読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

スマホアプリ・サイトを使った効率的な資格取得勉強法!

スマホアプリ・サイトを使った効率的な資格取得勉強法!

就職や転職を考えた際に、自分のアピールポイントの一つとしてや、実際に就いた仕事先で役に立つという思いで「よし!資格を取ろう」と一大決心される方も多いと思います。

しかし実際に、資格取得に向けて動き出そうとしたところ、実際に勉強その物の仕方を忘れてしまっている方や、その資格取得の為の勉強方法や、モチベーションの保ち方について悩む方が多いのが現状です。

実際に、就職活動をしながらの勉強や、転職で言うと、転職活動の他に自分の日常の仕事をこなしながらの勉強になると思うので、資格取得に向けて、勉強時間の確保という、高い障壁にぶつかり、資格取得をあきらめてしまう方もいます。

そんな方々に、いかに仕事と就職・転職活動の合間や、日常生活の家事や自分の余暇などの合間に、細切れで資格取得の勉強時間を確保することができる方法を紹介したいと思います。

まず自分に必要な資格は何か?を考える

いま、テレビやラジオ、ネットや新聞・雑誌などの広告を見てみると、本当に無数の資格があることが分かります。例えば、あなたが福祉施設で働こうと思って、資格を取得しようと決心したとしましょう。

しかし実際に、どんな資格があるのかを見てみると、社会福祉士・介護福祉士・ホームヘルパーくらいまでは皆様もご存知でしょう。

では福祉用具専門相談員や高齢者コミュニケーター・介護予防運動スペシャリスト・医療福祉環境アドバイザーなどという資格を聞いたことはあるでしょうか。

知らない資格が無数にあることが分かり、例えば福祉の分野で働くときに何の資格を取得すれば良いのかと悩んでしまい、そこで終わってしまうことも多いでしょう。

そんな無数の資格から、実際に自分の就職・転職に有利となる資格を探し出すことから、まず始めましょう。今はネットで調べれば、多くの情報が得られるし、また質問サイトのようなものを活用して、自分の考えている資格を持って、どんな仕事ができるかの情報を得ることも大切です。

資格は多くを持っていればよいものではありません。多くの資格を履歴書に書くことによって、採用者側は「この人は実際に何をしたい、どこを目指しているのだろう」と疑問視されることも実際多いのです。

資格は「持っていれば損はない」という考えではなく、実際に就職・転職先に有効となる資格かどうかを精査してから、本当に勉強すべき資格を選定することを、まず初めに考えましょう。

机に向かっての勉強時間が取れない方必見! 細切れ時間のスマホアプリ・サイトを使った資格暗記学習

実際に先述したように、仕事や就職・転職活動や家事などと両立しながらの勉強はハードなことは否めないです。また人によっては、机に向かって勉強すること自体が苦手である方もいらっしゃるでしょう。特に学校を卒業してからかなりの年月が経過してしまっている方には、勉強すること自体が苦痛に感じられる方も多いのも事実です。

そんな子供みたいな方法と思うかもしれませんが、そんな方々にオススメしたいのがスマホでの学習方法であります。

他の勉強方法と比べて、スマホを勉強で使う際に有利になる点を挙げていきたいと思います。

  • 勉強する時間や場所を選ばない
  • 短い時間 細切れ時間でも取りかかることができる
  • 繰り返すことによって基礎が確実に覚えられる
  • 四者択一問題に強くなることができる
  • 暗記科目であれば、そのままの問題も出る
  • クイズ形式なのでゲーム感覚で勉強できる

電車で移動している時間や誰かと待ち合わせをしている時間、はたまたトイレをしている時間にでさえ、常に持ち歩いているスマホを使えば、細切れとなる時間を有効に勉強として使うことができます。

アプリ・サイトによっては、効果音や演出があるものもあり、勉強しているはずなのに、まるでゲームを楽しんでいるような感覚で飽きずに続けることができ、何度も繰り返すことも苦ではなく行うことができます。

スマホで勉強することのメリットは、上記にあげたことが挙げられ、それを使うことによって、自然と暗記されてしまっていることとなり、確実に基礎が覚えられます。

基本の生活に本格的に勉強を取り入れていくことは、非常にエネルギーを要します。スタートとして気楽に始められることができる、このスマホアプリやサイトの活用から始めてみてはいかがでしょうか。

情報系国家試験オススメ無料アプリや過去問スマホサイト

有料アプリ200円/1アプリ

  • 情報処理技術者試験対策シリーズ あいたん君                 (IPパスポート単語集)
  • 情報処理技術者試験対策シリーズ きほたん君                 (基本情報単語集)
  • 情報処理技術者試験対策シリーズ おうたん君                  (応用情報単語集)

特徴

分野別単語帳が収録されており、覚えた単語はチェックボックスで単語帳から消すことができ、テストモードでは、もちろん分野選択もでき正解を出したあと同じ問題を表示するかしないかの設定も可能です。

更に、統計データーで苦手な分野が把握できるため、記憶の効率化が推進できます。さらに、単語帳をめくるときの効果音が爽快であり、楽しく合間を見て単語を確認し記憶することができます。

無料サイト

特徴

過去問道場では、平成17年から平成26年の試験の過去問が掲載されており年度別や分野別の出題が可能で、オリジナル模擬試験もあり勉強の区切りで自分の実力を知ることができます。さらに、各試験受験者用の掲示板があり資格試験勉強の孤独感を緩和することができます。

情報処理技術者試験対策として、これらのアプリとサイトはなるべく費用をかけずに最大限の効果を出すであろうチョイスですので、情報系国家資格の勉強を始める方にはお勧めします。

効率的に資格を取得するために

資格を取得するには、実際に学校に通うことや、通信教育や独学など、さまざまな勉強方法があり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。今回紹介したスマホアプリ勉強法はあくまで一つのメソッドであり、万人が向いている勉強方法とは言い切れない部分があります。

最後に勉強方法を選択するのは自分自身ですが、スマホアプリ勉強法は、細切れ時間を有効に使えるという大きな特徴を持っていますので、ぜひ取り入れて、効率よく資格取得されるとよいと願っております。