読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

【管理職必見】SNSを仕事に活用するポイントとは

SNS・アプリ活用術

【管理職必見】SNSを仕事に活用するポイントとは

SNSは今や色々な場面で活用されていますが、ビジネスの場面においても例外では有りません。

特に管理職の人などはこういったものを有効に活用していくべきであり、使い方次第でビジネスの可能性が大きく広がるのです。そんなSNSの使い方について見て行きましょう。

SNSで自分を知ってもらう

SNSを使う上でやってみて欲しいのはSNSを通して自分を知ってもらう

ということです。こういったことは米国では当たり前になってきますが、一体どういった良い点があるのでしょうか。

SNSをとおして自分のプライベートな写真や話題をアップすることで、部下にあなたのことをよく知ってもらうことが出来るのです。

人はよく知っている人でないと信頼しないものですから、部下の信頼を勝ち取る上でSNSは効果的です。

あまり心が通じない若手社員ともSNS上でならば色々話せることもあるでしょう。こういったオフィスの融和には大変役立つのがSNSなのです。しかし、注意点もあります。

こういった用途で使う際にはSNSを見るのが義務的にならないように注意しましょう。あくまでSNS上では仕事の話はあまりしないようにするという配慮が必要です。

またSNSサイトを知ってもらわなければどうにもなりません。自己紹介の時に紹介したり、デスクの上にSNSのアドレスを置くなどして告知することも効果的です。

SNSで商談を獲得

SNSは商談相手を獲得する といったようなことにも活用できます。

上手く使えばビジネスの幅が広がるのがSNSであり、管理職ならばこういった活用の仕方も押えておきたいところです。

その際は不特定多数にSNSを公開することになりますから、情報漏洩や炎上などには注意しておきたいものです。そのことについては後に記述していきます。

アメリカのシリコンバレーなどではこういった方法のSNSの使い方が定着しています。こういう用途でSNSを利用する際に発信するのは企業のブランド力なのです。

その企業の製品の何が良いのかといったことをSNSを使ってより多くの人に知ってもらうのです。

この際、SEOなどを使うと簡単に多くの人が見てもらえるようなSNSになり効果も早く出ます。

またSNSは色々な繋がりが期待できるものです。商談相手となりそうな人に積極的に話しかけてSNSの特徴を活かしましょう。

業界のキーパーソンと仲良くなっておくと一気に交流関係が広がるということもあり、是非ともそういった人物とは仲良くなっておきたいものです。

SNSを使う際に注意したいこととは

このように色々な使い方ができるのがSNSですが、それだけに注意して使わないといけません。その一つが企業の機密などの情報漏洩です。一体このような情報漏洩を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。

それにはSNSを特定の人だけに公開するというのがよくある対策であり、効果も高いものです。

それとともに、SNSではそもそも仕事の話はしないというネチケットを徹底することも大事なことです。

情報漏洩とともによくあるのがSNS上で不適切なコメントをしたことによる評判の低下です。

かなり深刻な企業イメージの低下に繋がることもあり、特にトップの人は気をつけないといけません。

こういったことは誰もが気をつけているものですが、ことある毎にSNS上で不適切なコメントをして炎上するといったことはあるものです。

日常生活ではよくあるような考えや話題も不特定の人が除くSNSでは許容されないこともあります。

SNSではまたたく間に情報が拡散するのも怖いところで、誤った情報発信をしてしまうと手が付けられません。

そのために、企業のSNSなどでは何重ものチェック体制をしてフィルターを欠けているのが普通です。

個人でもそれと同じようなことは出来ます。投稿する前に妻や知人に一目診てもらうということもその方法の一つです。

こういったことは自分では中々気づかないようなこともあり、人に見てもらうということは大事なことです。

このような心配も見る人を限定するのであれば無くなります。社員専用のSNSを活用したりといったことは情報漏洩の観点からも大変オススメできることです。

それとともに、投稿する前に自動的に禁止用語や使うべきではない言葉を自動検出してくれるソフトウェアを使うことも最後の手段としてやっておきましょう。これは簡単なことながら効果は高いのです。

万一炎上してしまったり、批判的なコメントが多数寄せられるといった自体になった場合には、最も良い解決策は謝罪 です。

幾らこちらに弁明があろうとも炎上が起こってしまうとまっとうな弁明も出来ません。

謝罪やSNSの閉鎖といった処置をせずに放置したり、逆に反論したりすると更に炎上するのが常です。

こういったことはSNSを使う上での基礎知識と言って良いものであり、管理職教育でも取り上げられるものです。

このようにSNSを使う際には色々な注意点もありますが、上手く使えば得られる果実は大きい物があります。

是非とも上記のようなことを参考にしてこのネット時代を上手く泳ぎ切ってSNSを有効活用してみてください。