読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

数多くある派遣会社…何社登録?賢い選び方とは。

登録や仕事の応募について

数多くある派遣会社…何社登録?賢い選び方とは。

派遣社員として働きたいと思った時に登録するのが派遣会社です。派遣会社が派遣先を紹介してくれて就業するというスタイルですね。しかし、派遣会社もたくさんあり、どの会社に登録をしていいのやら悩みます。

何を重視したらいいのか、どのような特色を持った派遣会社があるのか一緒に考えてみましょう。

登録する派遣会社は何社?

派遣の仕事を探したときに2社同時進行で面接をしてどっちも採用だった時に断わることが申し訳ないので1社しか登録しない…などと言う遠慮は必要ありません。

早く就業するためにも2.3社は派遣会社に登録をして希望に合った企業を紹介してもらうことが効率的です。

また、同じような仕事内容の募集であっても派遣会社によって時給の幅があります。同じ仕事をするのであれば時給は10円でも高いほうが良いですよね。何社か派遣会社に登録することによって色々と比べることができるようになり、派遣会社、求人を見る目を養えます。

派遣会社の規模と求人の数

派遣会社にも大きな会社とそうでない会社があります。もちろん大きな会社のほうが求人数も多く、登録しているスタッフの数も多くなり、小さな規模の会社のほうが求人数、登録スタッフ数も少なくなります。

希望している業種・職種の求人があるのであれば大きな派遣会社にも登録しておくと安心です。

派遣会社の扱う求人の種類

派遣会社によって専門性の高い(例えば看護師さんなど)求人のみを扱っている会社と幅広く色々な求人を扱っている派遣会社があります。その中には大手派遣会社だったり、グループ会社の仕事を請け負っている派遣会社だったりがあるわけです。

一般企業で就業を望む場合には、様々な企業の案件を扱う派遣会社が良いのか、その派遣会社のグループ企業で働きたいのかを選ぶことでどちらの派遣会社に登録をしたほうが良いのかということが見えてきます。

派遣会社ごとの特色

派遣会社と言ってもみな同じではありません。いろいろと違いがあります。例えば就業先に向かう交通費が支給される派遣会社と支給されない派遣会社があります。知っている人もいると思いますが、交通費(月に10万円まで)は非課税です。

しかし、交通費としての支給がない場合にはたとえ交通費がかかっていたとしても、給料全額が課税対象になります。

なんだか少し損をしているような気がしますよね。自宅から勤務地まで遠く交通費がより多くかかりそうだという人は交通費支給の会社も検討してみる必要がありそうです。

また、派遣会社によって福利厚生の充実度も違います。割引価格で利用できる保養所やスポーツクラブがあったり、健康診断もオプションで安く検査項目の追加ができる派遣会社もあります。

その他にもスキルアップ講座や趣味の講座を開催している会社もありますので利用できるものはどんどん利用したいですよね。

派遣会社との相性

意外にも大きく作用するのが派遣会社のコーディネーターと営業マンなのです。派遣会社としてコーディネーター、営業共々頑張っているかということもありますが一番大切なのは自分との「相性」だったりします。

友達や口コミサイトなどで評価が高かったから自分にも合うということではなく、自分に合った派遣会社やコーディネーター、営業マンと巡り合うことが大切です。 良い担当者は希望の仕事が出て来るまで何度でも新しい案件があった時に紹介してくれるものです。

どの派遣会社も良いところ悪いところはあると思います。一口に選ぶと言っても難しいことなので求人のことや、特色を参考に、また相性も考慮して自分に合う派遣会社数社に登録することが大事です。その結果、派遣社員としての就業の近道になればよいと思います。