読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

仕事と薄毛の関係性をチェック!頭皮を酷使する職業が明らかに!?

f:id:jobly:20160510130639j:plain

最近では、20代の若い人も悩みを抱えることの多い【薄毛】の悩み。髪の毛が薄くなってきたことに自信を失くしてしまったり、また「薄毛って ビジネス でどんな 印象 を もたれる んだ ろう?」 と心配 になってしまう人も多いはずです。

 産後の脱毛や年齢を重ねるごとに髪質が弱くなって悩める女性も少なくはありませんが、やはりまだまだ薄毛は【男性】の悩みというイメージが大きいですよね。

  実は仕事を一生懸命頑張る人ほど、薄毛になりやすいという、ちょっと興味深い仕事と薄毛の関係性があるようなのです。

 そこで今回は、働くみなさん全員に是非チェックして頂きたい内容をお送りします。頭皮を酷使する職業とは?あなたの生活習慣が薄毛を引き起こしているかも?

一緒に確認していきましょう!

薄毛と出世欲の関係が明らかに!?

最近話題のこの噂・・・薄毛の人は出世欲が強い!「え?そんなのウソでしょ」「どうせ噂でしょ」と思っていらっしゃるでしょうが、どうやら嘘でもないようなのです。

 なんと【薄毛と出世欲の関係】について、アンケートを行っているクリニックがありました。

2013年に4月に銀座HSクリニックという、薄毛治療に携わるクリニックが行ったものでとても興味深い内容になっていましたので、もっと詳しくアンケートの内容を見ていきましょう。

 銀座HSクリニックが行った【薄毛と出世欲の関係を調査したアンケート】の内容はこちらになります↓

 対象者:20~50代の男性をインターネット上で集め、あくまでも本人の申告によって「薄毛」グループと「薄毛ではない」グループにそれぞれ200名ずつ集めました。

質問項目はズバリ!【あなたは出世したいと思いますか?】です。つまり、薄毛の人とそうではない人を比較して、出世欲に差が出てくるのかを調べています。

気になる結果は!?薄毛と出世欲の関係は?

さて、気になるアンケート結果です。自己申告により自らを【薄毛】としたグループの男性たちの、およそ60%が「出世したい」と回答しました。

※「出世したい」と言うのは、「どちらかと言えば出世したい」を含みます。

しかしながら、自己申告により自らを【薄毛ではない】としたグループの男性たちで、「出世したい」と回答した人は52%に留まったのです。

f:id:jobly:20160510131537j:plain

薄毛と出世欲の関係を調査したアンケートより引用

このアンケート結果より、薄毛の人ほど出世欲が強いと言えるでしょう。とても面白い結果ですね。

仕事を頑張りすぎると【薄毛】を招く

上記のアンケート結果により、薄毛の人の出世欲が高いのは、いくつかの背景があると思われます。

  • 仕事を頑張り過ぎる事で、薄毛を引き起こしている。
  • 薄毛にコンプレックスがあるが、出世する事で解消している。

今回は、「背景1、仕事を頑張りすぎて、薄毛を引き起こしている。」に注目してみました。

もしかしたら、仕事のストレスや日々の生活習慣が薄毛を引き起こしているのかもしれません。

薄毛を引き起こす4つの原因を、詳しく見ていきましょう。

原因1、仕事に追われるあまり、睡眠不足の人は薄毛になる可能性が高い!?

始発で出掛けて、毎日終電で帰ってくるというサラリーマンの方。自宅に帰ってきても、遅くまで会議資料に目を通している方。

効率よく仕事が出来れば良いのですが、仕事量に反比例して睡眠時間が短くなってしまう人も多いですよね。髪の毛は寝ている間に育ちますから、睡眠不足は薄毛を引き起こしてしまうのです。

薄毛を予防したいのであれば、22~26時までのゴールデンタイムといわれる時間帯に熟睡していることが大切です。

原因2、コンビニ弁当や外食による、極端な食事のバランスの悪さ

忙しさのあまりに、夕ご飯はデスクでコンビニのおにぎりとカップラーメン。ラーメン・カレー・牛丼など、毎日が外食パラダイス。

このような食生活を送っていては、健康な髪の毛が育つはずがありません。脂質過多は毛穴の詰まりを招き、髪の毛が抜けやすくなりますし、体内に十分な栄養素がないと丈夫な髪の毛も育たないのです。

 ビタミン・ミネラル・タンパク質などの栄養素をバランスよく摂取することが大切ですから、外食ばかりに頼っている人は改めることをオススメします。

原因3、自分を追い込んでしまい、ストレスを過度に感じてしまう人は危険

仕事を頑張ろうとすればするほどに、ストレスがかかってしまうのは当たり前。ストレスは万病のもとという言葉があるように、ストレスによって抜け毛が引き起こされてしまうのです。

自分を追い込むタイプの人は、気が付かぬうちにストレスに身も心もボロボロにされているケースが良くあります。

ストレスは薄毛の大きな原因の1つですから、自分なりのストレス発散方法を探して、過剰なストレスを溜めておかないようにして下さい。

原因4、ほっと一息のつもりが薄毛を引き起こす原因になりやすい喫煙

仕事の合間に、タバコでストレス発散する人も多いでしょう。しかしながら、タバコは血液の巡りを悪くするので、髪の毛にも十分な栄養が行き渡らなくなり抜け毛を引き起こしてしまうのです。

タバコをストレス発散方法にするのではなく、運動や音楽など他のリフレッシュ方法を探していきましょう。

 以上が薄毛を引き起こす生活習慣です。当てはまる項目はありましたか?

毎日仕事に一生懸命取り組んで、更に規則正しい生活・食習慣などをパーフェクトにこなしていくのは、とても大変なことです。

けれども、仕事を頑張りすぎると、少なからず日々の生活習慣に支障が出てしまうことをお忘れなく!

ではどんな職業の人が薄毛になりやすいのか?

今回は仕事と薄毛の関係性について話をしています。次は、どんな職業の人が薄毛になりやすいのか確信に迫る部分を見ていきましょう。

銀座HSクリニック調べのアンケート結果から明らかになった、職種別の薄毛の人の割合は、下記の通りです。

  1. 企画・マーケティング 66.7% 
  2. 営業 56.7% 
  3. 技術職 49.4% 
  4. 人事・総務 45.6% 
  5. IT専門職 37.5%

PDF資料より参照:薄毛とメンタルヘルスに関する意識調査“銀座HSクリニック調べ”

さて、残念ながら第一位に輝いてしまった「企画・マーケティング」を職種とするみなさん。考えられる理由は、いったい何なのでしょうか?

ズバリ・・・仕事がキツイ!

企画・マーケティング部署は、会社の中でも花形といわれるところです。毎日遅くまで会議が続いたり、常に新しい企画を生み出さなければいけないため、残業も多いですしストレスも溜まりやすいと言えるでしょう。

第二位の営業という職種は、飲み会や接待などお付き合いの多い部署です。当然、アルコール摂取量が増えたり、食生活が乱れてしまうために、薄毛が引き起こされてしまうようですね。

反対に順位の低い人事・総務やIT専門職は、デスクワークが中心となるため、紫外線摂取量も残業時間もそれほど多くなく、自分できちんと気をつけていればそれほど生活習慣が乱れることはありません。

比較的自己調整がしやすい職種の方が、薄毛の割合は低いように思えます。なるほど・・・職種が薄毛にこんなにも関係しているとは、驚きですね。

希望部署に行くことはなかなか難しいとは思いますが「何が何でも薄毛がイヤダ!」「髪の毛が抜けて鬱になりそう・・・」と思い詰めるのなら、配置換えを希望するのも1つの方法かもしれません。

各界で活躍するこんな人も薄毛だから安心して!

 各界の著名人も、実は薄毛だったりします。むしろ、有名な人たちはこんなにも薄毛が多かったのかとびっくりしてしまうでしょう。参考までに、チェックしてくださいね。

・ジェフ・ベゾス(アマゾンの創設者)
・ジネディーヌ・ジダン(元プロサッカー選手)
・西村雅彦(俳優)
・スティーブ・ジョブズ(アメリカの実業家)
・さだまさし(歌手)
・渡辺謙(俳優)

実業家、プロスポーツ選手、俳優とみなさん、一芸に秀でている人達ばかりです。
何だか、薄毛でも自信が湧いてきませんか?

みなさん、薄毛であることを包み隠すことなく、とても自信に満ち溢れているように感じますよね。

人間性が優れていれば、薄毛なんて関係ありません!

みんな悩んでいる!薄毛が気になり始めたのはいつ?

人知れず悩みを抱えている人が多い髪の毛のトラブルですが、みなさん薄毛が気になり始めたのはいつなのでしょうか?

今回は、ヘアメディカルのホームページに記載されてあるアンケート結果を参考にして、お話していきましょう。

f:id:jobly:20160510124953p:plain

引用元:薄毛治療の治療効果を比較|ヘアメディカル さまより

対象は、初めて頭皮クリニックを訪れた男性患者さんです。その方々に【髪に対して悩み始めたのはいつ?】という質問をしてみました。

驚くことに、一番多かったのが【20代前半】から薄毛を気にしているという答えでした。

薄毛は中年男性が抱える悩みとのイメージが強いですが、全体の30%の男性患者さんが20代前半から薄毛に関する悩みを抱えているというのです。

その後の割合を見ても、30代・40代と年齢が若い順に割合が大きくなっていることから、薄毛の悩みは比較的早い時期から始まっていることが分かります。

これは、ちょっと意外なアンケート結果ですよね。

特に20代の男性はオシャレに敏感な年頃なので、カラーリングやヘアワックスなど髪にとってあまり良くないことをしてしまいがちですから、髪の悩みを感じやすいということもあるのでしょう。

特に気になるのは頭のどの部分なのか?

それでは、薄毛が気になる男性患者さんはいったいどこの部分が気になるのでしょうか?以下にまとめてみました。

<特に薄毛が気になる部分はどこ?>

f:id:jobly:20160510124809p:plain

  • 第1位:頭頂部と前頭部(30%)
  • 第2位:前頭部(28%)
  • 第3位:頭頂部(26%)
  • 第4位:全体(10%)
  • 第5位:後頭部(2%)
  • 第6位:側頭部(2%)
  • 第7位:分け目(2%)

引用元:薄毛治療の治療効果を比較|ヘアメディカル さまより

以上のアンケート結果からもお分かりのように、圧倒的に頭頂部と前頭部の薄毛を気になさる方が多いですね。

前頭部と頭頂部は一目につきやすい部分なので、どうしても気になり始めるのはこちらの2ヶ所になってしまうようですね。

薄毛と言っても2つのタイプがあります!

ここまでは「薄毛」という2文字の言葉でまとめてきましたが、実は薄毛には2つのタイプがあるってご存知でしたか?

自分がどのような薄毛のタイプなのかをきちんと理解した上で、適切な方法で対処した方が効果も大きいのです。

それでは、ご紹介していきますね。

タイプ1、進行する脱毛

進行する脱毛には、年齢を重ねるごとによって髪の毛が薄くなる脱毛症と、男性型脱毛症(AGA)によるものがあります。

年齢を重ねるごとに新陳代謝が悪くなり、健康な髪の毛が育つ環境が整わなくなってしまうことから、抜け毛が目立ちやすくなることは正直仕方のないことです。

またAGAに関しては、近頃専門のクリニックの数も増えていますし、脱毛の進行をセーブする薬や発毛促進のための薬も開発が進んでいます。

ですから、医師の適切な診断に従って治療を進めて行けば、何かしらの効果を得られるはずです。

タイプ2、一時的な脱毛

一時的な脱毛は、進行性の脱毛とは仕組みが違います。ストレスや頭皮トラブル、薬や病気によって一時的に毛が抜け落ちてしまうのです。

AGAによる治療とは違って、一時的な脱毛の場合はその原因にあった治療を進めて行くことになります。

 円形脱毛症やストレスによるもの、血流障害や頭皮のトラブル、薬や病気が原因のものなどがあります。これらは1つ目の「進行する脱毛」の薬の治療ではなく、その原因に応じた対処法によって改善します。


一時的な脱毛を引き起こす原因をまとめてみました。

  • 円形脱毛症(ストレスによって、頭皮の一部分が見えてしまうこと)
  • 病気による一時的な脱毛
  • 過剰なストレスによる抜け毛
  • 薬の副作用による抜け毛
  • 脂漏性湿疹などの皮膚炎による抜け毛トラブル


このような原因によって、一時的に髪の毛が抜けてしまうことがありますが、原因が改善されれば症状が回復していくことがほとんどです。

最近増えているAGA(男性型脱毛症)とは?

 最近増えているAGA(男性型脱毛症)ですが、これは男性特有の病気で年齢の若い人~中年の人まで幅広い年齢層でおこるものと言われています。

罹患率は年齢を重ねるごとに高くなり、なんと薄毛や抜け毛に悩む男性の8割が、AGA(男性型脱毛症)で悩んでいるのです。

こちらは髪の毛以外には特に症状が見られませんし、死に直結する病気でもないことから、正直研究が遅れていたという背景があります。

しかしながら最近では、研究も進みAGAに有効な治療薬の開発が行われています。

AGAは遺伝するの?父親がハゲの場合でも大丈夫?

AGAは、男性ホルモン「テストステロン」の影響を大きく受けています。ですから「男性なら全員AGAになってしまうのでは?」とお考えになる人もいますが、決してそのようなことはありません。

AGAになる人と、AGAにならない人がいるのです。それは、ジヒドロテストステロン(DHT)に対して、毛乳頭と毛母細胞がどのように感じるかによって違ってくるというのです。

毛乳頭と毛母細胞はジヒドロテストステロンをキャッチする「受容体」があり、この感度が高いと敏感に反応して、薄毛が進行してしまうようです。

この違いは【遺伝的な要素】が強いと言われていますが、父親がAGAだからと言って、必ずしも子供がAGAを受け継いでしまうわけではありません。

子供は父親と母親の両方の遺伝子を引き継いで生まれてくるのであって、必ずしも父親の遺伝子だけを受け継いでくるわけではないからです。

AGAは、日々のあなたの生活習慣や食生活も大きく影響しています。

仕事で残業が続いてストレスが溜まってしまったり、脂っこい食事やレトルト食品ばかりを摂取して栄養が偏ったりと、自己管理能力不足による要素も十分に関係していると覚えておきましょう。

AGAセルフチェックの前に前兆症状を確認してみましょう。

 AGAのセルフチェックをする前に今こんな状態になってきた・・など下記のような前兆が現れます。昔に比べて●●になった・・と実感する事が多いようです。

  • 抜け毛が増えた(1日100本以上)
  • 細く短い抜け毛が多い
  • 髪のボリュームが全体的に減った
  • 髪の毛が細くなった
  • 髪の毛が柔らかく、コシがなくなった
  • 髪のセットがしづらくなった

引用元:AGAのセルフチェック法をご紹介!AGAの特徴も解説します | 育毛剤のミカタAGA戦記

 

これらの前兆を踏まえた上で下記のセルフチェックを行ってみてください。

チェック!AGAではありませんか?

男性のみなさん、AGAは決して他人事ではありません。男性なら誰でもAGAになってしまう可能性がありますので、日頃から注意しておく必要があります。まずは、セルフチェックをしていきましょう!

  • 家族や親戚にAGAの人がいる
  • 仕事が忙しい
  • 日頃からストレスを感じやすい
  • 頭皮が硬い
  • 睡眠不足
  • タバコを吸う
  • アルコール摂取量が多い
  • 髪の毛の量がもともと少なめ
  • 食生活が乱れている

以上、当てはまる項目が多いほどAGAを引き起こす確率は高くなります。もしかしたら、すでにAGAを引き起こしている可能性もありますから、気になる方は専門の医師のチェックを受けるようにしてください。

薄毛が仕事で相手に与える印象は?

薄毛のみなさんは、自分が周りの人にどのように思われているのか、気になってしまうことでしょう。

ここでは、薄毛の人をいったいどのような目で見ているのか、周りの人の本音に迫ってみます。※あくまで参考意見です。

  • 薄毛の人が頑張って髪の毛を整えていると、可哀想に感じる。
  • 薄毛の人は隠す傾向があるけど、余計目立ってしまうと思う。
  • 人間性を重視しているので、薄毛など全く関係がない。
  • いさぎよく坊主にしている人の方が、かっこいいと思う。
  • 本人が薄毛をネタにしている人は、親しみやすい。
  • 薄毛でもオシャレを楽しんでいる人は、たくさんいると思う。

 いかがですか?薄毛は本人にとっては大問題かもしれませんが、周りからしてみるとそれほど気にしなくても良いのでは?というのが、本音のようですね。

 前頭部の薄毛を隠そうと、後頭部から無理やり髪の毛を持ってきて、いわゆる「すだれ状態」になっている姿を見るのは、正直本人よりも周りの人が見るに堪えますよね。

「頑張って隠しているのが分かるけど、必死感がより可哀想になる」という人も少なくありません。何だかそんな風に思われて、毎日を過ごしていくのは嫌ですよね!

ですから悩んでいる暇があるのなら、すぐに治療に取りかかることをオススメします。
薄毛の悩みが解決すれば、もっと自分に自信を持つことが出来て、仕事もプライベートも更に充実した毎日になるかもしれません。

思い切ってスキンヘッドにするのは有りか無しか。

企画やマーケティング職であれば、人と会う機会が少ないため薄毛対策としてスキンヘッドにしても良いと思いますが、営業職となるとそうもいきません。

 スキンヘッドは似合う似合わないというより、強面の印象が強いので相手が威圧感を感じてしまう可能性が高いです。

 その為、営業職の人は安易にスキンヘッドにしない方が良いと思いますし、それこそ育毛を視野に入れる方が現実的です。

薄毛は皮膚科や専門クリニックを頼ろう

一人で悩んでいても薄毛が改善されるわけでもありません。むしろこの状況を放置する事で悪化するばかりです。ぜひ早めの薄毛治療専門のクリニックに相談する事をおすすめします。

しかしながら、現在薄毛治療は保険治療外となり自由診療になります。ですから、コスト面で心配される方も少なくありません。けれども、心配する必要はありません!

専門のクリニックでは、薄毛治療を始める前に無料のカウンセリングを行って、患者さんが納得した上で治療を進めて行くことが出来るところがほとんどです。

まずは専門医のもとで、自分の髪の毛の状態と今後の治療方針に良く向き合って、発毛・育毛改善を試みて行けばよいと思います。

<診察の流れ>※あくまでも参考例です。

1、無料カウンセリング
頭皮の状態、治療内容、疑問点を解決していきます。
2、初回診察
問診・視診・触診(初回診察料がかかります)
3、診断や処方
医師の診断のもとで、薬の処方などが行われていきます。
4、定期検診
状態を把握しながら、治療を進めていきます。

このように、薄毛の治療は進んで行きます。髪の毛は1日で生えてくるわけではありませんから、根気が必要なのは確かです。仕事選びは慎重に!ストレスや生活習慣の乱れやすい仕事は危険です。

 いかがでしたか?薄毛と仕事には、意外な関係性があることがお分かり頂けたと思います。自分では意識していなくても、仕事によるストレスや生活習慣の乱れが薄毛を引き起こす大きな原因になっています。

 もちろん仕事が薄毛の全ての原因というわけではありませんが、特定の職業に薄毛の人が多いというのもデータとして事実です。

 最近では薄毛治療に有効的な医薬品の開発も進んでいるわけですから、薄毛に関する悩みを1人で悶々と抱えていないで、ぜひ専門のクリニックを受診しましょう!