読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

海外で働きたい!日本にない働き方やキャリアを活かせる舞台

海外で働きたい!日本にない働き方やキャリアを活かせる舞台

「海外で働きたい。」そんな希望を持っている人も多いと思いますが、日本で働くよりも大変な面もありますし、働き方の違いや考え方が自分に合っていればとても有意義に仕事をできるという面もあります。

特に日本から出て、海外で働きたいと考える方の多くは、日本の年功序列社会よりも自分の力ひとつで仕事に参加したいと考える方が多くいらっしゃいます。

海外の企業は大抵の場合、能力主義を採用していますのでこの様な方にはぴったりで、今までできなかったことが海外に行けば出来てしまうというのも魅力のひとつと言えます。

最近特に注目されているのが東南アジアで、経済の急速な発展で多くの日本企業が現地に工場や会社を設立していて、常に人材不足の状態です。

東南アジア諸国でも特に日本企業の多いタイを例に海外就職がどのようなものなのかを見てみましょう。

タイで仕事がしたい。2つの働き方の違い

東南アジア諸国で日本人が多く訪れる国タイは、年中温暖な気候で観光客に人気があるのですが、物価の安さやインフラ整備が整っているという理由から日本企業が進出していて、多くの日本人が働いています。

タイで働くには2つの方法があり、ひとつは日本企業に就職し駐在員という立場で期限付きで赴任するという方法すが、日本の賃金価値で給料を計算されるので全く日本にいるのと変わらない給料を得ることが出来ます。

その他にも海外赴任手当がつく場合が多くありますので日本で働くよりも給料面で優遇されている場合が多いと言えます。

もう一つの方法が現地採用で、これはタイにある日本企業に直接雇用されるというものなのですが、この就業形態は一般的に駐在員よりも賃金面では少なくなっています。

しかし、現地の物価水準や給与レベルを考えると多額の報酬と言って良いと言え、長期間の就業を考えている方には大変チャンスが多く、入社も比較的容易と言えます。

日本企業はこういう人材を探している。

タイで日本企業が求人をする場合、日本での考え方と大きく違うのが、人材教育に力をあまり入れないということです。

タイは他の東南アジア諸国と同様に能力主義を採用している国で、その考え方は日本企業にも浸透していて、能力がある人には仕事はいくらでもあるのですが、能力のない人には仕事が全くないという格差社会とも言えます。

つまり、一からその会社に合う社会人を教育するという日本の考え方は全くないと考えて良いのです。

最低条件のひとつとして、タイ語での日常会話が可能という事が挙げられるのは、日本人が日本企業で就業する場合、大抵タイ人従業員を管理するという立場になる事が多いですので、コミュニケーションをとる為に必要です。

ただ話せれば良いというだけでなく、その他に何かひとつでも能力があれば就職の道は大きく広がってきます。

?日本企業がのどから手が出るほど欲しい人材

日本料理調理師

日本料理は東南アジアでも大変人気があり、多くの日本料理店が出店しているのですが、それでも間に合わない状況で、これからもっと増えていくと予想されています。

しかし、人材不足が顕著に現れている業界と言っても良く、日本料理を作れる人が圧倒的に不足しているのです。

タイ人従業員に教えたとしても、味覚の違いがありますので、必ずベースとなる味を維持する為に日本人が必要なのですが、なかなか募集をしても集まらない状況です。

タイ以外にも経済発展が著しいミャンマーに出店したいと考える企業や投資家が多くいるのですが、これらの理由から遅れが出ていますので、調理経験がある方には大変有利な業界と言えます。

工場生産管理者・工員

日本人ほど生真面目な人種もいないと言われていて、100パーセントのクオリティー、完全に納期を守るのは日本の企業だけと言えます。

タイには日本の工場が多くありますが、おおらかなタイ人は納期を守らなかったりと日本人の考え方とは違いますので、どうしても生産管理者は日本人でなくてはいけません。

その為、日本で管理職を勤めていた人はこうした業界からのラブコールが収まらない状況で、常に求人募集が出ていますので、売り手市場と言って良いでしょう。

管理職以外にも、旋盤加工の技術者は現地の人に技術を教育するという面や、品質の安定化をする上で大変重要と言え、わざわざアドバイザー契約をして日本からスペシャリストを迎える企業もあります。

営業職

言葉の違う国で営業ができるのか?と考えられる方もいらっしゃると思いますが、日本企業が多いタイでは日本企業同士での商談も多くありますので、営業社員が必要になる場合があります。

タイの企業に売り込みに行くという場合もあるのですが、同行するタイ人スタッフがいるのが一般的ですので行き詰まるという事は考えにくいはずです。

しかし、タイ語能力は日常会話レベルは必須になってきますので、いきなり就ける職種かというと少し難しい面もあります。

そのキャリアには希望がある

今までの経験を活かし、海外の企業に活路を見出すという点において言えば日本でのキャリアをお持ちの方には大変大きなチャンスがあり、それを目指して渡航される方が多いのも事実です。

海外で生活したい、自分の力を試してみたいという方には海外就職はかなりメリットがあるのです。

まずは現地の生活がどの様な物なのかを体験してみると良いでしょう。