読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

海外で働きたい!海外で就職先を見つける方法

さまざまな仕事情報

グローバル企業への転職 英語面接はこわくない!

これだけ国際的な社会になってきていると、道を歩いていてもたくさん外国の方を見かけますね。

英語の必要性も多くの会社で求められていますし、英語ができる人も増えて来て、更には他の言語を流暢に操れる人も増えて、それを活かすためにも海外に行って働きたい!と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、漠然と海外で働きたいと思っていても、どのようにして海外で仕事を見つければいいのか、どうにかして今働いている日本の会社で駐在としてどこかに送ってくれないだろうかと思っていても、女性は色んな意味で危険が伴って来るので、なかなか駐在として派遣される事も難しいと思います。

それならローカル社員として働きに行く方が、駐在として送られるのを待つよりも早いと思って、それを選ぶ人が女性であれば多いかと思います。そういった時に海外での就職先の見つけ方について、ここでいくつか紹介したいと思います。

商工会議所に履歴書を送ってみましょう

商工会議所という場所は日本で普通に暮らしていたらあまり聞かない場所ですよね。ですが、海外ではこの商工会議所というのが、大体各国の首都にあり、これは日本人によって運営されている施設です。

もちろん、あまり日本人がいない国だと、それは無い事もあるのですが、ある国は、これを大いに利用しましょう。

商工会議所は、その国にある日系企業をまとめるというか、日系企業の発展や団結を進めていくような場所です。

ですから、主に現地の日系企業からの求人を出しているのですが、初めて海外で働く人にとっては、まずは日系企業で働いて経験を積むというのも悪くありませんから、この商工会議所は使えます。

まずは商工会議所に履歴書を送ります。送ると言っても、海外は履歴書フォーマットがありませんから、自分でパソコンを使ってワードなりで、自分なりの履歴書を作るのです。

それをメールで送るのです。その履歴書が様々な企業の目につき、あなたの履歴書を見て気になった人が、直接あなたにメールで連絡してきます。

ですから、自分で仕事を見つけられないのですが、日本の大手の企業がたくさん各国にはありますから、海外にいながら日本の大手企業で働けるというメリットがあるのです。

その際は、良い待遇を受ける事もありますから、あなたにとって良い事もたくさんあります。

それ以外に、ニューヨークやロサンゼルスなど、他の国とはケタ違いに多くの日本人が在住しているような街では、ロサンゼルスなり、ニューヨークなりの日本人を対象にした求人をかけていますし、フリーペーパーや、日系スーパーなどで求人広告が掲載されている事がありますので、それも参考にしてみると良いでしょう。

また、日系企業で働くと言っても、もちろん現地の日系企業という事ですから、日本人も働いているものの、ほとんどは現地の人ですから、日本語だけではなく、現地の言葉を使って働けますので、海外に行ってまで日系企業で働くなんてと思わず、良い風にとらえましょう。

派遣会社に登録してみましょう

日本でもよく聞くような大手の派遣会社が海外にもあります。

もちろん、その会社では、現地の人があなたに対応してくれますから、それなりに言葉もできなければ登録もできないので、ある程度言葉に自信がある人にこれはオススメです。派遣会社に登録するという事です。

できるなら派遣社員ではなく正社員として働きたいと思っている人であっても、海外と日本の会社というのは大分違います。

それゆえに、派遣と正社員の違いなどについて知るためにも、派遣社員として登録しつつ、同時に正社員の仕事を探す事もあなたにとってもデメリットにはなりません。

また、派遣会社から「○○という会社からオファーがありましたけど…」と言われたら、その会社が仕事を募集しているというのが分かるので、その情報だけ聞いて、派遣会社は断り、その会社に正社員として入るために、その会社のホームページを見て、そこにメールをするか電話をしてみるというような手もあります。

派遣会社に登録する=派遣社員として働くと思わないで、海外で就職するにあたって、就職先を見つけるための手段として派遣会社に登録する事をお勧めします。

そして、1社ではなく、複数登録する事は悪い事ではありませんから、そうしてみても良いでしょう。

人づてで聞いてみましょう

どんな所でもコネクションは大切なものです。それは、海外においても言えることです。

海外に行って知り合いはいないかもしれませんが、例えば、初めて住む場所がルームシェアの場所であれば、そのシェアメイトに「ねー、仕事を探しているんだけど、何か求人情報ない?」と聞いてみましょう。

シェアメイトだけではありません、その部屋を貸してくれている大家さんだったり、シェアメイトの友達だったり、そのまた友達だったり、とにかく知り合った人に就職情報を聞きまわってみましょう。それで仕事が見つかるケースは多々あります。

特に、日系企業であれば、大体トップは日本人がやっているものですから、その日本人とあなたの知り合いの日本人が繋がっている確率は高いです。そうすると、知り合い伝いに紹介されると、不採用にはしにくいものですから、意外と採用されやすいと思います。

更に、海外にいる日本人同士は必ずと言ってもいいほど、どこかで繋がっています。というのも、遠く離れて同じ国から出てきた者同士ですから、やはり団結力のようなものが生まれますし、日本語で喋りたいというのが理由の主なものです。

それに、日系企業では働きたくないなと思っていても、その知り合いの日本人同士のつながりの中から、現地の会社で現地の人だけと仕事ができる会社を見つけるチャンスだってありますから、まずは知り合いを増やし、そこからコネクションを作って、就職先をみつけるのに利用してみる事をお勧めします。

海外で仕事を見つけるという事は確かに大変かもしれませんが、このように様々な方法で仕事を見つけることができるので、そんなに気負わずに、仕事探しを始めてみましょう。

他にも直接会社に連絡しても良いですし、思い付いた方法を全て試して就職先を見つけましょう。