読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

派遣社員は正社員に劣りません!派遣社員の3つのメリット

派遣社員は正社員に劣りません!派遣社員の3つのメリット

知り合いや誰かに「あなたは社員として働いているのですか」と聞かれ、「いいえ、派遣です」と答えると、「あ、派遣か…」と、何だか感じの悪い返答が返ってきますが、派遣社員さんも立派に仕事をしています。ただ、その会社に所属していないと言うだけの違いです。

ですが、福利厚生や、将来的な事を考えると、正社員の方が安定しているから、派遣社員はアルバイトみたいなものだと頭の中で思っている人がたくさんいるので、先述したような会話が今でも平然と行われているのでしょう。

でも、派遣社員さん自身がそれを卑下する必要はありません。

ここでは派遣社員さんのメリットについていくつか紹介します。派遣社員だって正社員に劣りませんし、人生という枠で考えれば、正社員でいる事よりもずっと良いかもしれません。

派遣社員である事を気にしているのであれば、これらのメリットを頭に入れておいてください。

残業代がきちんとつくのが基本です

ある会社の正社員の方、もしくは契約社員もそうですが、今の時代、残業代がつく会社とつかない会社だったら、間違いなく後者の方が多いですよね。それが問題で、労働局に誰かがそれを密告し、会社に調査に入るという事も少なくないケースです。

しかし、派遣社員に関しては、基本的には残業代が出る仕組みになっています。 これはアルバイトの仕組みと同じような感じで、働けば働いた分だけ、会社は支払わなければいけません。それは、おそらく、派遣契約をした時点で契約内容の中に書かれている事だと思います。

何故、支払いが発生するかと言うと、派遣社員は派遣会社を通して、ある会社に派遣社員として派遣されます。

ですから、人をレンタルしてもらうということですので、借りた時間分、レンタル料金を派遣会社に支払わなければいけません。そして、派遣会社は派遣社員さんにその一部を支払うという仕組みになっています。

正社員の多くは残業代が貰えないのに対し、派遣社員はきっちりそれが出るので、正社員よりも給料を多く貰っている人もかなりいると思います。

時間の調整が利きやすい

これは特にプライベートを優先したい方には派遣をする上で大変メリットになる事でしょう。

さらに言ってしまえば、お子さんがいらっしゃる方であれば余計にそうですよね。保育園の時間もあるでしょうし、それから夕ご飯の支度やら寝る支度もあって、夜もお母さん達は大変です。

それで、正社員として働いているとなると、気軽に18時定時であれば、18時ちょうどに毎日出てくるというのは、日本の風潮で言えば、他の人が見ててあまり良いものではないでしょうし、もしかしたら、上司からも「あまり役に立たないな」と思われているかもしれません。

ですが、派遣社員であれば、むしろ、派遣を雇っている企業側としては定時通りに帰って欲しいと思っています。 というのも、先述した通り、残業をすれば、支払いが発生してしまいます。しかも、派遣社員に入る給料は数千円かもしれませんが、派遣会社に支払う代金はもっとしますから、余分なお金を払いたくないはずです。

なので、常にと言っていいくらい定時で帰れる事は間違いありませんし、休日出勤なんて尚更ありませんから、自分の思い通りの時間で仕事をして、後はプライベートの時間に使えるので、働くお母さんたちにとってはとてもありがたいことです。

もちろん、独身の方であっても、プライベートの時間が増えるので、夜はお稽古ごともやろうと思えばできますし、ステップアップのために英会話教室に通ったり、専門知識を身につける学校に通うことだってでき、もっともっと色んな職種の企業に派遣される可能性を作り上げることだってできますよね。

ダブルワークができます

ダブルワークとは、本業を派遣社員、副業に何かをするという事です。

一般的に、正社員や契約社員は副業をする事は禁止です。ですから、例え給料の安い会社に入って、毎日カツカツの収入で暮らしていても、それを補うために、どこかで夜はアルバイトをするなどはできません。

ですが、派遣社員はこれができるのです。というのも、派遣社員は企業に属していませんから、アルバイトを掛け持ちするというような感覚で、昼は派遣で、夜はアルバイトなどという働き方ができてしまうので、お金を稼ぎたいだけ稼ぐ事ができます。

しかも、一般的には派遣社員はアルバイトより高額の収入ですから、昼間はあるバイト以上に儲けられますし、夜はアルバイトとしてどこかのお店で働くのであれば、22時以降の仕事は深夜手当も付きますから、更に収入を増やせる事になります。

職歴欄にも記入する事ができますし、経験として扱われます

派遣社員として、例えばAという大きな企業で1年間働いた経験があります。それはもちろん、あなたの履歴書に書く事ができますし、胸を張って書いて良いことです。

そして、その会社を辞めて、次の会社に派遣をする際にも、大手で働いたという事が注目され、即採用という事になるでしょう。

もちろん、この大手での派遣勤務で、例えば経理をやっていたとしたら、大手企業の経理を経験したという肩書が派遣社員であっても出てきますから、将来、派遣社員としてではなく、正社員として働きたいなと思った時に、面接官はあなたが派遣であった事は重視せず、大手で働いていたという事に注目して、採用が決まりやすくなるでしょう。

ですから、できるだけ多くの職種、多くの大手企業で、経験を積みましょう。経験というのは就職や転職時には1番大切なこととなるポイントですから、経験を増やしましょう。ですが、もちろん、すぐには辞めずに、できるだけ長く働けるように努力しましょう。

派遣社員さんは、企業側が「次の契約は更新しません」と言われてしまえばそれまでですから、少しでも長い期間、その会社に居させてもらえるためにも、仕事は一生懸命頑張り、成果も出しましょう。

派遣社員というのもメリットがたくさんあると思いませんか。もう派遣社員は正社員より劣っているなんて言わせないでください。多くのメリットがありますし、派遣だからこそできることだってたくさんあるのですから。