読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

転職を希望する人へ、成功のための傾向と対策

知っておくべき転職ノウハウ

転職を希望する人へ、成功のための傾向と対策

学生生活に終わりを告げ、夢いっぱいで飛び込んだ社会人の世界。多くの人がこの職場に骨をうずめるという覚悟で就職したことでしょう。

しかし現実にはいろいろな壁にぶつかり、こんなはずではなかったのにと悔やむこともあるかも知れません。そしてとうとう行き詰まったとき、人は転職という道を選ぶのかも知れません。

さて、学生生活の最終年に就職するのに比べ、転職はその何倍も厳しいのが現実です。よほど仕事力を見込まれてヘッドハンティングされる場合は別ですが、自分で転職先を見つけるのは至難の業です。

そこで転職希望者をサポートするために、世の中にはいろいろなシステムが存在しています。そのいくつかをここでは紹介したいと思います。

転職サイト

まず、転職を希望する場合、転職サイトに登録することから始めてみましょう。通常は無料登録するだけで、様々な求人情報を得ることができます。

そしてそこに掲載された多くの求人・転職情報の中から、自分が転職したいと思う企業を自分で探し出すのです。

転職サイトによって、情報量の多い分野とそうでない分野がありますので、できれば、複数の転職サイトに登録されることをおすすめします。

このように転職サイトというのは、自分で求人情報を調べながら、自分のペースで、転職先を探すのに向いています。

しかし、いくら情報がたくさん得られても、自分で転職先を探していくのは苦手であるという人もいます。

また、自分一人で転職先を探すのはとても不安があるから、誰かに相談し、サポートを受けながら探したいという人もいるでしょう。そのような人には、転職エージェントを利用されることをおすすめします。

転職エージェント

転職エージェントは、専門のスタッフによる転職支援サービスが受けられるシステムで、転職サイトに比べて、個々の企業に関する、より詳しい情報を教えてくれます。

たとえば、この企業では面接でこのようなことを尋ねられるとか、この企業はどういう人材を求めているなど、企業別の傾向と対策についてかなり詳しく情報を提供してくれます。さらにはその企業の社風などについても教えてくれます。

その上で、転職希望者の合格可能性についても診断してくれるなど、至れり尽くせりで、転職希望者が、転職活動を終えるまで徹底してサポートをし続けてくれます。

ですから、自分一人で積極的に転職活動をしづらいという方には転職エージェントが向いているでしょう。

アピールする点

次に、転職を希望する人がどういう点をアピールしていけば合格可能性が高まるのかという点についてご説明します。よくある勘違いは、履歴書に書かれた自分の保持資格について、一生懸命アピールしようとすることです。

一般に学生が就職活動をする場合は、保持資格を一つの潜在能力として評価することもあるでしょうけれども、転職の場合は、資格はほとんど関係ありません。

それよりも、即戦力として求められているのですから、自分には何ができるのかということを頑張ってアピールするべきなのです。

例えば、業界としては、現在、IT関連業界が慢性的に人手不足になっている傾向にあります。つまりシステムエンジニアなどの技術者が不足しているという現状にあります。

従って、IT関連業界に転職したいのであれば、ネットワークやプログラミング等に関する保持資格をアピールするのは筋違いです。

それよりむしろ、自分はネットワークのどういう作業ができるのか、どういうプログラミング言語を駆使できるのか、そしてその実績などを頑張って面接官に伝えるようにしましょう。そうすれば合格の可能性も高まっていくのです。

このように、就職と転職とでは、企業の求める人材の観点も異なりますので、その違いをふまえた上でしっかりと対策を考えておきましょう。