読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

【転職で失敗しないために】押えておきたい会社選びのポイント

【転職で失敗しないために】押えておきたい会社選びのポイント

転職で大事なものはタイミング、給料、職場環境と沢山ありますが、その中でも忘れてはいけないのが会社選びの仕方です。

他の会社では鳴かず飛ばずの人も違う会社では化けるということもあり、この会社選びは決しておろそかにしてはいけないのです。

一体どういった点に注意して会社選びをすればよいのでしょうか。会社選びで失敗しやすい点やそのコツを一緒に見て行きましょう。

同じ業界内で会社を選ぶ際に注意すること

今の業界内で転職をする際には注意しておきたいのが会社の関係をしっかり押えておくことです。

今いる会社と転職先の会社の関係に注意を払っておかないと思わぬ失敗をしてしまうこともあります。

特に大手から下請けの中小企業へ転職する場合には待遇も良いことが多いのですが、少しリスクの多い転職であることは知っておいて欲しいことなのです。一体コレはどういうことでしょうか。

下請けの会社に転職するとポストが上がることが大半なのですが、前の会社との知り合いや人脈が上手く行かせないばかりか逆に重荷になることさえあるのです。

こういった人脈があるために前の会社に頻繁に行かなくてはいけないということもよくあるのです。

転職前の会社には行きづらいものですが、これも下請けに転職してしまったために起こってしまうことです。そのためかつての部下に頭を下げなくてはいけないということも起こるので注意したいことです。

こういった人間関係のしこりをなくすためには同じ業界でも地方の会社などへ転職したり、部署を変えてしまうというのも手です。

とはいえ、同じ業界にいるのであればどうしても関係は続いてしまうものなので多少は我慢も必要です。

また新しいことを始めたくて違う会社に行ったのに同じ業界だと仕事内容もほとんど変わらないということは少なくありません。こういった失望を抱かないためにも同じ業界に転職する際は注意しておきたいものです。

異業種の会社を選ぶ際は専門家の意見を聞く

他業種の場合には会社選びの着眼点も大きく違ってきます。特に注意しておきたいのが前の業界の常識を違う業界にも当てはめてしまうことです。

前の業界では大手が仕事も多く、権力も強かったというのが普通であっても違う業界では中小企業のほうが相対的に大きな勢力であることもあります。こういったことは業界によって様変わりしてしまうので注意が必要です。

こういった業界の力関係は門外漢には分かりづらいものですから素直に転職エージェントなどに話を聞いてみましょう。異業種に転職する際はこういった専門家の力を借りることが大事です。

また異業種の場合にはそれまでの経験が生きないことも少なくありません。そのためポストも余り上がらなかったり、前の職場よりも給料が下がってしまうことも少なく有りません。

こういったことを少なくしたいのであれば出来るだけ前の職場と似たような部署を選びましょう。そうすれば異業種でも早く現場に出て行きやすくなりますし、疎外感を感じることも少なくなります。

福利厚生や給料に関する情報の注意点

転職の失敗として多いのが給料や福利厚生が思ったようなものではなかったというものです。こういったものは実際に入社してから気づくことも少なく有りません。

しかし、転職前に調べられることでもあります。求人票に記載されている額面通りの内容をそのまま信用せずにしっかりと自分で調べてみることでこういった失敗は減らして行けます。

こういった面に関しては法律もうるさくなってきたこともあり、しっかりと情報開示している企業が多いのです。そのために転職前に調べておくことが出来るものでもあります。

そこで注意しておいてほしいのが企業年金の有無です。どの程度の規模のものがあるのかを知っておくことは転職時には気にならなくても後々問題になります。転職者には年金制度がない会社もあり落とし穴となります。

また転職者の昇級も押えておきたいところです。転職者の場合には生え抜きとは違う省級システムを持っているところもあり、これも調べておきたいところです。

昇給も見ておかねばなりません。転職者の場合、号棒がそれなりでも勤続年数が低いので実際の年収は低くなることもあり見逃せません。

こういった情報は開示されているのが普通で、寧ろそうでないのであればまともな会社なのか疑う必要さえあります。

労働契約書をしっかり読み、労働条件を確認する

会社選びで一番重視したいのが労働条件をしっかり押さえることです。これは転職前には判断しづらいこともあり、多くの人がこの点で失敗して再転職を余儀なくされています。そんな労働条件について見て行きましょう。

労働条件で問題になる筆頭が残業代などの未払いです。こういった給料の未払のある会社を判断するコツが労働契約書をしっかりと読むことです。

未払い残業などの問題を抱えている企業ほど労働契約書では就労時間などをぼかした記述をする傾向があります。

こういったことを押さえるとともに何よりも重視したいのが実際に勤務している人の声です。

会社に実際に面接に行った際にでも喫煙所などに入って何気なく聞いてみることも効果的です。

また未払残業がある企業はネット上で告発されたり、サイト上にその一覧があることもありますからチェックしておきたいものです。

未払い残業だけでなくその他にも問題になる労働条件が職場環境です。職場環境が悪いと人間関係の悪化などで精神病を患うこともありますから、なるべくそういった会社とは関わりたくないものです。

こういった職場環境を調べるのに最近活用されているのが調査会社です。費用も手頃なものが増えてきていて、自分の代わりにその会社の人にアンケートをしてもらうというもので簡単にナマの職場環境を知ることが出来ます。

転職体験記を読んで生の声を知る

その他にも会社選びで重視したいのが離職率です。離職率は率直にその会社にどのくらいの人が転職して辞めたのかということを示してくれますから初めての転職の人でも簡単に利用できます。

こういったものはハローワークなどで提供してくれますが、離職した理由にもしっかりと目を通しておきたいものです。離職率が高くても良い会社もあり、こういったところは見極めていかないといけません。

また会社選びをする際に情熱を傾けられるものを重視することもよいことです。

情熱を持てる仕事であればそれだけ長続きしますし、多少のことではねげることもありません。実際に転職の成功談はこういったやりたいこと重視の転職が多かったりします。

それとともに役に立つのが転職体験記です。違う業界に行く時にも初めての転職の際にも会社選びのコツが凝縮されているのがこういった転職体験記であり、ナマの声に勝るものはないともいえます。

会社選びには幾つもの注意点がありますが、転職は何度もしていくことでよりよい会社の選び方が身につくものでもあります。そのためになるべく早いうちに一回転職しておくということも人生経験としては大事なことになってきます。

また会社選びのコツとしてなるべく在職中にやったほうがよいということです。収入源があるときのほうが余裕を持って会社を選べますし、何よりもよい会社がなかったらそのまま会社に残るという選択もあります。

このように転職の際の会社選びには十分に注意してもらいたいものですが、転職は可能性に満ち溢れたものでもあります。決して会社の嫌なところばかり見ずに自分の目指す転職を実現してもらいたいものです。