読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

転職の抑えておきたいポイント!転職に成功する人はこれが違う

転職を成功させるための準備

転職の抑えておきたいポイント!転職に成功する人はこれが違う

転職にはさまざまな大きなリスクと障害がつきものです。しかし、それ以上の強い意志と未来への希望を持った人はそれらのリスクをものともせずに、今とは違う未来へと羽ばたくために転職するのです。

転職のリスクはまず、安定性を失うことにあります。下手したら次の就職活動がうまくいかず、失業してしまう恐れもあります。

また障害となるのは現在の職場の対応です。退職の意思を見せたものの、会社側が順調に退職させてくれない場合もあります。

引き止められることはその人の能力を評価してくれていて、会社が手放したくないと思ってのこと。ですので、ある意味ではありがたいことなのでしょうが、転職を志す身としては非常に心苦しいこととなります。

引き止められることはなくとも、後任への引き継ぎがうまくいかなかったり、退職手続きがスケジュール通りに運ばないこともあります。在職中に次の仕事が決まっている場合には、焦りを覚えます。

しかし、これらのリスクや障害を乗り越えて、転職を成功させている人もたくさんいます。転職は自分の努力と工夫次第で、不安材料を克服して成功へと導くことができるものです。

こうした成功した転職は、明るい未来への門出として自分に新たな自信を持たせてくれますし、前職の人間関係を円滑に保ち、人脈をそのまま持ち続けられます。

成功のコツをつかみ、絶好のチャンスを逃さないで転職するために成功のポイントを学んでおきましょう。今はまだ具体的に転職を考えていない人でも、このヒントがビジネスのために活きることもあります。

転職について考え始めたら

転職を考えたら、まず始めることが次の職場、職業探しです。転職というのは多かれ少なかれ、今の職場や仕事が合わないと考えるため始めることです。

自分探しとまでは言いませんが、 改めて自分が仕事に何を求めているかを深く掘り下げるチャンスでもあります。

いきなり仕事を探し始めるのではなく、現在の仕事を振り返り、自分に合った仕事は何か、という基本的なことをまず、再確認しましょう。

実際に、まだ現在の職場に居るわけですから、日々の業務を行いながら自分の感じていることを現実のものとして考えられるチャンスです。

恋人との別れではありませんが、過ぎ去ったことはどうしても自分の中で美化しがちです。あの時はよかった、辞めなければ良かったとならないためにも どこが嫌でどんな理由で転職したいかを現場にいるあいだに分析するのです。

実際に口には出しませんが、考えついたことはメモや日記の形で残しておくと後でする後悔が少なくなります。過去のことを美化してしまうのは、漠然としか記憶していないからです。

そしてたとえ転職が成功しなくても、分析結果を残しておくことでこれで良かったと納得できるようになるでしょう。

とは言っても、なんとしても成功させなくては生活にも支障が出ます。まず第一に給料、生活費を稼ぎ続けなくては生きていけません。

転職活動を在職中に行うコツ

家庭に他に稼ぎ手がいる場合はともかく、在職中に転職活動を始めるのは、仕方のないことです。もちろんほとんどの転職者が経験していることでしょう。

そのことを分かってはいても、職場の仲間が転職活動をしていると分かれば、現在の職場の人にとっては気分の良いことではありません。 現在の職場の人には転職のことは決して話してはいけません。

転職活動を知った時点で周囲の人は見る目を変えます。心情として裏切られたと感じるかもしれません。

退職届を出して本格的な退職準備に入るまでは、仲の良い人にも言わない方が良いでしょう。中途半端に活動してみて、転職を挫折した場合には非常に辛い立場になることが予想されるからです。

最近では在職中の面接の場合、時間外に行ったりできるだけ求職者に都合を合わせてくれる配慮を行っている企業が増えています。そういった温情に甘えて現在の業務にも支障が出ないように心がけましょう。

退職を円滑に行うコツ

転職で最も難題とされるのは、新しい職探しの他では、退職のタイミングです。退職は会社に伝えたからといってすぐに出来るわけではありません。

スムーズな転職には、入社よりも退職のスケジュールが重要な鍵となります。

まず、退職願い、退職届ですが、出す前に必ず上司や責任者に打診しましょう。いきなり届けを突きつけるのは、ドラマの中だけです。そんなことをしたら、社会人として失格のレッテルを貼られてしまうでしょう。

相談の内容は、「会社を辞めたいけど、どうしたらいいですか。」ではありません。

相談すべきは、どうやったらスムーズに迷惑を最小限に抑えて辞められるか、です。実際には次のことを具体的かつ冷静に話し合うことになります。

  • 自分の後任を誰にするか、または新たに求人を行うならその期間
  • 引き継ぎの期間、スケジュールと自分のタイムリミット

転職は時間との戦いです。退職前に次の仕事が決まっていなければ、職探しを急がなくてはいけませんし、決まっていたら入社日までに引き継ぎを終えてきっぱりと退職できるようにしなくてはいけません。

あちらを立てればこちらが立たず、ではありませんが、どちらもバランスよく退職するのは、意外と難しいのです。

一番大切なのは、自分の辞める意思を貫き、より具体的に現実的に誠意を見せて、退職のスケジュールを組むことです。