読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

転職面接の鍵は自己PR 5つのアピール方法で成功率アップ!

転職時の面接対策

転職面接の鍵は自己PR 5つのアピール方法で成功率アップ!

転職を成功させる鍵はいくつかありますが、最大の鍵は「面接での自己PR」です。面接で自己PRが重要なのはいうまでもありません。しかし、「自己PRをしてください」という質問に答えるのだけが、自分をアピールすることではないのです。

また、新卒の就職と転職では、自己アピールの仕方はまったくちがってきます。ここでは「転職の面接」に限定して、成功させるための自己PRの5つのポイントを紹介しましょう。

1. 「印象」が自己PRの基本

自己PRというと、ほとんど人が「言葉によるアピール」と考えるでしょう。もちろん言葉で自分の強みをアピールすることは不可欠です。しかし、それ以前に重要なのが「見た目や印象」などによるアピールなのです。

好印象を与えるために、穏やかな表情や正しい姿勢が大切なのは言うまでもありません。

新卒の面接ではそれだけを留意していればいいでしょうが、転職となるとそうでもないのです。というのも、転職者には「面接慣れ」という印象を与えてしまう人が少なくないからです。

特に複数回の転職を経験している人は要注意。面接慣れしているために、ともすれば緊張感が希薄になり、馴れ馴れしいような印象を面接官に与えることになりかねません。

大切なのは、緊張感です。服装もできるだけ新卒者に近いものを着るようにし、面接官から質問された範囲内で答えるように気をつけましょう。 過ぎた愛想のよさや、しゃべりすぎは要注意。転職の場合、緊張感と節度を持って面接に望むことがなにより大切になります。「真面目さ」を印象づけることは、あらゆる職種のあらゆる面接で有効な、基本の自己PRなのです。

2. 職歴そのものが自己PRになる

新卒の面接との一番の違いが「職歴がある」ということです。そして、その職歴そのものが、立派な自己PRなのだと認識することが必要です。

たとえ、面接試験を受けている会社が前職と異業種、あるいは求人のある職種がまったくちがっていても、社会に出て仕事をした経験そのものが、自分をアピールするポイントになるのです。

ですから、たとえば「自己紹介してください」と言われたら、名前と前職、そして前職でどんな仕事をしたのか説明しましょう。そして、さらに「具体的な仕事の内容や実績は?」と問われたら、そこが自己PRのチャンスです。

実際にどういう仕事を経験したのか、どういう実績を上げたのか、前職で学んだことは何かなどを、できるだけ具体的なエピソードを交えて説明するのが、上手なアピールの仕方です。

また、転職回数が多く、経験した職種がいくつもあるような場合は、その中から2つぐらいの職種にしぼって話をしたほうが、アピールの焦点がしっかり定まります。

多くの職歴は履歴書に記載してあるのですから、そのすべてを面接でくりかえす必要はありません。面接官から質問されたときに対応すればじゅうぶんです。

3. 学生時代のエピソードはNG

転職者の自己PRでNGなことが一つあります。それは学生時代のエピソードを持ち出し、それによって自分の強みをアピールするというやり方です。

新卒者の場合は、社会経験がアルバイトしかありませんから、自分を具体的にアピールしようとすれば、どうしても学生時代の経験に頼らざるをえません。

しかし、それを転職の面接で行うのはNGです。特に、新卒で就職した会社を半年とか1年で辞めて転職する人は注意が必要。「社会人としての経験が浅いし、特にアピールできるような実績も残していないから」と考え、学生時代の話を持ち出してはいけません。

たとえ半年でも1年でも、社会人としての経験をしたのですから、その中から「小さな実績」を見つけ、学んだことを自己PRしましょう。

それをしないで、学生時代の経験に頼るようでは、面接官は「この人は結局、学生時代の意識のままなのだ。1年間の社会経験はまったくむだになったのだ」という判断をしてしまいます。

少々むりにでも、「社会へ出て学んだこと、身についたこと」を見つけてアピールしましょう

4. 転職理由でも自己PRできる

キャリアアップやスキルアップを目的とした転職なら、その動機そのものが大きな自己アピールポイントになります。それだけ前向きに意欲的な人生設計をしているという証拠なのですから、「転職理由」を自己PRのトップに持ってきてもいいでしょう。

そうでない理由の転職でも、上手に説明すれば自己アピールになります。そのためには、受ける会社の情報を精査し、その会社の「強み」を知っておくことが大切

その「強み」を面接で話し、「私は御社でこそ、自己実現できると考えました。転職も、自分をより高いステージに立たせてみたいと思ったから決断したのです」というように説明してはどうでしょうか。

5. 「性格」ではなく「能力」としてアピール

もう1つのポイントは、自分の強みや長所のアピールの仕方です。

「あなたの長所は?」という質問に、たとえば「ねばり強く、がまん強いところです」といった答え方をするのが一般的でしょう。しかし、これはいかにも子どもっぽい答え方、新卒者限定のアピールの仕方と考えましょう。

同じ答えをするにも、「忍耐力、継続力には自信があります。これは前職でも生かすことができました」とアピールするのです。

どうでしょうか?「ねばり強いところが長所」と答えるよりも、ずっと説得力が増すはずです。要するに、「性格」を「能力」に置き換えて表現するのがポイント。同じ内容でも、面接官に与えるアピールの強さはかなりちがってきます。

ここでは5つのポイントをお話ししました。転職面接を成功させる鍵は、これがすべてというわけではありません。しかし、この5つを実践すれば、成功率がかなり高くなることはまちがいありません。ぜひ参考になさってください。