読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

【女性の再就職】40代女性の再就職、転職準備からいざ面接

【女性の再就職】40代女性の再就職、転職準備からいざ面接

40代になると多くの女性は子育てが一段落してようやく自分の時間を持てるようになり、趣味や習い事、買い物や旅行などを楽しみたい!でもそのために無くてはならないものはお金ですよね。

「さあ、再就職!お仕事がんばるぞ」という人や転職するには年齢的に今しかない、という人など事情はさまざまではないでしょうか。そんな時に困ってしまうのが「どんな準備をすればいいんだっけ?」ということ。仕事探しのポイントから面接準備までをまとめてみます。

資格は必要?

職種によっては資格が必ず必要なものもあるでしょう。しかし、一般的に多くの会社やお店が求めるものは、“経験”や“知識”ではないでしょうか。

例えば、事務職に応募をするのであれば、パソコンの資格はいらなくてもパソコンを使える経験は必要だったりします。パン屋さんに勤めるとしたらパンを作るための資格がなくても、パンが大好きだったり、パンのことをよく勉強している人を雇いたいと思います。

主婦を長く頑張ってきた人は、家事の経験や知恵を活かしたお仕事でもいいですよね。資格ももちろん大切ですが、自分がコツコツと積み上げてきた経験や知識が活かせるお仕事でがんばりたいですね。

どんな服装で面接に行こう?

20代の頃の面接ならば、まよわず紺色のリクルートスーツを着るのですが、やはり40代の再就職や転職というと、若い人と同じようなリクルートスーツでは正直、違和感があります。

職種や就職先が会社であるかショップであるかなどで面接の時の服装も変わるかと思いますが、おすすめするのは、同じ紺色でも織り目やデザインがおしゃれなものや、濃いめのグレーのスーツです。

スカート丈は膝が軽く隠れるくらいが落ち着いてみえながらフォーマルすぎないおしゃれなスタイルになるのではないでしょうか。

いずれにしても、ジーンズとトレーナー、スニーカーでいざ面接へ!というのは避けたいですね。

履歴書を書くコツはあるの?

履歴書の書き方はいろいろなサイトもありますのでここでは省きますが、再就職でも転職でも、40代の女性に求めるものはなんでしょうか?

●経験は積極的にアピール

面接に行く会社やお店が求めるものを考えてアピールします。職歴だけでなく、趣味や備考欄を使って経験を積極的にアピールすると良いですね。

●家族構成や勤務可能な曜日・時間は具体的に

家庭の急な用事で勤め先をお休みすることもあるかもしれません。そんな時に備えて家族構成や勤務可能な曜日・時間など、履歴書にはできるだけ具体的に書きます。

書けないことは面接の時に伝えておいたほうが後々のトラブル防止にもなるでしょう。

ブランクが不安

たしかに長く間があくと、以前経験したことがある仕事であっても不安はつきものです。家庭や家事との両立、体調との兼ね合い、仕事に慣れることができるだろうかなど心配ですよね。

インターンシップという職場体験を活用して慣れてみる、というのも一案ですし、派遣会社を活用して自分の条件にあった短期間の仕事から始めてみるのもいいでしょう。

新しい職場、人間関係は?

40代になると職場の上司や先輩にあたる人たちは年下の人も多く、なかには自分の子供とあまり年齢がかわらない人だったりすることもあります。そんな職場の人達とうまくかかわっていくにはどうすればよいのでしょうか?

●挨拶は自分から

職場では新人ですが、人生ではもちろん先輩です。そうであるからこそ、どんな時も笑顔で自分から挨拶をしたいものです。

●謙虚な姿勢

再就職や転職で、年齢が高くなってから入社しても好感が持てる人というのはやはり謙虚な人です。

教えてくれる先輩や上司がいて、その人たちが自分よりも年齢が下であっても、相手が教えてくれている、という行為に対して感謝をし謙虚でいられればきっと人間関係も上手くいくでしょう。

年齢に応じた落ち着きと知識や経験をもちつつ、謙虚でいられる人のところには、自然に人は集まってきます。その知識や経験をさりげなく年下の人達に教えてあげられれば素敵ですね。

●自然体で

へりくだる人はかえって逆効果、あくまでも自然に振る舞いましょう。あまりへりくだられると相手は接し方に困ってしまいます。良い関係を長続きさせるためにもできるだけ自然体が良いでしょう。

へりくだる人とは逆で、どちらが先輩なのかわからない態度で仕事を教えてもらっている人を時々みかけます。いくら相手が年下だからといって先輩は先輩。上司は上司。“タメ口”で返事をするのはあまり気持ちの良いものではありません。

見られています

良くも悪くも、女性はおしゃべり、と言われますが、しゃべるのには幅広い情報や知識をもっていないとなかなかできないものです。主婦のネットワークには目を見張るものがありますし、にぎやかで楽しいですよね。

でも、職場ではその“楽しいおしゃべり”は休憩時間だけにしましょう。仕事中であっても、お客様がいらしても、なかなかおしゃべりが止まらない人をよく見かけます。

やはり大切な職場です。会社の社員教育を疑われることにもなりますし、当然、上司からの目も厳しくなります。自分が思う以上に見られていますよ。

理想は、仕事も楽しみながら

40代からの仕事探しは、なかなか条件が合わなかったりしてハードルが高いかもしれません。それでも、長く培ってきた経験や知識を活かしながら楽しく、そして長く続けられる仕事をみつけられるといいですね。 50代に向けての自分磨き、こころとからだのバランスを上手くとりながら、職場でも活き活きと過ごしていきたいものです。