っ走ってしまい今在籍している会社を辞めてしまうと後悔することが出てきてしまうかもしれません。

転職にはタイミングが大切です。より良い転職にするために慌てずに自分のとるべき行動、考えるべきことを一度整理してみませんか?

今の会社は今やめるべきなのか…辞め時を考えてみよう

あなたは今の会社に勤めて何年ですか?転職するときにポイントとなってくるのが前職の勤務年数だったりします。半年ですか?1年ですか?3年ですか?それ以上ですか?できれば3年は勤めたいところです。

新卒で入社をしたという人は3年から5年勤務して転職するというのが一番良いタイミングです。社会人としての常識が身に付き、20代で転職するというのは新しい仕事にもつきやすい時期になるのです。

また、半年や1年では新しい会社でも長続きしないという評価になる可能性が高いです。短いスパンでは仕事をしていたことはあっても自分が担当していた業務についてきちんと一人でできるようになっていたとは見られないものなのです。

もし、2年数か月勤務をしているのならば3年を過ぎた頃が辞め時です。もう少しだけ頑張る勇気も大切です。

そうすれば社会人としての自覚や常識が身に付き、転職先の企業からも期待される人物となれるでしょう。もし、もっと短い勤務年数で転職する場合にはその短い職歴を打ち消すような強い志望動機や自分の売り込みが必要になりますので覚悟が必要です。

転職をするということは退職をするということです。有給休暇は残っていますか?転職活動は有給休暇中に行うこともできます。

求人数が減ってしまうお盆休みがある夏休みや年末年始が絡んでくる12月、1月は就職活動には適していません。

求人数が多い時期に転職活動ができるようにすることがよりよい就職先を探すポイントになりますので大切です。

ですから自分の有給休暇の日数や退職する際の引き継ぎ業務にかかる時間、退職願を出してから受理されるまでの期間を逆算して退職する日を決めましょう。

勤務している会社にも都合はあるでしょうからその期間はタイトにならないように、自分の希望が通るように調整するのです。退職すると決めたからと言って職場を乱すような真似をするのは美しくありません。スマートな行動を心がけましょう。

転職すると心に決めたらとるべき行動

待遇面や自分のスキルを活かして転職したいという場合には今までの勤務経験を生かすことができ、次の会社を探す際にも業界を知っていればモノサシとなり自分を売り込んでいくことができます。

自分が今まで仕事をしてきた上で学んだことをアピールできる企業の求人を調べて応募するのも良いでしょう。また、仕事に必要な資格を取得するなどして今までよりもさらにパワーアップした自分で仕事をしていきたいということをアピールするのも効果的です。

もし、全く違う業界ならばその業界で必要な資格を取ることがその仕事につける近道と言えるでしょう。社会人としての経験があっても業務の経験がないということでは未経験者となってしまいます。

業界により年齢云々ではありませんが、やる気が買われて成功していくものです。転職をしたいと決めたときから準備を進めていきましょう。その業界と経験のある業界は全く違っていても、以前の経験が無駄になることはありません

いまやネットで求人を検索し、応募できる時代になりました。

今すぐに応募とは考えていなくても今求人が多い時期なのか、少ない時期なのか、世の中の流れを感じ取るようにしましょう。

希望するような企業には資格や経験が必須となっているものもあるかもしれません。仕事が休みの日や仕事のあとにその勉強をしましょう。いざ応募する時に自分に足りないものが多すぎて応募することができないということにならないように。

転職をするということは勇気がいることです。大変なことや考えてしまうことがあったとしても今のある程度安定している暮らしを打開して新しい世界へと飛び出そうとしているからです。

ただ転職をする…ということではなく自分自身の納得のいくより良い転職をするためには勢いだけではなく準備と心構えが必要だということはわかっていただけたでしょうか。

この機会を有意義に使い、自分自身を見直してより良い転職にしてくださいね。