読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

30代からの転職が成功するポイントを逆説で考えてみる

性別・年代別転職情報

30代からの転職が成功するポイントを逆説で考えてみる

転職活動をしなくてはいけない事情は人によって様々で、よりよい労働条件を求めてといった理由だったり、自分の脳力を活かせる職場にステップアップするというポジティブなものから、会社の倒産や人員整理での失業や、帰郷せざるを得なく、Uターンでの再就職を考えている方もいらっしゃいます。

転職活動は若い方が有利というのは当然の事ですが、その若い世代とは違う転職活動はどのようにすればよいのでしょうか?

30代を過ぎてから転職活動をする場合に必要な事は何なのかを考えてみましょう。

なぜ30代以降は転職活動が難航するのか?

まず考えないといけないのはどうして30代を過ぎると再就職が難しくなるのかという事です。

年を取っているからという単純な理由ではなく、なぜ年齢を重ねると再就職が難しくなるのかという点を企業の立場から考えてみましょう。

若い世代とは評価基準が違う

若い人材はどのような社員が評価されるかといえば、「一生懸命頑張っている人」です。

がむしゃらに頑張っている社員はその努力が認められるのですが、それが通用するのも入社から2~3年程度で、それ以降を過ぎると別の評価基準が出てきます。

  • 入社3年目以降 ・少数のリーダーシップ能力
  • 30代前半 ・小規模チームのマネジメント能力
  • 40代以降 ・総チームの統括マネジメント能力

上記の様な能力が無ければいくら仕事ができても能力があるとは評価されません。会社とはチームで動いているものですので、そのチームを管理する能力が必要とされているのです。

中途採用者が入社する事の周囲への影響

いつもの様に働いていて、突然中途入社で入社してきた人が急に上司になったらどうでしょうか?突然来られて命令されても、という気持ちになる可能性は大いにありますね。

仕事だからと割り切れる人はいるかもしれませんが、抵抗がある人の方が多いのは明らかです。

では、最初は一般社員からという入社方法だとしたらどうでしょうか?

それなら他の若い社員も納得するかと言えばそうでもなく、年上の新人に指示や教育をするというのは抵抗があるものです。

なぜこの様な問題が起きるか、それは年齢が高いことによるプライドが捨てきれないという点が大きく関係しています。

プライドが高いのは結構ですが、仕事を教えてもらう立場という事を忘れてしまい、横柄な態度をとってしまうという事が少なからずあるからなのです。

この様な点を考えると高年齢の社員を中途入社させるのは周囲への影響を考えなくてはいけず、リスクがあると考えなくてはいけないのです。

では、これを逆説で考えてみれば大変良い人材という事にならないでしょうか?

  • 実績があり、マネジメントができる
  • 過去の実績を鼻にかけず、その会社の社風に順応できる
  • 若い社員とのコミュニケーションが上手にとれる
  • 気を使わせず、周囲と明るく接する人間性がある

この様な面を持っている人は企業であれば欲しい人材とは言えるはずです。まず考えないといけないのは、中途入社をするということは、 即戦力と人間性が最重要という事なのです。

面接は最重要な判断材料

新卒での就職活動では、卒業した学校であったり、将来性を見込んで採用の判断をしますが、中途採用の場合の大きな判断基準は、前職での仕事内容・資格・能力・人間性が大変重要になります。

これを職務経歴書だけで伝えるのは非常に難しいものですし、面接担当者もそれだけでは判断しかねますので、面接を重要視しています。

新卒者のように、「一生懸命がんばります。」という意気込みを話してもあまり評価されませんので、経験がある年齢の最大の売り、自分が入社すればどの様に会社に利益をもたらすことが出来るのかという点を強調しましょう。

それを具体的に、わかりやすく、そして簡潔に伝える事で面接担当者に自分が入社する事のメリットを訴えることが出来るのです。

次に、自分という人間と一緒に働きたいと思わせることが必要です。

面接担当者も人間ですので、いくら能力が合っても、「この人とは一緒に働きたくない。」と感じてしまったらそれまでなのです。

どの様な人と自分は働きたいと思うか?それをイメージして、その人格の人になりきって面接に挑むと良いでしょう。

  • 資格、能力を最大限にアピール
  • 仕事を一から学ぶという謙虚さ
  • 会社にとって採用メリットのアピール
  • 仕事を一緒にしたいと思わせる人間性

30代以降の転職活動は難航するという定説が有りますが、会社が必要としている人材を十分に理解し、面接では上記に上げた項目を伝えることが出来れば、会社としては採用したくなるはずなのです。

まずは自分自身を客観的に見ることが、転職成功の第一歩です。