読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

覚えておこう!就職面接の絶対にはずせないポイント

覚えておこう!就職面接の絶対にはずせないポイント

就職の面接は、社会に出る第一歩としてとても重要なチャンスです。面接攻略のための書籍も多数発売されており、一体どれをどの程度読めばいいのかわからない。そんな風に焦る学生も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな数多くの面接対策の中でも、特にはずせないポイントについてご紹介します。これをしっかり対策すれば、たとえ面接を明日に控えていても、自信を持って臨めることでしょう。

何よりも大事なのは第一印象

面接の評価の大部分は第一印象で決まるといっても過言ではありません。それだけ、第一印象は相手に与えるイメージに大きく影響します。

第一印象と言っても、外見や体格のことではなく、身だしなみや立ち振る舞いを指します。まず、身だしなみについては言うまでもなく、清潔第一に仕上げましょう。

靴を磨く、スーツをブラッシングする、髪の毛を整えるなど、基本的な事をしっかりと面接前に確認しましょう。重要な面接の場に汚れた靴で平気で来てしまう人は、お客様にも同じことをしてしまうのではないかと懸念されてしまいます。

また、髪型やシャツの色は、業界によって工夫をする必要があります。銀行とアパレルではイメージが全く異なるように、それぞれに合ったイメージに身だしなみを仕上げる必要があります。

いくら清潔感があっても、業界のイメージと合っていなかったら悪い評価につながりかねません。

立ち振る舞いは、普段から気を付けて過ごす事で大半が自然とできるようになります。特に以下のポイントについては日頃から意識して過ごしてみましょう。

  • 背筋を伸ばして歩く
  • 相手の目をしっかり見て話す
  • 肩幅くらいの歩幅で堂々と歩く
  • 大きな口を開けてはっきりと話す

これらのポイントを意識するだけで、第一印象は格段に良くなります。いくら自信に満ち溢れた気持ちで面接に臨んでも、猫背で、下を見ながら小さな声で話していたら、良い印象にはとても繋がらないですよね?

これらを意識、改善するだけで、あなたの評価が格段に良くなるはずです。

他の候補者より印象に残るために

就職面接の特徴は、候補者全員が学生であり、同じスタートラインにいるという点です。転職のように、過去に経験してきた業務や身に着けたスキルがあるわけではありません。

その中で、数多くの候補者の中でも面接官の印象に残るためには、自分らしさを明確にアピールすることが必要です。

自分らしさのイメージが浮かばない場合は、以下のポイントをヒントに考えてみましょう。

  • 学生生活で特に力を注いだこと
  • これなら誰にも負けないという特技・スキル・知識
  • 今までに経験した成功・失敗体験
  • 趣味や特技

など、今までの経験や生活を振り返り、自分らしく、ここは他人と違う、と言えるようなものを探します。見つけることができたら、そのエピソードを面接で聞かれそうな質問にしっかり組み込んで答えられるようにしておきましょう。

事前準備をしっかりすること

最後のポイントは、基本的な事ですが、しっかりと事前準備をすることです。

面接で聞かれそうな質問は大体予測ができます。考えられる全ての質問に対して準備するのではなく、また、一語一句暗記する必要もありません。それでは、どれだけ時間があっても足りなくなってしまいます。

準備をするのは、どの会社でも聞かれそうな質問に対する回答内容です。ポイントを頭の中でまとめておくことが重要です。最低でも以下の質問には、スムーズに答えられるように準備をしておけば安心でしょう。

  • 数分程度の自己紹介
  • 学生生活で打ち込んだこと
  • 各企業に向けた志望理由
  • 自分の長所と短所
  • 入社したらチャレンジしたいこと
  • 10年後の将来像

面接では、考えたこともないような質問がされることもありますが、代表的な質問に対して準備をしておけば、その内容が応用されてスムーズに答えられることもあります。

そして、これらの回答の中に、2番目にあげた「自分らしさ」をしっかり組み込んで下さい。模範解答のような内容ではなく、あなたの個性がアピールできると、面接官の印象に残ります。

普段何気なくしている行動や、サークル活動、アルバイトも、突き詰めて考えてみるとあなたらしさが隠れていて、立派なアピールになることはよくあります。

事前準備の段階では、回答をまとめると同時に、あなたの経験、行動、活動について、あなたらしさがアピールできるポイントがどこにあるか、じっくり考えてみてください。

就職面接は学生から社会人になる時の1度しかありません。悔いの無いように望みたいものの、完璧に準備をするのは不可能です。

最低限のポイントに絞って頭の中に整理し、じっくりと考え、自信を持って面接に臨みましょう。きっと良い道があなたの前に開けるはずです。