読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

転職をすると決めた後について回る不安ともう一度考えたい覚悟

転職のきっかけやタイミング

転職をすると決めた後について回る不安ともう一度考えたい覚悟

転職しようと思った時に必ずついてくるものは期待と不安…あなたは不安に対する転職の覚悟はしていますか?

転職をする理由は今の仕事よりも自分に合う業種・職種・給料・仕事内容で仕事をしたいと考えるからではないでしょうか。転職をしたらキラキラ明るい毎日が待ってると…。

しかし、転職活動をしているうちに自分の本来の目的を見失い、「就職する」ということだけが目的となり、結果「会社が嫌だったから辞めたけれど転職してもまたすぐに辞めたくなった」ということになりかねません。

転職を考える人に起こりうる不安、覚悟を一度考えてみませんか。

転職活動中の不安

転職活動に入ると不安がつきものです。会社を退職したり、辞めることが決まり心が晴れやかになったのもつかの間、就職活動を始めることになります。すぐに希望通りの転職先が決まればよいですが、上手くいくとは限りません。

最初はやる気に満ち溢れていても、自分はダメなのではないかと落ち込むこともあるかもしれません…そんな時は自分の好きなことをしてみたり、ストレス発散をすることも大切です。自分を追い込まなくても良い転職活動プランを考えましょう。

退職する前、有給休暇中に次の仕事を探し、無職である期間をなるべく減らすようにしたり、当面は生活できるように貯金をしておく、家族がいる人は家族の協力、その期間だけでもパートなど仕事をしてもらうなど対策をしておくと気持ちが幾分楽になります。

転職活動の覚悟

転職をしようと決めたら「覚悟」をしましょう。必ず希望の仕事に就けるとは限りません。活動が長期化することも考えられます。しかし、目的をもって転職をすると決めたのですから諦めない気持ちが大切です。

自分の今までの経験に自信を持ち、仕事に対する向上心を持ち、しかしながら年齢・経験に驕ることなく謙虚な心を持ち、柔軟に対応できるよう心掛けると良いです。

応募する求人の妥協点

「諦めない」と言いましたが、場合によっては何かを諦める、妥協するということもあります。がむしゃらに応募する求人の条件のハードルを下げるのではなく、何を妥協するのか自分自身に問いかけることも大切です。

転職活動で求人を探したときにまず見ているのが、転職後の自分のイメージに合っている企業かどうかということになるでしょう。名の知れた有名企業であれば漠然とこの会社いいな、と思うこともあるかもしれません。

しかし、イメージが良いというだけで採用されたから入社した時になんだか想像と違うからもう一度転職をしようかと考えてしまう人もいます。どうしてそう考えてしまったのでしょうか。

例えば、希望の業種・職種だったが未経験の分野だったので前職よりも給料が下がってしまった…と。業種・職種を優先するのか、給料を優先するのか自分の中で折り合いがついていなかったものと思われます。

また、給料は上がったけれど仕事がとても忙しく、残業も多いのでプライベートの時間がとれず不満だ…と言う人は、そのバランスは人それぞれですが給料を優先するのかプライベートを優先するのか決めずに入社してしまったものと思われます。

要するにすべてが希望通りの求人が多くあれば良いですが、多少は妥協をして求人を探そうとした時に、自分の譲れない入社後の条件は何かを明確にしておくことが大切です。

入社後に後悔しないためにも、自分の目的が果たされない「何となくした転職」という位置付けにならないようにすることが望ましいです。

希望と向上心を持って始まるのが転職活動です。誰もがその活動の中で悩んだり、落ち込んだりすることがあります。自分だけと思わずに頑張ればいつかその努力が実ります。追いつめられることなく良い転職活動ができる人が一人でも増えますように。