読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

転職者必見!満足度の高い転職を成功させるコツとは?

転職を成功させるための準備

転職者必見!満足度の高い転職を成功させるコツとは?

転職はどの年代の人にとってもある程度のリスクを伴うものです。転職期間が長引けばそれだけ収入からも遠ざかってしまいますし、何と言ってもますます仕事に付きづらくなるという悪循環が生まれます。

一体、満足度の高い転職を成功させるにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。そのコツをこれから転職を考えている人にご紹介していきます。

業界のニーズとインセンティブ

最近では転職市場にも大変多くの求職者が溢れていて昔のように条件が合えば直ぐにでも仕事が見つかるというのではなくなってきています。

転職をするに当たってもちゃんとした試験を受けて段階を経ないと行けないようになってきてしまったのです。

とはいえ、こういったことは何もマイナスの面を持つものではありません。それだけ一つの会社から正当に評価してもらえるということでもあり、入社してからのミスマッチが減るということもよくあります。

何と言ってもこのような試験を経て採用されると十分な研修を通して大事にしてもらえるのです。

しかし、転職者の試験と新卒の試験は全くその性質を異にするものであります。この点をよく考えずに面接に望んでしまう人が多く、何故落ちたのかも分からずに色々な会社を焦って受け続けるということにもなりかねません。

転職をする上で押さえておきたいのはこういった転職者を迎え入れる会社の考えです。一体どうして転職者を採用するのでしょうか。このことについて十分に認識を深めることが満足度の高い転職を成功させます。

これは業界によっても違ってきます。例えば銀行業などでしたら、同業他社からの転職者を迎え入れることで、情報交換とともに人脈の形成といった効果も期待しているわけです。

そのためにこれから就きたい業界の転職者に対するニーズを知っておくことが大事です。

こういったニーズは業界人でないと分からないということもあります。

一番いいのは採用担当者に知り合いがいるとピンポイントでニーズが解るのですが、そういった知り合いが居なかったらそれまでにどういった人が採用されてきたのかを調べることでもこういったニーズを把握することは可能です。

それとともに押えておきたいのが会社の気にする事柄です。採用担当者にとって転職者がどうして転職を決意したのかということは大変重要な事なのです。

折角採用したのにまた転職していってしまったのでは経費の無駄にもなります。

また採用担当者はこのまた転職していってしまう転職者を恐れます。それだけその担当者の評価が下がってしまうからです。そのため幾ら能力があっても採用担当者にこういった点で見込まれなかった場合、採用はおぼつきません。

このように業界のニーズを知り、そして採用担当者のインセンティブを知ることは転職を成功させる上において大変重要になってきますので覚えておきましょう。こういったことはどんな業界に行く上でも押さえておくべき基本として持っておきましょう。

転職市場において強みを見つける

よりよい条件の会社に採用してもらうには自分の強みを認識してアピールしていくことが欠かせません。

特に最近は転職において競争が激しくなり、ノウハウも普及しつつあるからこそ、この点を意識しておくことが大事です。

一体自分の強みとは何でしょうか。それは人によって異なってくるのですが、してはならないのは新卒の感覚で考えてはいけないということです。

新卒の場合はそれまでのサークル、セミナー、OJTなどなどの経験からこれこれの経験をしてきましたといった強みを見つけ出すことが出来たかもしれません。

しかし、こういったものは一度卒業してしまったら有効なものではありません。

寧ろこういった大学時代や学生時代の活動を強みとして主張するような転職者には余り魅力がないものと見なされがちです。転職者なのですからそれまでの仕事の経験で強みを発揮すべきです。

それまでのプロジェクト内容でもいいですし、単純な業務内容でもいいでしょう。重要なのは主体的に自分の仕事に関わってきたかどうかということです。こういった仕事への取り組み方から採用担当者はあなたを見ていくのです。

この際、非常に役立つ強みが人脈や特定の会社での経験です。特に大企業に勤めていた人にとって人脈は非常に役立ちます。積極的に主張していくべきところでしょう。そのためにも辞める前に人脈構築に励むことが大事です。

また資格というのも業界によっては大変獣王な武器になってきます。特に建築、電気、施工などなど実務系の業界であればそういった資格の影響は大きい物があり、転職してから資格の重要性が理解できたという人も多いのです。

そのために資格を取得してからの退職も大変有効です。特に実務経験が必要な資格は転職においてはあなたのとっておきの強みとなるものです。

こういった資格は是非とっておくことで、社内の報奨もあるところが多いですし、いつ転職しても引く手あまたという状況にもなり得ます。

転職するならよりグレードの低い会社へ

満足度の高い転職を成功させる上で重要となってくるのが業界内でのグレードです。こういったグレードは一概に大企業、中小企業の括りに縛られないことがあります。

基本的に言えば大企業に勤めていたのであれば中堅企業以下に転職すると大変満足度の高い転職がし易いのです。

これは特に中小企業のや中堅企業にとって大企業の社員の人脈というものは大変有用であるというのみならず、本来は新卒採用で撮りたかった社員をこういった転職採用で取ることが出来るからです。

そのために、大企業からの転職者はこういった企業では大変待遇の良く採用されることがよくあるのです。

とくに、転職しても今の給料以上のものが欲しかったり、管理職として直ぐに働きたいという人はこういったグレードの下げた転職は大変有効です。

では逆に中堅、中小企業から大企業への転職はどうなのでしょうか。実際のところ、多くの業界ではこういった転職は余り多くはありません。

大企業に転職で入ってくるのは違う業界からの人や同じ業界の大企業ということが多く、大企業は大企業同士で人をやりとりするという仕組みが多いのです。

大企業に転職するには

幾ら中堅、中小企業からの転職が難しいとは言っても、矢張り大企業は魅力的であり、転職において目指すべき有力候補でしょう。そんな大企業に転職することも方法次第では無理ではありません。

実際、新卒採用時は大企業には入れなくても経験を積んで大企業に入り直したという人は多く居ます。こういった人たちはそれだけの努力と計画を持っていることが多く、大企業に転職したい人は諦めないことが大事です。

それとともに、大企業の場合、急にドサッと転職者を受け入れることがあります。こういった転職は不定期であり、その試験内容も様々ですが、ある程度ウンのようなもので入れるということは共通しています。

こういった求人はスグに埋まってしまうために求人HPにも載っても直ぐに無くなってしまうほどです。

こういった求人はどういったものなのでしょうか。そのパターンは色々ありますが、その一つが新卒採用や転職採用した人からドロップアウト組がかなり出て必要数の新人を確保できなかった時です。こういったことは特に大企業では起こりがちです。

逆説的ですが、大企業に入社できるからこそ他の会社でもやっていけると思ってしまいがちなのが新卒採用の特徴でもあり、そのために年度によってごロット辞める年があります。こういったチャンスを狙って応募していくのが大変有効です。

待遇も新卒採用待遇などの大変有利な条件であることが多く、難しい何ヶ月にも渡る試験を受けないでも入れることもあります。そのために穴場といってよいものですが、それだけ直ぐに埋まってしまいがちです。

他にも大企業に転職する際に試してみて欲しいのが”一芸採用”です。こういった制度はそもそもない会社も多いのですが、例えばIT会社であればプログラムを提出することで選考に換えるといったことも行われています。調べて見る勝ちはある転職方法です。

エージェントをもっと活用しよう

特に転職が初めてという人にとっては転職の仕組み自体がよくわからないということもあるでしょう。そういった人でなくても転職は情報が少なくて対策がしづらいものです。それ故に転職エージェントのりよう価値は高まります。

こういったエージェント会社は大変豊富な情報網を持っています。何処でどういった転職の説明会があるかといったことは網羅しにくものですがこういった会社に登録しておくだけで情報が降りてくるのです。

転職だからといって侮って何の対策なしに転職の試験を受ける人が多いからこそこういった点で有利に立つことは大事です。それとともにエージェント会社から得られるものはこれだけでっはないのです。

特に役立つのが、採用された後の待遇などの情報です。こういった情報は正にエージェント会社ならではでしょう。

エージェント会社なんてなくても転職できると考えている人にも転職後に後悔しないためにもこういった情報は入手して起きましょう。

採用後にどういった研修があり、どれくらいの期間を試用期間として働かねばならず、どういった部署に配属されるのかといったことは転職を成功させる上でとっても大事です。

というのも一度就職したことがあるために、それまでいた会社といろいろ比べてまた転職してしまうという人が多いからです。こういったミスマッチをエージェント会社は大きく減らしてくれます。

このように転職を成功させるには色々な配慮と情報が必要ということがお分かりいただけたかと思います。

転職を成功させるには新卒時と同じくらいの注意が必要であり、業界のニーズとインセンティブ、そして自分の強みを生かしていくことが大事なのです。満足な転職を成功させるためにこういった情報を役立てて貰えたら幸いです。