読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

転職面接の前日にしておきたい5つのこと~成功へのカギは準備

転職を成功させるための準備

転職面接の前日にしておきたい5つのこと~成功へのカギは準備

転職活動のメインになるのは、言うまでもなく面接です。面接は新卒の際の就職活動中に、幾度か経験している人がほとんどでしょう。それは貴重な経験ではありますが、経験があるだけに「面接のことはわかってる」と考えてしまいがち。

面接を軽視する人はいないでしょうが、つい準備を怠ってしまう人が、転職の場合、少なくありません。これは大変危険なことです。

事前にじゅうぶんな準備をし、適度な緊張感をもって臨んでこそ、面接の通過率はアップするのです。ここでは、転職面接の前日にしておきたいことを5つ紹介します。この5つを意識的に行うことによって、面接に対するモチベーションが高まるはずです。

1. 履歴書と職務経歴書のチェックをしましょう

面接の前日に必ず行うべきなのが、提出した履歴書と職務経歴書の最終チェックです。手元に控えやコピーがあるはずですから、それをもう一度、隅から隅まで熟読し、細かいところまで自分でチェックしてみましょう。

これを行っておかないと、実際の面接時に、自分で提出した書類内容とことなる説明をしたり、ちぐはぐな答えを返してしまうことにもなりかねません。

人間は「思い違い」や「記憶違い」をする動物です。そういうことのないように、細かく厳しく自己確認しましょう。

もし記載内容に間違いがあることを発見したら、面接時に自分からその点を面接官に告げて、間違いを訂正しましょう。間違いを訂正しないまま面接を受けると、話に矛盾が出てくるおそれがあるからです。

また、自分から間違いを申告することによって、「正直さ」をアピールできるというメリットもあるのです。

2. 面接のイメージトレーニングをしましょう

つぎに、その履歴書と職務経歴書をもとに、面接のイメージトレーニングをしてみましょう。想定される質問とその答えについては、すでに準備はできているはず。その最後の復習と、新たに思いついた想定質問があれば、それに対する答えを考えてみるのです。

その際、できるだけリアルに面接のシーンを思い浮かべながら、想定問答を行うのがコツ。大事なのは、このイメージトレーニングによって、適度な緊張感を持つことなのです。

というのも、特に年齢が高い転職者は、面接時に緊張感が薄れ、フランクすぎる言動をしてしまいがちだからです。人生を左右する重大なシーンであることを再認識して翌日を迎えるための、いわば、わざと自分を緊張させるための準備と言っていいでしょう。

3. 翌日に着ていく服と持ち物をすべてそろえましょう

翌日の面接に着ていく服と持ち物をチェックするのも、前日にすべき大切なことです。これも、新卒時の面接の時はしっかり準備する人がほとんどですが、転職になるとなおざりにされがちです。

万が一、翌朝寝坊して、5分で家を出るような事態になっても、忘れ物をしないで家を出られるように、前日にすべてそろえておくことをおすすめします。

また、この準備をすることによって気が引き締まり、モチベーションが自然と高まるという効果もあります。靴のチェックもお忘れなく。

4. 面接が終わったあとの「楽しみ」を作りましょう

ここまでは、緊張感を高めるための準備でしたが、それだけでは精神的につらくなってしまいます。ですから、一つ、緊張を緩和する準備もしておくといいでしょう。

それは、面接終了後の時間の過ごし方についてです。たとえば、面接を受ける会社が都心にあるような場合は、面接が終わったあとで、その近くのデパートやファッションビルでのショッピングや、ちょっとグレードの高い食事を考えてみるのです。

面接後、グルメサイトで紹介されているような人気店でプチぜいたくを楽しむ。あるいは、観たいと思っていた映画を観る。そんな想像をするだけで、気持ちはずっと楽になります。

「厳しい面接を全力で乗り切れば、そのあとでこんな楽しみが待っている」と思えば、前向きに面接に臨むことができるでしょう。 つまり、面接後の「自分へのごほうび」を前日に決めておくのです。

5. 無理に早く寝ようとするのはやめましょう

もう一つが、無理に早く寝ようとしないことです。「明日は大事な面接。寝不足で臨むわけにはいかないから、今日は早く寝よう」と考える人が少なくありません。しかし、これは逆効果になってしまうことが、大変多いのです。

緊張感や高揚感から、そうでなくても面接前日はなかなか寝付けないもの。それを、いつもより早く寝ようとするのは、無理がありすぎます。

面接自体は、翌日のごく短い時間で終了するものです。ですから、たとえ前夜一睡もしていなくても、それが原因で面接がうまくいかないということは、まずありえないのです。

寝付けなければ、好きな音楽を聴いたり、あまり頭を使わないタイプの本を読んだりして、静かに過ごしましょう。そのほうが、布団の中で悶々とするよりも、ずっと精神的に落ちつけるはずです。

以上、転職面接の前日にしておきたいことと、心構えについてお話ししました。

大切なのは「自分はじゅうぶんすぎるほどの準備をした」という自信を持つことです。そのために、面接前日を充実した一日にすることをおすすめします。成功への道は、準備によってのみ開かれるのです。

成功をお祈りします。