読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

【必見】職場環境を改善するためのコミュニケーション術

働きやすい職場環境

【必見】職場環境を改善するためのコミュニケーション術

「楽しく仕事がしたい」そう思うのはあなただけではなく、仕事に携わる人は皆そう願っています。

ひょっとしたら、あなたは今の職場環境に満足していないかもしれませんが、安心してください!職場環境は良好なコミュニケーション術を心得ることにより改善できます!

聞くことに早くある

人間のコミュニケーションは双方向であって、話すことと聞くことの両方が関係しています。

お互いが自分の話をするだけで、人の話を聞かないのでは成り立ちません。まず一番に優先すべきことは、相手の話を十分に良く聞くことです。

あなたも人に伝えたいことがあるはずです。それでも、まず最初にすべきなのは相手の話を十分に聞くことであるということを念頭に置いて下さい。 話す時は、相手がしっかりと自分の言いたいことを伝え終えてから話すようにします。

そのようにすると、どんなメリットがあるでしょうか? 1.相手の言いたいことを理解できる 2.相手の意見を尊重していることを相手に理解してもらえる 3.次にコミュニケーションをとることが一層容易になる

まず1についてですが、コミュニケーションという言葉には「相手の考えを理解する」という概念があります。

つまり、ただ相手の話を聞いて終わりというではありません。相手が何を考えていて、何を伝えたいかを見極める必要があります。

実は、これは非常に重要なのですが、実践するのはとても難しいのです。私たち人間の良くない傾向として、先入観や思い込みで相手の考えを決めつけてしまうことがよくあります。

相手の考えを理解するには集中して相手の話に耳を傾ける必要があるのです。

2についてはどうでしょうか。相手の話を真剣に聞くこと自体が相手へ「私はあなたの考えをよく理解したいとおもっています」というメッセージを送ることになります。あなたが相手の考えを進んで聞こうとしてることが相手に伝わります。

そのように感じた相手は、より上手に自分の考えを伝えることができるようになります。 人の表現能力というものは、ストレスがある場合に制限されてしまうことがあり、思っていることを上手に表現できなくなってしまうのです。 あなたの話を聞く姿勢により相手の表現能力を十分に引き出すことができるのです。

3については、当然職場の同僚との関係はずっと続いていきます。ですから、同僚があなたについて、話しやすい人というイメージを持ってくれるようになれば、よりコミュニケーションが容易になります。

もし、逆に「話しにくい」という印象を与えてしまうと、今後のコミュニケーションのパイプが詰まってしまうことでしょう。

次に話を聞くとき避けるべき態度です。 1.何かをしながら話を聞く 2.話を遮る 3.相手の話に過剰に反応する

1は良くある光景で、パソコンに向かって仕事をしている時に話しかけられたとします。

あなたきちんと手をとめて、相手の顔を見て話しを聞くでしょうか?それとも、パソコンに顔を向けたまま相手の話を聞こうとするでしょうか?

もし後者であれば、相手は「今忙しいから話は聞きません」という無言のメッセージを受け取ります。

相手の話す気はそがれてしまうことでしょう。また、あなたの態度がいつもそうであれば、「話しやすい人」という印象はまず得られません。

2もよく見かける光景ですが、相手が話している途中で話を遮ってしまうのです。

この場合のメッセージは「あなたの話より私の話の方が大切だから」です。これが続くと、相手はあなたに対して「人の話を聞かない人」という印象を持つことでしょう。

3はとても大切で、相手の話に過剰に反応すると、相手としてはいい気がしません。

何かを伝えるたびにいちいち事を大げさにされてしまうと、伝える方も気がめいってしまいます。重要なことに関しては尚更伝えづらくなってしまうことでしょう。

肝心な話すタイミングの見極め

では、コミュニケーションのもう一つのポイントは何でしょうか?それは、話すことですが、話す際に気をつけなければいけないこととは何でしょうか?それは、話すべきタイミングを上手に見極めるということです。

どんなに上手な話し方をしたとしても、話すタイミングが悪かったとしたら相手にとってはうれしくないでしょう。

逆にタイミングをしっかり押さえておけば、相手もあなたの話を良く聞いてくれるはずです。では、どんなタイミングは避けた方が良いでしょうか?

1. 相手が忙しくしている時 2. 相手の気分が良くない時 3. 相手が強いストレスを抱えている時

1についてですが、職場ではみな自分の仕事をしています。ただ、仕事が忙しい時とそうでない時というのが確実に存在しますので、無理やり話すことは避けましょう。

相手の仕事がひと段落していて、リラックスしている時に話すなら良い結果が得られます。

2と3についても同じことが当てはまります。相手の気持ちに余裕がない時に話をしても、相手は上手に対応できないでしょう。

結果として双方が不快な思いをすることになりかねませんので、相手の気持ちがどういう状態にあるかを良く考えましょう。

まとめてみますと、相手に余裕がある時に話をすると良いということです。良好なコミュニケーションをはぐぐむためには、相手の状況を思いやる気持ちがとても大切です。 話す前に一呼吸置いて、今が話すべきタイミングかどうかを良く考えましょう。

成功する話し方の心得

話をしっかり聞くことができ、話すべきタイミングを見極めることができました。次はあなたが発言をする番となります。

同じ内容の話をするにしても、どのような話し方をするかで、相手の印象は180度変わります。

では、どんな話し方をすると良いでしょうか? 1. おどおどしない 2. 相手の目をしっかりと見る 3. 何についての話であるかを先に伝える 4. 結論を先に述べて、後で理由を述べる 上下関係の厳しい職場ですと以外に多いのが1で、発言する時に委縮してしまうケースです。

自信のなさそうな話し方だと、相手に「聞く価値のない話」という印象を与えてしまうことになります。ですから、自信がなければ話す準備をして、堂々と話すようにして下さい。

2についても同じことが言えますが、相手の目を見ないで話すとやはり自信がないという印象を与えてしまします。

人の目を見て話すのが苦手だと感じる方であれば、相手の鼻の頭あたりを見るようにすると良いでしょう。相手の目をしっかり見れば、あなた自身の覚悟も決まります。

職場においてはみんなが忙しくしています。相手はあなたが話す時に、まず何の話であるかを知りたいと思うことでしょう。

3にあるように何に関する話であるかを明確にすることで、相手に話を聞く準備をさせることができます。

4についても、人は忙しくしている時には「何が言いたいのか」を知りたがります。それで、結論から話して理由を後で伝えるようにすると、相手は安心します。また、あなたがその結論に自信を持っていることを感じ取ることでしょう。

また、あなたと同僚との間で解決しなければならない問題があるかもしれず、相手にも非があると思えることもあるでしょう。

そんな時に注意したいのは、相手を責める言い方はNGであるということです。相手は職場の同僚であって、敵ではないということを覚えておきましょう。

では、どのような言い方をすることができるでしょうか?

  • 「あなたが○○した」という言い方をしない
  • 「私は○○と感じた」という言い方をする

「あなたが○○した、私を傷つけた」という言い方をするとどうなるでしょうか?相手は責められているように感じ、防衛本能に火が付き、結果として相手もヒートアップしてしまいます。

逆に「私は○○と感じた」というようにすれば、相手を責めることなく自分の感じたことを伝えることができます。

話し方というのは、一つのスキルですから、普段から話す前に考える習慣を培うことは大切です。 エアコンもフィルターがあって初めて人にとって快適な空気を送りだすことができます。 同様に、私たちの言葉も思考というフィルターを経て、初めて他の人にとって聞きやすい言葉となります。 言葉というものは不思議なもので、いつまでも心に残ります。言い方一つで全く異なる結果を生み出す力があるのです。 私たち人間には物事を言語で表現するという素晴らしい能力が備わっていますので、是非それを上手に活用して職場環境を改善しましょう。

コミュニケーションの土台は普段から個人的な関心を払うこと

人は、他の人から純粋な関心を払われるとうれしく思います。用事のある時だけ話をするようですと、どうしても事務的な関係で終わってしまい、コミュニケーションの向上も期待できません。

良好なコミュニケーションのポイントの一つは普段からの気遣いであるということを覚えておきましょう。

職場の同僚もあなたと同じ人間です。自分の家族がいて、大切にしていることがあって、リラックスできる趣味を持っている人です。

普段から同僚がどういう人であるかということを良く知るようにするなら、その人の良い点についてより知ることができるようになります。

相手の良い点について知るようになるなら、今度は自然と相手のことを良く思えるようになります。

相手のことを好意的に思えているなら、コミュニケーションをとることを負担と感じることはなくなります。

あなたは職場の同僚とコミュニケーションをとることをストレスに感じていますか?

あなたがどう頑張っても相手の言動はコントロールすることはできません。それでも、あなたの相手に対する見方は良いものへと変えることができます。 良好なコミュニケーションは心の中から生じるもので、あなたがその人をどう見るかということが関係します。

職場環境を改善するためのコミュニケーション術についてでしたが、いかがだったでしょうか?仕事が大変な時でも、仲間と良い関係が築けているなら必ず乗り越えることができます。

この記事をよんでくださった方の職場環境が少しでも良くなればうれしく思います。