読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

企業が求める人を知って就職活動を成功させよう!

派遣の仕事を受けやすくするためのスキルアピールの秘訣

就職活動をするときは、どんな事を考えながら、活動をしていますか?多くの人は、直接企業の人に会って話をする面接での対策について、頭を悩ませているのではないでしょうか?

就職活動の時には、質問された事などに対しては、正確な答えを言わなければと意気込んでいる人もいるでしょう。立ち居振る舞いなども、そつなくマニュアル通りにこなしていけば、内定がもらえると考えていませんか?

どの企業にも共通する求める人材について

日本国内には、数多くの企業があります。面接対策などでは、それぞれの企業は、求める人材は全く違うものだから、企業研究をしっかりしなければと考えてしまう人もいるでしょう。

確かに、さまざまな企業があり、その企業で活躍できる人材には、それぞれ理系の人材が多かったり、文系の人材を多く求めたりと、多少の違いはあるかもしれません。

しかし、多くの企業では、共通する求める人材のポイントがあることを知っているでしょうか?

どの企業でも「欲しい!」と思う人材というのは、一言で言えば、自分の企業で活躍をしてくれる人材なのです。

例えば、売れる製品を開発、作り出すタイプの人材です。また、その商品、製品を上手に売り、売り上げに貢献する人も欲しがる人材になります。

そのほかにも、会社のコストの面を管理し、削減できる人材や、会社の資産を運用してくれる人材など、様々です。

どの分野でも、とにかく自分の持っている能力を最大限に企業内で発揮し、そして企業の利益に貢献してくれる人材という事になります。

仕事に対して、やる気がある人を企業は欲しがります。やる気がなければ、どんなに周りの人間が上手に教えたとしても、企業の利益となって帰ってくる事はないからです。   初めての仕事場では、先輩や上司から仕事を教わる事になります。仕事の飲み込みというのは、人それぞれ違いがあります。飲み込みのよしあしは、個人差があっても仕方のない事かもしれません。

しかし、自分で仕事の飲み込みがよいかどうかは、実際に仕事をしてみれば気がつくはずです。飲み込みが遅い、つまり記憶力に自信がないのであれば、メモを頻繁に取るようにしたり、自分でマニュアルを作成するなどの必要が出てきます。

欠点のない人間は、この世にはいません。不得意な分野、得意な分野があって当然です。仕事をしているからといって、欠点がないとか不得意な分野がないという人というわけではないのです。

自分の長所や、短所は、就職活動を考えていれば、事前にまとめる事になります。

大切なのは、自分の不得意な分野、欠点となる部分を、自分自身の努力でどう補うのか?という事なのです。そういった対応方法などもみて、企業はあなたの仕事に対するやる気を図ろうとするのです。

なので、面接などの際に、教わった仕事を忘れてしまったらどうするか?などの仕事に対する質問などをされた時には、「もう一度、先輩から教えてもらいます。」などとは、間違っても答えない様にしましょう。

自分で考えて行動できる力というのは、誰かから教わったらすぐにできるようになるかというと、そうではありません。

今までの、あなたの学生時代の過ごし方、授業の受け方、普段の生活の仕方など、日常生活の中から学び、自分自身で習得しなければならない力になります。

実際に企業に入れば分かりますが、最初のうちは仕事を覚えるために、どの新人社員も同じような内容の事を先輩などから教えられます。しかし、その後は、自分で随時、判断をし、考えながら仕事を進めなければならない場面に何度も出くわす事になります。

新人のうちであれば、判断に迷いすぐに周囲に相談する事もできます。しかし、企業によっては、自分で何も考えようとしないだめな新人というレッテルを貼られ、仕事がしづらくなってしまう事もあります。

重要な決断などは、事前に上司や先輩に報告後にする事が必要になります。しかし、普段の仕事の場面では、自分で考えて、仕事を進めなければならないことが多くあるのです。

企業にとっては、上から命令された事以外のことは、しない人材は、それほど魅力的な人材ではないのです。

変化が激しい現代では、自分で考え、仕事を効率的に進められたり、仕事に対して提案できるような人材が求められるのです。

変化が激しければ、誰も予想をしなかった時期に、大きな変化が訪れる事もあります。そういったときに、上司からの指示がなければ、何も動けない、動く必要もないと構えている人材は、企業の利益には貢献する事ができないのです。

どの企業も欲しがるのは、人材の内面の部分です。もちろん、資格やスキルなども判断材料となる事はありますが、それだけでは内定を勝ち取る事は、難しくなっています。

人材の内面の部分は、一見しても知ることはできません。そのために、面接という場を設けて、あなたという人を内面から知ろうとしているのです。

面接の際に大切な事は、企業に対して誠実に、まじめに、前向きに仕事に取り組もうとしている態度を示す事です。