読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

あなたの転職の理由は?迷ってる背中を押してくれる転職の理由

shutterstock_183125153

「辞めたい」そう言っておきながら十年以上も働き続けている人、本心ではなく口癖になっているという人も多いです。

その背景には転職活動に不安を感じ、一歩を踏み出せずにいるのはないでしょうか。

転職を決意するのは、それなりの覚悟と強い決意が必要です。実際に転職をしてきた人達は何を求めて、何が原因になって転職をしてきたのでしょうか?

転職のきっかけ:給与・待遇への不満 転職を半年以上前から考えている:53%

キャリアアップのため転職

今勤めている会社に入社したときにどのような気持ちで入社したかは人それぞれだと思いますが、最初はこの会社で生涯頑張ろうと思っていたにも関わらず、心変わりしてしまったという人もいるはずです。

実際にその仕事を始めてみると、思っていたような仕事ではなかったと感じてしまったり、本来自分がやりたい仕事はこのようなことではなかった、同じ業種のもっと大きな会社に勤めたいなどというように思い、転職を決意する人は多くいます。

このような理由はキャリアアップのための転職といえます。自分の叶えたい夢や、スキルや能力をあげるための転職であり、それは将来を見越した上での勇敢な決断とも言い換えることができるでしょう。

ただし、このような転職の際には、それを実行するタイミングと準備が重要になってきます。

ありきたりだが、転職時期のタイミングは本当に大切

例えば、新卒として会社に入社した直後に、キャリアアップのために転職をするべく、退職を決意したとします。ですが、新卒として働いた期間が少ないと、忍耐力がないと判断され、キャリアアップの転職などできるはずがありません。

他にも、自分が働きたい企業が募集を行っている際に転職活動を行わなければならないため、そういった意味でもタイミングは重要です。時期としても、新卒が入る時期は避けておいたほうが、中途の人間は入社できる余地があります。

準備も大切です。資金面でもそれなりの貯蓄はあったほうがいいですし、企業の情報を事前に収集しておくということも大切です。また、目的の企業がある場合には、しっかりと面接対策なども行っておくべきでしょう。

キャリアアップのための転職を考える人は多くいますが、それを実行するには大変な努力を、今勤めている会社の仕事と並行しながら行わなければなりません。それは、かなりの重労働であり、精神的にも大きく疲弊してしまうものです。 だからこそ、それを乗り越えた先にキャリアアップできるという大きな恩恵が存在するのです。大変なことですが、それを乗り越えるだけの価値はあります。どちらの選択が正しいとは言えませんが、きっとあなたが選んだ道が正しいものであることを願います。

人間関係が原因で転職

人それぞれでコミュニケーション能力の高さというのはバラつきがあるものです。上司に気に入られる人もいれば、そうでないという人もいるもので、この能力の高さは、社会人としての最も重要な能力だともいえます。

そして、そのような人間関係に悩み、会社を辞めようと思っているという人も少なくありません。上司との不仲や、同僚からの陰口などによって思い悩んでしまうのです。その結果、転職を考えるようになるというわけです。

人間関係が悪くても全く気にならないという人も世の中にはいます。それを考えれば、人間関係に悩んで転職を考えるのは、少し神経質だとも思えるのですが、自分がやり易い環境で仕事をするのが一番良いという考え方もあります。

では、実際に人間関係に悩んでいる人が、具体的にどのようなことに悩んでいるか紹介します。

毎日のように叱責される… 上司との相性が悪く、他の人には優しく諭すような口調で注意をするようなミスでも、その当人に対してだけは怒りの熱量が高いなどのように、上司の好き嫌いで仕事の出来を判別され、悩んでいる。
二つの派閥がある… 自分とは関係のないところで無用な争いが起き、巻き込まれることが面倒になってきた。社内の派閥に参加しなければ孤独になるため、参加せざるを得ないという状況にも嫌気がさした。
無視されている… 社内イジメといってもいいような状態で、仕事の話をしようとしても、返事が返ってこない。そのことによって仕事のミスが起こしてしまうが、全ての責任を自分に擦り付けられる。
社内恋愛のもつれ… 元恋人が社内で付き合っていた頃のエピソードを赤裸々に話す、別れた彼女の新しい恋人が自分の部下で私情を挟まずにはいられない、ストーカーのように社内で付きまとってくる、などのような恋愛のもつれ。

ここで紹介したこと以外にも多くの理由があると思いますが、人間関係ということに的を絞れば、そのほとんどの原因に類似する例が存在するはずだと思います。

人間関係とは仕事をするうえで一番重要なものです。直接的に仕事に影響を及ぼさないにしても、それが間接的に仕事に悪影響を及ぼすこともありますし、それにより精神を病んでしまう可能性もあります。

無理してコミュニケーションのとれない職場に長居するよりも、思い切って転職を決断したほうが、正しい選択だといえるかもしれません。慎重に考えたうえで、決断をくだしてください。

仕事が合わずに転職

シンプルな理由として仕事がつまらないという理由で、会社を辞める人もいます。そのような人たちは、最初からやりたい仕事としてその仕事をしていたわけではなかったのでしょう。だからこそ、モチベーションを維持できずに会社を辞めていくのです。

正直、仕事とは辛いものです。面倒くさく、ストレスがかかり、誰もが辞めたいという気持ちを抱えています。誰もがやりたい仕事をできるわけではありません。むしろ、そのようなことが出来ている人は一握りの存在でしょう。 ですが、それこそが仕事なのです。面倒くさくて当たり前、ストレスがかかって当たり前なのです。それほど嫌なものをこなすからこそ、その対価として給料が支払われるのです。仕事とはつまらないものであって、正解なのです。

おそらく、仕事がつまらないからという簡単な理由で会社を辞めた人間は、次に再就職した会社でも同じことを言います。同じことを言って、言って、言い続けて、仕事を転々とし続けた最果ての地で、辞めなければよかったと後悔するのです。

仕事を辞める理由には、様々な理由があります。なかには、自分のキャリアアップを目指すためという立派な理由や、人間関係の問題というやむを得ない理由、自分勝手な理由まで様々です。ですが、その理由が今後の人生を占っているともいえます。

  • なぜ仕事を辞めるのか?
  • 何のために仕事を辞めるのか?
  • 仕事を辞めてどうするのか?

しっかりと考え、仕事を辞める理由に正当性を見つけたその時には、会社を辞めるべきだといえます。

会社を辞める際、きっかけをスタートの合図として、そのまま退職まで走りぬいてしまうのは危険です。しっかりと考え、悩むようにしましょう。