読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

【転職者必見】転職に失敗してすぐ辞める人の特徴とは?

【転職者必見】転職に失敗してすぐ辞める人の特徴とは?

転職はキャリアアップのため、業界での人脈を広げるために大変重要なことと認識している人も多いのですが、その反面転職に失敗してしまい転職先をすぐ辞める人も多いのが実際です。

一体こういったミスマッチはどうして起こってしまうのでしょうか。またこういったことを起こらないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。

転職先を直ぐに辞めることで生じる不利益とは

転職先を辞めると様々な不利益が生じてきます。その代表例が職務経歴書に”傷”がつくことです。

雇用する側としてこういった直ぐにやめてしまう人を採用することを躊躇するようになり、その後の転職活動も思うに任せないようになります。

こういった”傷”は重いものであり、書類審査の段階で落とされてしまうことも珍しくありません。

雇う側としては採用とは大変コストがかかるものでもあり、研修の費用なども馬鹿にならないためになるべくリスクは犯したくないのです。

また直ぐに辞めてしまうと失業保険を取得するのも困難になります。失業保険は原則3ヶ月勤めていないといけないのでその期間内に辞めてしまうと失業保険が得られないこともあるのです。

最も恐れなくては行けないのが業界内で仕事を直ぐに辞める人だという評判が立つことでしょう。

小さい業界ですとこれは深刻なことで、仕事のミスなどよりもよっぽど深刻な評判となり自分に帰ってきます。

また転職に失敗すると少なくない人が再就職を諦めることも問題となっています。転職にやる気を無くして労働市場から出て行ってしまうのです。

転職には場合によると新卒就職に比する気力も必要になりますから無理もないことかもしれません。

転職に失敗する人の特徴とは?

転職に失敗する人にありがちなのがとりあえず今の職場を辞めてから転職を考えるという見切り発車の人です。

こういった人の場合、退職後の休職期間も長引きがちでお金に困ってとりあえず就職するということも多いのです。

転職はリスキーな行為です。そういったことを見切り発車でやっては決して行けません。

退職前からしっかりと業界分析を行って転職をしたらどうなのかをよく考えておかないといけません。

また他にもよくあるのが過大な期待を抱く人です。求人には夢を謳うものがおおいですからそういったものに触発されて転職していった場合、現実とのギャップに嫌気が差す人もいます。

また転職先をそれまでの会社での経験から評価するのも良くないことです。そういった評価の仕方をすると当然不満点も出てきますし、転職先企業は転職先企業といった割り切りをすることが大事です。

こういった転職者に共通しているのが自己分析を殆どしていないことです。

転職を決意したら自己分析をしっかりと

転職の多くは自分都合の問題から生じることもあります。

それは自己分析をしっかりとしていないために起こってしまうことであり、転職する前にこの点は必要以上にやっておく必要があります。

手順としてはまずどうして今の会社を辞めたいのか考えましょう。よりキャリアアップしたいのか、それとも労働条件が不満なのか、といったことを洗い出していって転職で何を実現させたいのかといった目標を見極めるのです。

そうして目標を確立したらそれを達成できる企業を探しましょう。キャリアアップしたいのならばより色々な仕事が出来る中小企業に移ったり、職場環境が劣悪ならより安泰な大企業への転職を考えるのです。

このように一本槍を通すことでより転職先も見つけやすくなり休職期間も短くなります。

またこういった作業は退職前に出来ることなので、良さそうな企業が見つからなければ転職を取りやめるのもありです。

こういった自己分析をする際に区別したいのが今の仕事が嫌だ、人間関係を変えたいといった理由からの転職です。

こういった現状から逃げることが目的の転職は転職をしても根本的には解決しないのでで転職が失敗することも多いのです。

転職先の企業が理由での失敗とは?

こうした自己分析をしても転職に失敗することはあります。こうした転職の失敗の多くが転職先の環境が予想以上に悪かった、想像していた仕事をさせてもらえなかったといったような会社側の問題からの失敗です。

これは基本的には企業分析が出来ていないのですが、情報が少ない転職市場もあり、誰もがこうなる可能性があります。

特に労働条件の劣悪さや残業代の未払いが恒例化しているような悪質な会社は注意が必要です。

悪質な企業に転職しないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。その際に活用したいのが実際にその会社に勤めている人の口コミです。

転職サイトなどにはこういった口コミも沢山あり、最も信頼できるものとして活用できます。

また転職先企業を分析する上でその企業の先行きを予見することも大事な企業分析です。

それには色々な方法がありますが、先進的な技術を持っていたり、その業界だけの強みがあるといった企業は当然転職先として有望です。

株価も大変役に立つものです。表面上は景気が良くても株価が低迷な企業は先行きが不安であり、転職先にはオススメできません。投資家の目線で企業分析するということも大事なことなのです。

それとともに見比べておきたいのがその企業の財務諸表です。ポイントはいくつかありますが、その会社がどれほどの最終利益を上げているのかは将来の給料のアップにも関わってくる点です。

それとともに債務状況がどの程度なのかも確認しておきましょう。特に中小企業にありがちなのが転職後に2~3年で潰れてしまうというケースです。

こういった会社は利益が出ていても過剰債務になっていることがよくあります。

またハローワークなどが出している企業ごとの転職後の離職率などは大変参考になるものです。離職率が業界水準よりも高い企業に転職する際は改めて再考した方が良いでしょう。

成功する転職の典型例とは

このような自己分析と企業分析とともに成功する転職の典型例も押えておきましょう。何度転職しても成功する人というのはこういった典型的な成功ケースをなぞっていることがよくあります。

その一つが取引先企業や親会社への転職です。こういった転職の場合、よく相手の会社の事情も分かりますし、それとともにツテを通して転職を斡旋されたり成功することもよくあります。

ビジネスにおいても転職においてもこういった人脈がモノを言うことが多いのです。

それとともに目標が明確簡単な人も転職が上手くいく可能性が高いのです。例えば給料アップしたいといった簡単な目標だけに絞るのであれば、そこまで難しいものでもなく満足できる転職を成功させられるでしょう。

転職先が思ったようではなかった時のリカバリーが早い人も転職では有利です。例え仕事が思ったようではなかったとしてもその環境に直ぐに馴染んでしまえるような人は転職も失敗することが少ないのです。

これは性格の問題ともいえるのですが、こういった転職に向いている性格、そうでない性格があるのも事実であり、自分が転職に向いているのかどうかを20代の内に見極めるのは大事なことで、一つの会社に腰を据えるのかそれとも転職を繰り返してキャリアアップするのかといった違いも出てきます。

このように転職を成功させるには一筋縄ではいかないこともありますが、しっかりと自己分析と企業分析をしていけば基本的には問題は有りません。

より自分の活躍できる職場へ転職するためにもこういった基本的なことは怠らないようにしましょう。