読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

プレゼンへの苦手意識を克服し自信満々へと導く5つの裏技

メンタルコントロール術

プレゼンへの苦手意識を克服し自信満々へと導く5つの裏技

プレゼンは上司・他部署・クライアントなどへ向けた重要な発表の場です。当然ながら必死に全力を注ぎこんで取り組みます。

しかし完璧だと思ったプレゼンでも毎回ダメ出しされる、緊張や焦りのあまり上手く出来ないなどの辛い経験をしてしまい自信喪失。苦手意識も生まれプレゼンをする事も嫌になってしまった。

あなたはそんな状態になっていませんか?しかしまだ諦めないで下さい。あなたが苦手意識を克服し、自信満々でプレゼンに挑めるようになる5つの裏技をこの記事でお伝えします。

準備は入念に

入念な準備を早い段階で整える事が大切です。資料の構成や誤字・脱字のチェック、話す内容、プレゼン中の持ち時間、会場の下見、出席者の情報等プレゼン当日に関する事の準備を一切のスキが無いくらい入念に行って下さい。

準備が遅くなったり不足していたりすると本番で必ず焦ったり強いプレッシャーを感じて失敗します。失敗が何度も続いてしまうとプレゼンへの苦手意識が生まれてしまいます。

早い段階で本番まで余裕を持って準備が完了していれば、あとは練習と改善を繰り返すだけです。そうして失敗する要因を全て無くし、誰が見ても完璧と呼べるプレゼンに仕上げる事が出来れば苦手意識は自然と消えてしまいます。

ポジティブ思考で成功をイメージ

プレゼンを成功させるには常にポジティブな思考を持つ事が必須です。「必ず成功する」、「絶対に上手く出来る」と自分に言い聞かせてプレゼンに臨んで下さい。思考は行動にも影響するので良い結果に結びつきます。

逆に「失敗するかも」「上手く出来なかったらどうしよう」などネガティブな思考を持っていると悪い結果をもたらし、結果プレゼンへの苦手意識につながってしまいます。

ポジティブな思考は、事前の準備と練習をこれ以上ないくらいに完璧にし自信をつけ、成功する自分のイメージを想像し続ければ自然と頭の中に持つ事が出来ます。

練習はウソをつかない

ひたすら練習し絶対的な自信を身に付ければ、苦手意識を克服する事が出来ます。プレゼンは数をこなせばこなす程、完璧なものへと磨かれていきます。なので常に本番だと思い練習を繰り返すのみです。

自分の姿を確認する為の鏡を用意、上から下まで本番当日に着る服を着用、実際の資料を手に持ち、ストップウォッチで時間を計りながらプレゼンの予行練習を開始して下さい。

予行練習中は時間、姿勢、喋るスピード、滑舌、身振り手振り、目線が下がっていないか、資料を読み飛ばしていないか等を厳しくチェックして下さい。納得の行くまで何度も何度も繰り返して下さい。

そうする事で本番当日に自信満々でプレゼンへ望む事が出来ます。

人前での練習が肝心

プレゼンの練習はどんどん人前で行って下さい。どれだけ自分で厳しくチェックしていても自分では気付かない改善点は多々あります。人に見せる事で改善点を全てあぶり出しより完璧なプレゼンを作り上げていきます。

ポイントは、特定の1人だけにいつも見てもらうのではなく様々な人に見てもらう事です。1人だけでは意見が偏ってしまったり見逃してしまう部分があるので、様々な人に見てもらう事でそれを補う事が出来ます。

出された意見は素直に受け入れプレゼンへと活かして下さい。また、本番の出席者と同じ人数を呼び、事前に練習を重ねておく事で大勢の前でプレゼンをする事に慣れておきます。

そうする事で、大勢の前でプレゼンを行う事への苦手意識や緊張が無くなり素晴らしいプレゼンを披露する事が出来ます。

ミスを受け入れる

何のミスもしない人間はこの世にいません。なので、多少ミスをしたって気にしないで下さい。ミスする事を受け入れ、気持ちにゆとりを持つとプレゼンへの苦手意識を克服出来ます。

逆に、「絶対にミスをせず完璧にプレゼンをこなさなければならない」と思っていると心に強いプレッシャーを感じ大きなミスをしてしまいます。そうならない為にも、ミスを受け入れる心を持ちましょう。

またミスをする度に多くの改善点が見つかります。その都度、改善をしていく事で将来的にミスの無い完璧なプレゼンが行えるようになります。

プレゼンが好きになります

あなたは今回お伝えした5つの裏技をしっかり実践する事で、あれほど苦手意識を持っていたプレゼンに毎回自信を持って挑め成功も同時に収めるようになります。 成功を繰り返していく事で自然とプレゼンを好きになれます。好きになればもっと情熱を注げるのでクオリティも高くなっていきます。そうなればプレゼンなら、あなたが1番と社内で評判になる日も遠くはありません。