読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

どんな仕事も怖くない!自分に絶対的自信が付く7つの極意

どんな仕事も怖くない!自分に絶対的自信が付く7つの極意

仕事をしていく上で自分に自信を持つ事は非常に重要です。契約を取る、人を引っ張る、決定を下すなど様々な場面で自信が必要になります。また、大きな仕事にも臆せず挑めるようにもなります。

でも意外と自分に自信があるという人は少ないです。あなたはどうでしょうか?もし、自信があると言い切れないのであれば、今後のステップアップの為にも自信を付ける必要があります。

自信を付ける事は簡単です。今からあなたにお伝えする、7つの極意を知るだけで良いのです。自信満々で仕事に取り組む、あなたになる為に7つの極意を身に付け、今日から実践を開始しましょう。

やれることを全てやり尽くす

どんな仕事にも、やれるだけのことをやり尽くし全力で臨んで下さい。これ以上ないくらいに全力を注げたのなら、結果がどうであれ自信を持ち堂々としていられます。

多くの人は結果だけに注目し、良い結果が得られないと自分に自信を無くしていきます。しかし、それはやり残していることがあり自信が無い状態で結果を求めるので、良い結果が得られないと更に自信を無くしてしまうのです。

逆に過程に注目し、全力でやれるだけのこと全てをやり尽くした状態であれば、胸を張って自信があると言い切れます。悪い結果になったとしても、やれるだけのことをやった結果であれば自信は決して失われません。

全力でやれるだけのこと全てをやり尽くす事を習慣にすれば、いつだって自信を維持することが出来ます。それはつまり、難しく誰もが尻込みするような仕事にも、果敢に挑める自信を手に入れられるという事に他なりません。

自己主張をする

自信が持てない人は、自分の意見を主張出来ない、周囲の意見に左右されやすいといった気弱な面を持ち合わせています。自信を付ける為には気弱な部分を無くさなければなりません。

そこで、自分の意見を言葉に出してきちんと主張する意識を持つようにして下さい。最初は勇気がいりますが、怖がらずに続けていれば気弱な部分は改善され、「人の意見に左右されず自己主張出来る自信」を手に入れる事が出来ます。

自分の意見を主張する場を作る為にも、同僚達とコミュニケーションを取ることは不可欠。仲が良くなるほど、意見が言い易くなり自信が付くまでの期間を短縮してくれます。

自分をいつも褒めちぎる

誰かに褒められると自信が付きますよね。でも、残念な事に社会人になると褒めてもらえる事は少なくなります。それなら、いつも自分で自分を褒めて自信を付けましょう。

「ミスなく1日が終わった」「アポが2件取れた」「プレゼンが上手くいった」など、大小問わずどんな些細なことでも構いません。良い評価に値する出来事があれば自分に最大限の賛辞を送りましょう。

何度も繰り返していけば、自信が付き始めると同時に仕事も楽しくなってきます。そして、モチベーションがアップしより仕事に前向きに取り組め、さらなる自信を生み出すきっかけを与えてくれます。

得意なスキルを身に付ける

たった1つだけで構わないので、誰にも負ける気がしない得意なスキルを身に付けて下さい。必ずあなたに大きな自信を付けてくれます。

PCスキル、営業トーク、語学力など仕事に活かせるスキルは世の中に多く存在します。それらの中から、自分が学びやすいスキルや長所を活かせるスキルを探し出して徹底的に磨き上げて下さい。

誰にも負けない程スキルを磨き上げた頃、自然とあなたは「その仕事は任せろ」と大きな声で胸を張って言える程に自信満々になっています。そうすることで職場の同僚達からも頼りにされ始め、もっと強い自信が築かれていきます。

時間が掛かり過ぎてしまうので、最初から苦手なスキルにあえて挑戦することはしないで下さい。挑戦するのであれば、得意なスキルを1つ作り自信を付けてからでも遅くありません。

困難から逃げない

困難にぶつかった時どのように対応するか?そこが自信を付ける為のポイントになります。

もちろん逃げたり、言い訳をせずに正面から立ち向かいましょう。困難へと逃げずに立ち向かう事で、自分の弱い部分や足りない要素が発見出来ます。

それらを克服し、困難を乗り越える度に自分の弱点と呼べる部分は無くなっていき自信が付いてきます。自信が付けばいつも胸を張って堂々としていられるので、同僚達に頼られる・尊敬される人になることが出来ます。

成功は自信を生む

自分に自信を付ける為には、とにかく成功した実績を積み重ねていきましょう。実績が増えれば増える程、強く自信を持ち堂々と振る舞えるようになります。

始めは、「納期までに資料を作成出来た」「電話応対を上司に褒めらた」といった小さな成功からで構いません。徐々に自信が付いてきたら、難易度が高く困難な仕事に積極的にチャレンジして下さい。

難易度が高い仕事が成功させればより大きな自信になります。ポイントとして、他人から見て成功と呼べるものではなく、自分が成功と感じる仕事を成功させて下さい。

自分自身が「成功した」と感じられなければ自信にはつながりません。

知識と経験が自信につながる

たくさん行動して様々な知識と経験を蓄えて下さい。豊富に蓄えた知識と経験は必ず仕事の役に立つうえ、自分に自信を付ける大きな要因になります。

人は何もしなければ何も得られません。しかし、行動をすれば成功・失敗、自分の良い部分・悪い部分、仕事の進め方の善し悪しなど多くのことを学べます。

さらに、あえて異業種の仕事を経験すれば、視野と発想の幅が広がり新たなアイディアのきっかけとなったり、良い部分を学び本業に活かすことも可能です。行動して得た知識と経験は一生モノの財産です。

その財産があるから、どんな仕事にも対応出来るという自信につながります。まずは、興味のある分野やすぐに達成可能な目標を定めて、行動を開始していく事をオススメします。