読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

書類選考を通過しよう!SEの職務経歴書の書き方

書類選考を通過しよう!SEの職務経歴書の書き方

現代社会の中で、システムはあらゆる場所で使用されています。システムがないと、私たちの今の生活は極端に不便になると言っても過言ではないでしょう。

それだけシステムに溢れた社会の中で、システムエンジニアに就く人も多数存在し、携わっているシステムの内容も多岐にわたります。

そんな状況の中で転職を成功させるには、まずは職務経歴書をわかりやすく作成することが重要です。それが、転職をする際の一番目のポイントです。

これから紹介するポイントを押さえれば、あなたの経験を活かし、活躍できる会社に転職できる可能性が広がるでしょう。

携わったシステム開発の業界と業務について記載する

まずは、今まで携わってきたシステム開発の業界と業務内容を明記してください。

システムを開発するためには、システムの技術的知識だけではなく、システムが活用される業界や業務の知識が必ず必要です。

エンドユーザーやシステムの提供元の意図をしっかりと理解し、目的・機能を達成するよう設計・開発するのがシステムエンジニアだからです。

ですから、経験した業界・業務については必ず記載しましょう。その業界の知識は、転職をしても活かせる可能性が高いと判断され、選考の際に有利に働くでしょう。

例えば、以下のような記載が、システムの業界と業務にあたります。

  • クレジットカード業界のカード審査システム
  • 物流業界の在庫管理システム
  • ネットショッピングの顧客管理システム
  • 転職業界の職業・人材のマッチングシステム

これらのように、「どの業界のどんなシステム」という記載がないと、どんな知識があなたにあるのかわからず、そのまま書類選考より先に進めないことも少なくありません。

採用する側は、わざわざ書いてない事についてあなたに確認はしてくれませんので、しっかり記載をするようにしましょう。  

担当していた開発工程を記載する

システムを開発するためには、様々な開発工程があります。その中で、自分がどの工程に携わってきたかを明確に記載しましょう。

日々自分の担当業務をこなしていると、広い視野でチームの役割を見られなくなることもあるかと思いますが、大きく分けても以下のような工程が、システム開発には必要です。

  • 要件定義
  • 基本設計
  • 詳細設計
  • プログラミング
  • テスト
  • 運用

担当していた工程によって、あなたの持つ能力は全く違うように判断されます。

例えば、要件定義をメインに経験してきた人であれば、お客様の要望を理解し、システムの概要に落とし込むという能力が必要です。

システムを実現する観点から、お客様に説明、交渉、提案をする必要があり、コミュニケーションが多く発生する工程です。

一方プログラミングの工程になると、言語を操り、いかに早く確実にプログラミングができるかが重要です。この工程では、コミュニケーションよりも技術力が重視されます。

このように、担当していた工程によって身に着けてきたスキルの種類、活かせる能力が全く異なります。その点を意識しながら、担当してきた工程について明記をしましょう。

対応可能なプログラミング言語を記載する

対応可能なプログラミング言語は必ず記載して下さい。

あなたが実際にプログラミングする事ができる言語はもちろん、概要を知っていて、設計できるレベルの言語についても記載しましょう。

システム開発をする時、システムの要件が指定言語で実現できるかを判断することはとても重要です。

そのステップでは、プログラミングはしないものの、それぞれの言語がどんな要件に適していて、どんな設計ができるかを把握している必要があります。

このような理由から、要件定義や設計の上流工程の経験者の場合でも、どの言語をどのレベルで経験したことがあるか、明確に記載すべきなのです。

経験した職場環境について記載する

今まで経験してきたシステム開発の環境を記載しましょう。環境とは、大きく分けて「自社内」と「お客様先常駐」があります。

「自社内」とは、自分が所属する会社の中で開発をするケースです。主に、自社のシステムを開発・保守をしている場合が多く、協力会社と契約して作業を依頼する事もあるでしょう。

一方「お客様先常駐」は、お客様の会社へ行き、そこで開発を進めます。多くの協力会社から開発メンバーが集まり、協力してプロジェクトを進めるケースが多いでしょう。

これらの違いからもわかるように、「自社内」と「お客様先常駐」では、関わる人や自分の立ち位置が異なります。

どのような環境であなたの能力が最も発揮できるかをアピールし、相手にも判断してもらうために、あなたの経験したことのある環境を明記することは重要です。

これまでのポイントを押さえると、あなたのシステムエンジニアとしての経験が明確に伝わりやすくなります。

今までのプロジェクトをひとつひとつ振り返り、あなたの貴重な経験を漏らすことなく職務経歴書に盛り込みましょう。きっとあなたの経験が活かされ、活躍できる転職が実現するはずです。