読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

チームメンバーを惹き付け離さないリーダーに必要な4つの要素

職場のチームワーク

チームメンバーを惹き付け離さないリーダーに必要な4つの要素

チームにはリーダーが存在します。その中には優秀なリーダーもいれば、名ばかりのリーダーもいます。ではその違いは何でしょうか?実はリーダーに必要な要素が身に付いているか・いないか、たったそれだけの違いでしかないのです。

この記事では、チームのメンバーの心を惹き付けて離さない優秀なリーダーに必要な要素を7つお伝えします。あなたが今後リーダーとなりチーム率いて成功へ導く為に、ぜひ7つの要素をお役立て下さい。

ゴールを決める

チームが向かうべき明確なゴールを決め、ゴールへの道筋をメンバーに示す事がリーダーの大きな役割です。明確なゴールと道筋があるとメンバーのモチベーションは飛躍的に向上し、ゴールへ向かう為に全力を注ぎます。

1つのゴールへ到達したら次のゴールを設定し、到達したら再び次のゴールを設定して下さい。なお、次のゴールを設定する時は前回のゴールに比べて少しづつハードルを上げていきましょう。

これを繰り返していけばゴールへ到達する度にチーム全体のスキルがアップし、難しい仕事やリスクの高い仕事にも果敢に挑戦出来るようになります。

命運を握る決断力

決断力はリーダーにとって重要な能力です。なぜなら、迅速な決断と決断の選び方にチームの命運が全て懸っているからです。

迅速に決断が下せれば絶好のチャンスを掴み成功する事、ピンチからチームを救う事などプラスに働きます。逆に決断が遅いとそれらを全て逃す事になり、最悪はチーム解散やリーダーを外されるという事も十分あり得ます。

正しい決断を下すというのは非常に難しい事です。しかし、リーダーなら絶対に逃げてはいけません。必ず良い方向に向かうと信じて、勇気を持った決断を下す事が大切です。

ブレない為に信念を持つ

メンバー達を引っ張っていく為にリーダーは自分に信念を持つ必要があります。信念があれば発言と行動にブレが生じる事が無くなります。その結果、何をするべきかが明確になりメンバー達は安心して仕事へ全力を注げます。

信念を持って行動を続けていれば、その信念はやがてメンバー達に浸透していき共有する事が出来ます。チーム全員が同じ信念を共有していれば阿吽の呼吸が生まれ仕事もスムーズに進みます。

強い心でどんな時も冷静に

リーダーは、どんな事態に遭遇しても冷静に対応が出来る強い心を持つ事が欠かせません。仕事をしていればトラブルなどは日常茶飯事です。その都度、リーダーが慌てたりしているようではチームは崩壊します。

リーダーの態度や行動は他のメンバーに大きな影響を与えます。リーダーが失敗すればメンバーも失敗し、不安な表情になればメンバーも不安になります。逆にリーダーが常に冷静でいればメンバーも冷静でいられます。

その為、危機的状況になった時こそ心を落ち着かせ余裕の態度でいられる強い心があれば、メンバーの不安は無くなり解決へ向け存分に力を発揮出来ます。

適性適所を見抜く目

メンバーの適性を把握し、適所に配置する能力が高いリーダーはチームを大成功へと導きます。人の適性や十人十色です。この仕事は全然出来ないけど、別の仕事をさせたら社内でNo.1という事もあります。

そこを上手く見抜けるかが、非常に重要なポイントになります。ではどうすれば見抜けるのか?それはまずは様々な仕事を経験させてみる事です。その中で得意不得意が分かるので、得意な仕事を担当させます。

さらに得意な仕事の中でも細かく分ければ、得意不得意が出てくるので再び得意な仕事をさせます。これを繰り返す事でその仕事ではチームNo.1を育て上げていきます。

苦手な仕事を無く指導するよりも、得意な仕事を伸ばす指導にした方が時間的にも効率が良いです。

行動で模範を示す

よく「アレをしろ」、「コレをやれ」と口だけで指示を出すリーダーがいます。残念ながらそれではメンバーの心を掴む事は出来ません。優秀なリーダーは口よりも先に行動で模範を示します。

行動で模範を示せば、具体的な手順が理解し易いのでより仕事を早く覚えられます。さらに成果を上げている行動を示す事で、メンバー達は同じ様に行動をマネします。結果、口を出さずとも自然にメンバー達のスキルが向上していきます。

率先して模範を示し、メンバーに成果を出させる事でリーダーは人望と信頼を集めていきます。

信頼と尊敬を集める

メンバーからの厚い信頼と尊敬がないとリーダーは務まりません。信頼があればチーム全体にリーダーを中心とした団結力が生まれ仕事を成功へと導く原動力になります。

尊敬されていれば「リーダーの為なら」とメンバーが力を尽くしてくれます。信頼や尊敬を集める為に、リーダー自身が結果を出し続ける、今より成長しようと努力する、前述した6つの内容を常に意識する事の3つを徹底して下さい。

いきなり最初から全ては難しいかもしれません。少しずつで良いのでメンバーが誇れるようなリーダーになる為の準備を始めて下さい。