読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

ビジネスマンとして英語資格は必須!短時間で効果的に勉強する方法

ビジネスマンとして英語資格は必須!短時間で効果的に勉強する方法

グローバル化が進む中、仕事をする上での英語力が高く求められるようになりました。現在数々の企業で英語資格の取得が奨励されるようになっています。

例えばTOEICや英検などが代表的で、それらの英語資格が昇進の条件となっていたり、一定のレベルをクリアすることで特別ボーナスがもらえる制度が設けられている会社などは多くあります。

中には、英語資格の保有そのものが入社条件に組み込まれている企業などもありますし、そうでなくても英語資格は面接時に大きなアピールポイントとなるので就活に臨む際にもぜひ保有しておいたい資格のひとつなのではないでしょうか。

とはいっても、英語の勉強は苦手という人は多くいると思います。また、高校までは得意だったけれど、試験の参考書を開いたら思いのほか難易度が高くて戸惑ってしまったという人もいるかと思います。

そんな時、ただやみくもに英語を勉強してもなかなか合格点、高スコアには届きません。また、忙しい仕事の合間だと限られた時間の中で効率よく学習を進めなければいけません。

それぞれの試験の特徴をよく理解して、なるべく短時間で済むように学習を進めましょう。

企業が求める英語力

一口に英語資格といってもいくつか種類がありますが、ここでは特に知名度の高い英検とTOEICを取り上げます。英検の方は特に学術的な英語力を求められ、TOEICの方は直接ビジネスで通用するような英語力が求められる、という違いがあります。

それぞれの企業によってばらつきはありますが、英検であれば2級程度、TOEICであれば600点以上の英語力が求められます。履歴書に書いて英語力をアピールしたい時には最低限このレベルの英語力が必要となります。

英検2級・TOEIC600点という英語力は一見難しそうに感じますが努力次第で誰でも到達できます。効率的に学習を進めていち早く英語を習得してしまいましょう。

勉強する前に計画を立てる

一刻も早く英語力を上げるために高価な教材を購入したり、やみくもに問題と向き合ったりすることがありますが、それでは効率よく学習を進められません。

敵を倒すにはまず敵をよく知ることです。自分が受ける試験では何を問われるのか、どういう出題形式なのか、どのような語彙が求められるのかなどをあらかじめよく理解して、綿密な学習計画を立てることから始めましょう。

最低限確認するべきことは、1、出題形式、2、求められる語彙数、3、頻出表現の3点です。

出題形式を把握する

英検2級とTOEICで出題形式は全く違います。特に大きい違いは面接試験の有無です。英検2級の場合、筆記とリスニングによって行われる一次試験に加えて、実際に面接官と英語を用いて会話する2次試験もあります。

実際に外国の方と話す機会が少ない方は、英語を使って会話をすることに少々不安を感じるかもしれませんが、実際それほど細かく発音などをチェックされることは少ないです。

きちんとコミュニケーションがとれるかどうかが重要視されるので、面接官とのやり取りに意欲的な姿勢を見せるように心がけましょう。

一方TOEICの場合はリスニングと読解が半分ずつ出題されます。いずれも100問ずつ出題されて、合計で2時間にもなる長丁場になるのでとにかく集中力の維持が大切です。

最初から最後まで全力で集中するとなるとかなりしんどくなってしまいます。Part1は得意だから力を抜いて取り掛かる、patr4は難しいから全力で集中する、など自分の得意不得意に合わせてエネルギーを分配するように心がけましょう。

過去問を何度も解いて2時間という試験時間の感覚をしっかりとつかみ、マラソンを走る気持ちで試験に臨むのが効果的です。

語彙を増やす

語彙数に関しては英検2級、TOEICスコア600でいずれも約5000語程度の語彙力が求められます。求められる語彙は英検とTOEICでそれぞれ違ってくるので、自分が受ける試験にあった単語帳を使って勉強しましょう。

単語を覚える方法は人それぞれ好みのやり方があると思いますが、あまり細かく分割して長期にわたって学習を進めるのはお勧めしません。覚えたそばからどんどん忘れていくことがあるからです。

人の記憶は反復によってのみ定着します。一日に数単語ずつコツコツ覚えていくように時間配分をしても、最終日になったら結局全部忘れていたなんていうことになりかねません。

同じ単語を一定の日数おいて反復学習することが語彙力アップの近道です。一日に500語くらいの量をいっきに覚えてしまい10日で5000語、その後は同じ単語を何度も反復して学習できるように学習計画を組み立てましょう。

最後に、頻出表現については、過去問を数年分さかのぼって解いてみるとおのずとわかってくると思います。必ずと言っていいほど出てくる表現はオイシイ問題なので、絶対に落とさないようにしましょう。

英語資格の勉強に関するまとめ

ひとくくりに英語力といっても、英語を使用する場面によって求められる語彙や表現は多様にあります。自分が達成するべきゴールをよく理解して、効率よく目標をクリアできるように心がけましょう。