読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

社会人の基礎力!仕事中にダウンしない健康管理法とは?

社会人の基礎力!仕事中にダウンしない健康管理法とは?

社会人にとって自分の健康に気を使うことは当たり前だとされているがゆえに逆に社内教育などでも教わる機会のない事柄でもあります。

そのために自己責任の意味合いが大きい、健康管理なのですが、重要な仕事やプロジェクトの合間で病気でダウンしてしまうとそれだけで出世などに響くことさえあるのです。

社会人なら押えておきたい健康管理のポイントについてご紹介します。

病気で蒙るリスクとは?

まずは健康管理を怠り、病気になってしまった時にどういったことになるのかを十分に理解しておきましょう。

軽いものでも重いものでも病気で蒙る 不利益 は想像以上に大きい物があります。

特に評価を下げてしまうのがしょっちゅう風邪や早退などを起こしてオフィスの生産性を下げてしまうような人です。

こういった人はオフィスの仕事を遅らせるとして仕事が回ってこなくなったり、健康管理も出来ないという烙印を押されることもあります。

急に襲ってくる急病なども不運なことですがあなたの出世を阻んでしまいます。

多くの企業では昔のように同期で一緒に出世していくということは少なくなってきており、昔よりもこういった急病は怖いものがあります。

気づいたら窓際族になっていたということにもなりかねません。

病気というものは昇進には関係ないというのは大きな間違いなのです。寧ろ、管理職になり責任が重くなるに連れて病気持ちや体が弱い人はそれだけでそういったポストに就けるのは上司からして怖いことなのです。

そのために丈夫な体を作っておかねばなりません。

このような病気本来の持つリスクと共にあなたの将来にも関わってくるのが病気による問題であり、何よりも予防してかからないようにするのが一番です。

では一体どのようにしたらよいのでしょうか。

予防は何よりも勝る

基本的には病気にかからないというのが一番大事なことになってきます。そのためにはぜひともやって欲しい予防のポイントがあります。

その一つがワクチン接種です。例年色々な流行りの病気がありますが、こういったものはワクチンでほとんど撃退できるのです。

また子供の頃にしたワクチン接種は大変効果があるのですが、20代の半ばになってくるとそういったものが効き目をなくしてきます。

特に感染病系のワクチンハ学校では誰もがさせられますが、そういったものの効き目は年をとるとめっきりと効果をなくしてくるのです。

それとともに社会人にとって問題になってくるのが生活習慣病です。働き盛りの頃に猛威をふるうこういった病気は予防が大変効きやすいものでもあります。

こういった生活習慣病を引き起こす因子は色々ありますが、飲酒はその大敵です。

社会人になると誰もが必要以上に飲んでしまうものですが、こういった飲酒行為は肥満体質を招き生活習慣病を引き寄せます。

飲まない努力は難しいものですから、なるべく運動量を増やすしかないのが社会人の健康管理の鉄則です。

運動量を増やすといっても忙しい社会人にとってやるべきことは他にも色々あります。

とはいえ一日5分の筋トレ、昇降運動などの簡単な運動でも長い年月で見ると大変大きな効果を持ってきます。

自分のできることを見つけることが何よりも運動量を増やすには最適です。

これは週末の趣味のゴルフや犬の散歩でもなんでも良いのです。とにかく週にある程度体を動かすことで、生活習慣病のリスクは激減します。

この際のポイントはなるべくストレスがない運動法を選ぶことです。社会人にとってストレスフルな運動法は長続きしません。

また不規則な生活習慣も大敵です。しかしこれも残業などによってしたくもなくてもしてしまう人が大半です。

そのためにサプリやマッサージなどを有効に活用してこういった不規則な生活を緩和していくことが有効です。

社会人の大敵!ストレスをなくそう

社会人にとってストレスはあらゆる災禍を招き寄せるものです。ほとんどのサラリーマンがストレス過多であり、毎日非常に大きなストレスを抱えてしまっています。

こういったストレスは生活習慣病のみならず精神疾患や生活の乱れをもたらします。

気をつけていても ストレスはどうしても生じてしまいます 。そのために、ストレスの供給を減らすことは諦めてしまって溜まったストレスを発散させるということの方がサラリーマンには大事になってきます。

ストレスの解消法は様々ですが、オフィスでも出来るのが軽い筋トレです。筋トレはストレスを感じた場合の能の緊張を大変和らげてくれます。

ストレッチも有効であり、休憩時間に屈伸運動や蹴伸びなどの軽いストレッチでも効果は十分です。

ペットを飼ったり自分の好きなことをするのも大変ストレスを和らげてくれるものです。

こういったストレスの解消法を若いうちに見つけることがその後の人生において大事になってきますから早いうちに自分のストレスとのつきあいかたを学びましょう。

ストレスは徐々に蓄積されていくものであり、気づかぬうちに精神を病んでしまうというケースも沢山あります。

そのために日記などを書いて自分のストレスの状況をしることは大事です。自分の考えを文字にすることでどれほど疲れているか、ストレスを感じているかがわかりやすくなるのです。

病気になった際のアフターフォロー

幾ら注意していても病気にはなってしまうものでもあります。こういった時に賢く同僚や仕事への アフターフォロー をする方法を知っておくだけでその後のあなたの立ち位置もずいぶん違ってきます。

病気をしてしまったら軽いものであれ重いものであれしっかりと上司に報告しましょう。

こういった報告をするだけで上司の顔を立てることにもなります。これは小さい子とですが、あまり励行されていないもので、是非試してみて欲しいものです。

また病院に入るなどの重い病気でもオフィスとの付き合いはなくさないようにすることが大事です。

さもないと仕事の進み具合もわからなくなりますし、情報も全く入ってこなくなります。とはいっても別に毎日オフィスに電話を掛ける必要はありません。

SNSに顔を出したり、自分のブログに闘病の記録を認めるなどして、病気の自分を知ってもらうことが大事です。

どこかで同僚に思い出してもらえるだけで事ある毎に見舞いにも着てくれますし、復帰した時にちゃんと席が残されているものです。

それとともに肝心なのが復帰した時にちゃんとオフィスの全員に簡易な報告でもいいから場を設けてもらうことなのです。

こういったことをするだけでただ休んでいただけではなかったのだと気づいて貰えますし、直ぐに仕事に入って行くことが出来ます。

こうしたことをちゃんとせずに何もなかったかのように仕事に戻るという人が多く、オフィスの摩擦などを産んでしまいがちです。このようなことは社内教育でも取り扱われることのないことであり、それだけに自分から身につけていくべき知識です。

いずれにせよ、病気になったのはあなたの責任ではなくてもオフィスの同僚に迷惑をかけているという意識はしっかりと持っているべきです。

こういった謙虚な姿勢が復帰を早め病気によるフリな評価を生じないコツなのです。

このように病気はサラリーマンにとって大敵であり、なるべく予防に努めることが肝心であることを見てきましたが、何と言っても個人個人の健康管理がこれほど明らかになることもありません。

こんなことで不利な評価を得ないように日頃からしっかりと病気と向きあいましょう。