読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

どこから攻めるのが効果的?転職する際の応募方法と特徴

何を使ったらいいの?転職する時の応募方法と特徴

転職活動を始めるとき、あなたはどんな手段で企業に応募をしますか?様々な転職支援サービスが存在する今、何をどのように使うか迷ってしまうことはないでしょうか。

今回は、多くの転職支援サービスの中から、いくつかの手段を特徴を上げながらご紹介していきます。あなたの状況や志望によって使い分けし、効率よく転職活動を進めていきましょう。

転職するならまず転職エージェントに登録

転職エージェントとは、企業担当と転職希望者担当の担当制を導入し、人が介在して転職支援をすることが特徴の応募手段です。

転職希望者は転職エージェントの担当者と面談を行い、その際に自分のキャリア、転職理由、次にやってみたい仕事などを話します。同時に、あなたの担当者は転職市場の動向や志望業界・職種の募集状況、更には具体的な求人を紹介します。

応募をした後の面接の日程調整や面接対策等も豊富で、サポート体制が充実していることが特徴です。転職エージェントではとにかくあらゆるサポートと情報提供が期待できます。

希望業界についての知識やアドバイスはもちろん、今すぐ応募できるあなたにあった求人をいち早く紹介してもらえるため、いますぐ転職したいという方にも向いている手段です。

また、転職をするか迷っていたり、次にどの業界や職種に就きたいのか自分でもよくわからない、という方には、転職についてのプロの目線からアドバイスをもらえるチャンスです。

転職についての考え方や、キャリアステップの踏み方についてアドバイスをもらうことで、転職はしないという決断に至るケースも少なくはありません。

これらの理由から、転職をする際、最低でも1社は転職エージェントに登録し、転職のプロと相談しながら選考を進める事をお勧めします。

あらゆる情報にアクセスできる転職サイト

転職サイトとは、求人情報をウェブサイトにまとめて掲載し、転職希望者が自分で応募ができる仕組みになっているものです。

職種や業界のキーワードや、経験職種、募集時期などを元に検索することができます。転職サイトでは、募集中の求人を自分で全て見ることができるので、見ているうちに知らなかった業界や職種に出会う可能性もあります。

掲載情報量は膨大なので迷ってしまう可能性もありますが、アクセスできる情報量が多い点はメリットでもあります。

また、最近多く見られるのはスカウトシステムです。自分の履歴書を登録しておくと企業があなたの履歴書を確認し、場合によっては企業の方からあなたに応募をしてほしいと連絡が入る事があります。

募集する企業の目線からすると、思いもよらなかったポイントで自分のキャリアが活かせる部分があったりするものです。

転職サイトによって、システム系、デザイナー系、資格保有者向けなど、何かの分野に特化したものもあります。総合的な様々な業界・職種を掲載しているサイトもあるため、あなたのキャリアや志望業界によって登録するサイトを決めると良いでしょう。

志望企業に熱意が伝わるのは直接応募

自分が次に転職したい業界や企業が既に決まっている人は、直接応募という手段を使うことも可能です。直接応募とは、転職エージェントや転職サイトを介さず、企業のホームページから直接応募する事を指します。

企業のホームページを確認すると、採用情報のページがあり募集要項が掲載せれているケースがあります。その場合は、内容をしっかりと確認して応募します。

募集されていない職種や、そもそも採用情報が掲載せれていない企業の場合でも、応募する事は可能です。お問い合わせなど、必ずどこかに連絡先がありますので、自分の履歴書志望動機書と共にを送ります。

直接応募の最大のメリットは、熱意が伝わりやすいという点です。

数多くの転職支援サービス、そして数多くの企業があるなかで、わざわざホームページを訪れ、応募してくれたというプロセス自体が好印象を与えます。

募集を現在はしていないという場合でも、そこまでの意欲があるなら会ってみようと思ってくれるケースは少なくありません。これらの可能性を紡ぐために、転職したい業界・企業が明確にある場合は、まずホームページを確認してみましょう。

ここまでで、代表的な転職支援サービスをご紹介しました。それぞれにメリットがあるため、自分の状況やキャリア、希望によって選択する必要があります。

人生に幾度とない貴重な機会であり、同時にキャリア形成に関わる重要なターニングポイントです。納得のいく転職ができるよう、これまでの情報を活用して頂けると幸いです。