読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

【必見】面接ではこんな人が選ばれる!3つの対策と方法

覚えておきたい面接対策

【必見】面接ではこんな人が選ばれる!3つの対策と方法

どんな会社でも同じですが、就職するために絶対に必要なのことは、面接に合格することです。

どれほど経験や能力のある人でも、面接で失敗してしまったら就職できません。では、どんな人が面接で選ばれるのかを考えてみましょう。

自然体である人

面接の時に、自然体であることはなぜ大切なのでしょうか?なぜなら、自然体であれば相手はありのままのあなたを見ることができ、信頼できるからです。

もしあなたが面接官で、面接を受ける人が仮面をつけていたらどう感じるでしょうか?

とてもその人を信頼することはできないですね。では、その人の仮面が美しければ印象は違うでしょうか?仮面は仮面ですよね。

だったら、表面を取り繕ることにエネルギーを注ぐのではなく、ありのままの自分を出すようにしてください。

では、自然体であるということはどういうことでしょうか?過度に形式ばることも、人への印象を過度に気にすることもないという意味です。

また、話に置いても態度においてもふさわしい礼儀と品位を示すということでもあります。

では、自然体であるために何ができるでしょうか?一つは、話し方を改善することです。

あなたが一つの質問にとても流暢にこたえることができ、内容が模範解答であったとしても、丸暗記してきたということが相手にわかってしまえばマイナスイメージになってしまいます。

自然な話し方を身につけるためには何ができるでしょうか?それには、準備の仕方を工夫する必要があります。

もしかしたら、あなたも面接の準備をする時に、自分が話す言葉を一字一句決めてしまい、書きだしたりしていませんか?

そのようにしてしまうと、話し方はたちどころに堅くなり、自然さは失われてしまいます。

事前に良く準備することは大切ですが、準備の仕方を間違ってしまわないように注意しましょう。準備をする時には以下の点を当てはめてみてください。

  • 面接で尋ねられそうな質問を書き出す
  • 答えを準備する時、暗記せずに、考えを把握するようにする
  • 考えの中のキーポイントとなる単語を覚える
  • 必要なら、上に挙げた考えと単語を書き出す
  • 実際に話す練習をする
  • 話す時には、暗記するのではなく、考えを伝えることを目標とする
上に挙げた点を是非実行してみてください。私自身も、面接やスピーチをしなければならない時に試してみたことがあります。 話すことを丸暗記した時より、暗記せずに考えを把握して話した時のほうが、はるかに良い評判を得ることができました。 この技術は、面接だけでなくその他の様々な場面において活用することができます。最初は大変に思えるかもしれませんが、一度習得してしまうと非常に便利です。 今回のみならず、自分の意見を伝えなければならないことが多々あると思いますので、是非試してみてください。

会社の目線で物事を考えられる人

企業が欲しいと思う人はどんな人でしょうか?それは、会社にとって利益をもたらしてくれる人です。

能力や経験が人より数段優れていたとしても、会社に利益をもたらさない人材は必要とされません。企業側が面接時に知りたいのは、あなたが会社に利益をもたらせるかどうかです。

それで、面接の時にはあなたが確実に会社に利益をもたらすことができる人材であることをアピールしなければなりません。

そのためにはどうしたら良いでしょうか?答えは、相手の立場に立って物事を考えてみることです。

相手の立場に立つためには、相手をよく理解しなければなりません。それで、面接を受けようと思っている会社について調べてみましょう。

その企業は何をしていて、これまでどのように発展してきて、今後どのような方向性に向かって進んでいるかを把握してください。

面接の時に、折をみて自分が会社について調べてきたことを織り交ぜるようにしてみてください。

そのようにすると企業側のあなたに対するイメージは大変良くなるはずです。なぜなら、あなたはすでに会社の目線で物事を見ているからです。

もし可能であれば、あなたが企業について疑問に思っていることを尋ねてみることができるでしょう。

その質問は企業側にとっては、あなたが会社の立場にたって物事を考えていることの強烈なアピールになります。では、この分野をもう少し発展させて考えてみましょう。

あなたは面接官をどのように見なしますか?間違っても自分の敵であると考えないようにしてください。 面接官は、あなたが良い人材であれば雇うことを願っており、あなたは企業が良い会社であれば雇われたいと思っています。 それぞれ立場は違えど、目標は一緒ですね。面接官に対して正しい見方をすることができれば、リラックスする事ができます。 それができればあなたは自然に会社の利益を考える心のゆとりを持つことができるでしょう。

効果的に自分をアピールできる人

自分をアピールすることが大切なのはなぜでしょうか?それは、面接時にあなたのことをアピールできるのはあなたしかいないからです。あなたがアピールをしなければ誰もあなたの長所を伝えてくれる人はいません。

そして、企業側が最も知りたいのは、あなたがどんな人間で、何ができるかということです。

アピールの機会を十分に用いなければ、相手はあなたを良く知ることができず、結果として面接は失敗し、お互い時間の無駄となってしまいます。是非とも自分を効果的にアピールしましょう。

そして、あなたが企業に採用されれば、今度はあなたが会社をアピールする立場になります。

もしあなたが面接官だとして、上手に自分をアピールできる人が面接にきたらどう思うでしょうか?将来会社をアピールするための有用な人材だと思うはずです。

自分を効果的にアピールするとは、こじつけたり無理することではありません。ありのままの自分の長所を上手に伝えるだけで良いのです。

多くの人は、私にアピールできる長所などないと思うかもしれませんが、どうぞ安心してください。

あなたはこれまで何かに打ち込んだり、頑張ったことはありますか?部活動だったり、学校の勉強だったり、家の手伝いやアルバイトや他の仕事の経験でも十分にアピールになります。 では、それらの活動を通して何を学ぶことができたかを伝えるようにしてください。 特に頑張ったことも思いつかないという場合はどうでしょうか?あなたの好きなことや、趣味について話すことができます。 この場合、ただ「○○が好きです」「○○が趣味です」と述べるよりそれらを通して学んだことを話すなら、必ず相手に好印象を与えることができます。

私ごとですが、以前大手アパレル企業の面接の際に「あなたがこれまで頑張ったことについて語ってください」と聞かれたことがあります。

私はこの質問を予期しておらず、戸惑ってしまったのですが、以前参加したことのあるボランティア活動について話してみました。

偶然にも面接官の友人にも同じ種類のボランティアに参加していた方がいたらしく、その友人やボランティアの話しでかなり盛り上がりました。

その後は打ち解けた雰囲気で面接を進めることができ、結果として面接に合格することができました。

この例からわかりますように、上手に自分をアピールすることで確実に面接を有利に進めることができます。

野球ではバットは振らなければ当たらないという言葉があります。面接もそれと同じで、アピールすることで何らかの良い結果に結び付けることができます。

決して自信過剰になってはいけませんが、適度な自尊心と自信は必要です。一度自分のアピールできる点を書き出してみてはいかがでしょうか?

自分を見つめなおすことで面接対策だけでなく、もう一度自分自身に自信を与えることもできるでしょう。

面接に選ばれる人はどういう人だったでしょうか?自然体であること、会社の立場で考えること、自分を上手にアピールすることで、決して特別な才能が求められているわけではないことを理解していただけましたでしょうか。

是非実行してみてください、あなたもきっと合格できるます!