読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

自分にとって良いものとなる、アルバイトの見つけ方のポイント

自分にとって良いものとなる、アルバイトの見つけ方のポイント

高校生になると、アルバイトを始める事ができ、その頃から、初めて自分でお金を稼ぎたい、少しでもお小遣い稼ぎをするためにもアルバイトをしようと思いながらやっていた方も多いのではないでしょうか。

学生の時代は、ただ単にアルバイトとは、お小遣い稼ぎの一貫でしかなかったかもしれませんが、年を取るにつれて、将来のため、生活のため、そして自分のためと、アルバイトの目的が変わってくる事もありますよね。

そんなアルバイトをするにあたって、どんな風にこのアルバイトを見つけるべき、どうすれば自分にとってそのアルバイトが良いものになるのか、いくつかのポイントを紹介したいと思います。

まずは自分がバイトに求めているものについて見極めましょう

先にも述べたように、最初はただ単にお小遣いがもっと欲しいし、買いたい物があるからそのためだけにアルバイトを始めたいし、そのためなら、別に職種は問わないから何だって働ければ良いという理由もあるでしょう。

更には、自分はいつか留学をするから、留学費用を貯めるために、1年間で100万円は絶対貯めたいから、それが必ず貯まるようなアルバイトか、将来、看護師になりたいから、病院関連のアルバイトがあれば、それで働いてみたいと、漠然としてで良いので、アルバイトの目的を見つけ出しましょう

お金なんてどうでもいいけど、学校以外の友達も欲しいから、友達ができそうなアルバイト先が無いかななどと、そんな理由でも良いのですから、そういったことをまずは頭の中でリストアップしてみましょう。

そうすると、何となくやりたい職種というのが頭の中に浮かんできます。例えば、お金になる事と言えば、春先の引っ越し作業のアルバイトとか、友達が欲しいなら、ファーストフードのチェーン店なら若い人がたくさんいそうだなとイメージが湧いてきますよね。

イメージで湧いて来たようなお店を探し、そのお店に近いものがあれば、片っぱしから連絡して、面接に取りつけましょう。面接は受かっていても、いくつ受けたって問題ないのですから、自分のオプションを広げていきましょう。

本当にお金を稼ぎたい人はオフィス街のお店で働きましょう

日本にはビジネス街、オフィス街と呼ばれる街がいくつかあります。有名な所で言えば、霞が関や日比谷、新橋に溜池山王と、挙げればきりがないほどオフィス街というのはあるのですが、皆さん、この街の印象をどう思いますか。

おそらく、ものすごく毎日人が多くいて、土日は閑散としているのだろうな、そんな印象を受けていると思いますが、そうです、その通りなのです。ですが、人は人でも、多いのはビジネスマンやサラリーマンと呼ばれる、オフィス街で働く人達です。

そこにはオフィス街の人達のためといっても過言ではないですが、レストランやカフェ、それにコンビニなどがたくさんありますよね。でも、実はほとんどこれらの店舗は、常にアルバイトの人員不足に悩まされています。

皆さん、アルバイトをするにあたって、家の近所で働きたいなと思う人が結構いるのではないかと思います。その「家」ですが、オフィス街に住んでいる人は、昔からの地主さんなどはいますが、なかなか若者が住んでいることはありません。

アルバイトとは、多くは若者がするものですから、その働く対象の人物が、オフィス街にいないので、オフィス街近辺でアルバイトとして働きたいという人がなかなか見つからない状態が続いています。

ですから、それぞれの店舗は、スタッフが足りている他店からスタッフをヘルプとしてよこしたり、毎日休みなしに社員さんがほとんどお店に立って、接客したりしている状態なのです。

そのため、こういったオフィス街でのアルバイトを希望すれば、比較的すんなりと採用は決まりますし、自分が希望したシフトの時間にほぼ希望通り入れますから、お金は貯まりますし、自分が今月は○万稼ごうと決めたら、計画もとても立てやすくなります。

むしろ、あなたの希望以上の仕事時間を与えられる事があるので、それは、あなたにとって良いことにもなり、悪いことにもなるかもしれませんが、お金を稼ぎたい方は、このオフィス街で働くという事を覚えておきましょう

若い内に様々な場所で、様々な職種を経験しましょう

アルバイトなんて若い内しかしないから、別に何をやってもお金さえ稼げればいいやと思っていたら、それはもったいないと言えるでしょう。アルバイトは立派な仕事ですから、それを将来につなげない手はありません

例えば、あなたはいつか、シェフになりたいなと思っています。でも、どういった料理を作りたいかはまだわからないと思っているならば、様々な料理店のキッチンでアルバイト経験を積ませてもらうのです。

ファミリーレストランから始めて、ラーメン屋さん、イタリア料理店に韓国料理屋さんと様々な料理のジャンルがありますし、お店によって、例え同じチェーン店であってもやり方は異なるわけですから、その1軒1軒で働く事はあなたのためになります。

そういう目的でないならば、今はレストラン、次は工場の仕分け、その次はカフェの店員、ティッシュ配りにデータ入力など、とにかく色々な職種に手広く手を出す事をお勧めします。

というのも、将来はきちんと就職して、正社員として働こうと思っていますが、もしかして、子供ができてからはそれが変わって、アルバイトでいいかななんて思っていても、実は年齢や子供がいるということで、アルバイトであっても何度も不採用になる事があります。

そういった時に、以前、今やろうとしている仕事を、アルバイトでした事があるので、大体の流れは分かりますと相手に分かれば、それは相手も教える手間が省けますから採用したくもなりますよね。

昔のアルバイトの経験数に助けられる事がありますから、是非、できる内に様々な仕事を経験しておきましょう。若い内であればアルバイトはほぼ採用されると言っても過言ではありませんから、若いという事を大いに利用しましょう。

アルバイトなんて何でもいいよなんて思っていた方もいると思いますが、これならもう少しアルバイトを見つけやすくなりませんでしたか。アルバイト探しをしている方は、こちらを参考にして下さい。