読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

薬剤師の資格をパートで生かそう!スタイル豊富な働き方

薬剤師の仕事に復活!パートでの働き方で気を付けておきたいこと

薬剤師として働いていたけれど、結婚や出産を機に仕事を辞めてしまった、資格はとったけれど働く機会がなかった、というような人もいるのではないでしょうか。

薬剤師として働く、というとフルタイムで働いたり、大変さをイメージしたりする事もあるかもしれませんが、働き方は様々にあります。

せっかくとった薬剤師の資格を、少しでも生かせるように、自分に合った働き方を探してみましょう。薬剤師には、パートで働く、という選択肢もあります。

資格はあるのに、なかなか働けないと悩みを抱えている人も、まずはパートというスタイルから行動を起こしてみましょう。

理想の働き方を見つけるには、探し方も大切

薬剤師のパート、と一言で言っても、仕事内容は様々にあり、たくさんの働き方があるでしょう。

一日の勤務時間や一週間に仕事に入る日数のような決められた事柄だけでなく、それぞれの人の働き方には、個々の生活や考え方なども影響してきます。

薬剤師として働く為に資格を取ったからには、薬剤師としての働き方にも理想があるのではないでしょうか。

自分に合う仕事を見つける為には、心にイメージする理想の働き方について考えてみるのも役立ちます。

そしてその理想を現実的に可能な事柄と結びつけてみるとさらに検討しやすくなるでしょう。

薬剤師の資格を生かしてパートで働く事についての理想がだんだんと見えてきたら、その理想を元に、探し方を工夫する事も大切です。

薬剤師のパートはたくさんありますので、探し方のコツも身に付けながら、上手に取り組んでみましょう。

全ての理想をかなえる事は難しい部分もありますが、根本的な条件が見えてくると、仕事も探しやすくなります。

薬剤師のパートのメリットとは?

薬剤師という専門資格がありながらパートで働くのはもったいないのではないか、と感じる人もいるかもしれませんね。

ですが、パートという働き方ならではのメリットもいろいろあります。自分の時間や生活を意識しながら、これらのメリットについても見てみましょう。

薬剤師のパートで働くメリットには、

  • 専門資格により、一般的なパートと比べると、比較的時給が高い事がある。
  • 週1日や、午前中のみ、などで働ける場合もある。
  • 短い勤務時間でも、ブランクと比べると仕事に触れている機会が増える。

などがあります。

人によって生活や考え方には違いがあるように、メリットもそれぞれの人によって違いはありますので一概には言えませんが、たくさんの情報の中から自分にとっての良いポイントを探ってみましょう。

また、それぞれの求人情報によって、細かいメリットには違いもあります。

自分が考える全ての理想の条件を満たすは難しい事もありますが、優先順位も考えながら、臨機応変に考えていきましょう。

パートで働く場合にも、仕事である以上は責任も伴い、続ける難しさはほかの仕事と同じようにありますので、実際に働く事をイメージしながらメリットを見ていくのも役立ちます。

自分の時間を有効に使う

薬剤師としてパートで働くメリットにも、様々な事柄がある事がわかりますが、自分の時間を有効に使える機会が増える、というのもその中の一つです。

薬剤師のパートの仕事自体のメリットだけでなく、自分の生活にも目を向けてみましょう。フルタイムではできないと感じる事も、パートだとより視野が広がる可能性があります。

自分の時間を有効に使う上では、趣味や娯楽、家事、育児、など、いろいろな使い方ができますので、薬剤師としての自分以外の部分に目を向けて、自分自身の可能性を広げる事もできますが、薬剤師としての技術をより極める、という事に時間を使う事もできます。

薬剤師の資格には、認定薬剤師や専門薬剤師などの、資格のステップアップに役立つ内容もありますので、パートで技術の維持を心がけながら、空いた時間で、さらに勉強を続けてみるのも良いでしょう。

勉強を続けて知識や技術を身に付けていく事で、さらなる自分の理想の働き方に出会える時もあります。

このように、有効に使える時間は、いろいろな使い方ができ、それによってさらに得られるメリットもいろいろあります。

ですが、パートでもちょっとキツイという場合には、薬剤師の仕事にも、単発やスポットなどのスタイルがありますので、短い勤務スタイルからまずは始めてみる、というのも良いでしょう。

薬剤師としてフルタイムで働きたいけどなかなか時間が取れない、という時には、とりあえず空いた時間を活用してパートで働いてみる、という方法もあります。 パートとして継続して働く事で、技術の維持やスキルを積む上でもメリットになるでしょう。将来的な事も視野に入れながら、柔軟に資格を活用してみるのも役立つポイントです。 また、薬局だけでなく、病院や治験コーディネーターなど、働く場所も様々にありますので、働き場所も視野を広げて探してみると、また新しい経験を積める事があるでしょう。 薬剤師のパートにもいろいろな働き方があります。持っている資格を活かし、充実した働き方ができるように、パートの自由さをぜひ生かしてみて下さい。