読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

気になるオシャレな仕事?!カフェバイトの仕事内容

バイト・パートの仕事情報

af9980001208l

カフェのバイトと言うと、働いているスタッフたちも、常に笑顔で、ユニフォームとエプロン姿が他のアルバイトとは違って、斬新な感じでオシャレで、華やかなアルバイトだなと感じる事が多いかと思います。

特に、大手カフェチェーン店の代表格とされる何店かは、かわいい女性やオシャレな男性が、働いていて、何となく働きたくなってしまいますよね。

ですが、意外とカフェバイトの仕事内容というのも、一般的な飲食店同様、意外とハードな事も多いので、この仕事内容を紹介したいと思います。

ドリンク作製とドリンクの提供をする

これが、もちろん、カフェでの仕事のメインのものとなります。

皆さんも、カフェへドリンクを買いに行ったら、アルバイトの子達が、ガシャガシャとカフェマシンを動かして、器用にドリンク作製と、提供をしてくれるのは目の前で見た事があると思います。

このドリンク作り、実は結構大変で、全てのメニューを覚えるのに、どんなに早く仕事を覚えられる人でも、3日は絶対にかかるくらいです。

ボタンを押して出るようなドリンクであっても、ボタンが数個しかなく、そのボタンを組み合わせて押す事によって、色々なドリンクができ上がるのですが、その組み合わせを覚えるのも結構時間がかかるのです。

覚える事自体は、そんなに苦ではないのですが、よくカフェに行ってお昼や、お茶の時間になるとずらっとお客さんが並んでいるのをみかけますよね。

いわゆる、ピークの時間帯が何回かあるのですが、その時には1個1個丁寧に作るのは変わらないのですが、1個のドリンクを作る時間を短くしなければいけませんから、そんな時には、ボタンの押し方を頭の中で考えている暇がありません。

慣れてくればそれはできるのですが、慣れていないと、かなり大変で、メモしたものを見ながらドリンクの提供を急いでしなければいけません。

更に、スチームを出す部分があるのですが、それは、どんなに忙しい時でも、使った後に必ずその部分を拭いたりしなければいけなかったり、ドリンクを作りながらも次のドリンク提供時にスムーズにできるような状態にしておかなければいけないので、結構あわただしいのです。

また、カフェのメインのメニューというのは、やはりドリップコーヒーになります。

この豆をひく作業も、もちろんあるバイトがしますし、アイスコーヒー用にコーヒーを作ったり、ホットコーヒーも何度かフィルターを替えたりしなければいけないので、実は意外とドリンク作りも休む暇もなくやっているのです。

お店のオリジナルフードを作って提供する

お店のオリジナルフードがありますが、あれも、ほとんどの物はサンドイッチならサンドイッチ業者さんから、ケーキならケーキ業者さんからと、各種類によって業者さんをかえて、注文して、それをお店で出しています。

ですが、例えば、トースト系だったり、チャパタなどを使った、普通のサンドイッチとは少し違ったサンドイッチを提供しているカフェがありますが、あれは、各店舗ごとに、店舗に設置されているキッチンで、アルバイトの人達が作ります。

ですから、正直、人によって具の量が変わってくるので、ここがクレーム対象になる事もあります。

前回はもっとお肉が入っていたのに、今回買った物にはそんなに入ってなかったんですけど…なんて、事を電話ではなく、面と向かって言って来るお客さんもいます。

実際、もちろんその商品を作るマニュアルがきちんとあり、お肉は○グラム、レタスは○枚などとアイテムごとにグラム数まで決まっているのですが、最初はメモリを使い、きちんとした量を入れています。

ですが、これも人間の慣れの行けない所ですが、慣れてくると、目分量でこのくらいで良いだろうと思うようになってくるので、作る人によって、同じ商品でも見た目が違ってしまうというハプニングが起きるのです。

商品の陳列作業と各場所に決められた物を保存する

商品の陳列作業は早朝のスタッフが基本的には全て準備してくれます。

サンドイッチやケーキが朝になると、業者さんから届いていますから、それを陳列棚にお客さんが欲しくなるような並べ方をしておかなければいけません。

よく、スーパーへ行くと、従業員の方が、色々な商品を逐一陳列していますが、あれを朝は完璧な状態にして、徐々に物が減ってきてから、裏から出すという作業をします。

そして、他にも、カフェでよく使用するコーヒー豆を朝から大量に挽いたりして、挽いた豆を決められた場所においておいたり、氷を冷蔵庫から違う場所に運んだり、紙ナフキンのきちんとまた、フルにしておいたりしなければいけません。

アルバイトのシフトについて

飲食店のアルバイトだと、まず面接の時点で聞かれるのが「あなたは、ホール希望ですか、それとも、キッチンを希望されますか」という質問です。

ですが、カフェのバイトにそれはありません。

今まで挙げてきた、ドリンクの作製や提供、フードの作製や商品の陳列、これを全てこなせなければいけません

レストランのバイトであれば、ホールを選べば、ホールの人がヘルプとしてキッチンで働かない限り、ホール作業以外の事は基本的にはしませんよね。

ですが、カフェのバイトに関しては、みんながみんなできなければいけません。

つまり、あなたはフードも作れなければいけませんし、ドリンクも作って提供しなければいけない上に、レジの使い方も覚えなければいけませんから、意外と覚える事が多いアルバイトの職種かもしれません。

もちろん、お店のラストの時間帯にアルバイトに入った方は、ラスト作業をしなければいけません。

ラスト作業とは、カフェマシンの洗浄、カウンター内・外の拭き掃除、更には椅子を全てテーブルの上にあげてのはき掃除に床拭きがあり、オープンを担当するアルバイトスタッフに迷惑がかからないような状態にしておかなければいけません。

華やかに見えるカフェバイトの仕事内容、実は結構力仕事も多く、やる事は普通のアルバイトの仕事よりも幅が広いかもしれません。

ですが、もちろんいくつかのドリンクは無料で飲む事もできるチャンスもありますし、カフェマシンが使えるようになると、仕事ができている!という感じで、気持ちいいですよ。