読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

今年こそ!就職や仕事に役立つ英語の資格を取得するには

就職や仕事に役立つ英語の資格を取得するには

よく日本人は英語を読み書きできるが話すことはできないなどと言われております。

そして近年、日本は英語教育に力を入れてこれから英語の学習にはますます重要度を増してきているものと思われます。日本ではほとんどの人は日本語で会話をし英語が使われることはほとんどありません。

あるとしたら企業などで海外との取引などまた海外から来た欧米人などが日本語が不得意な場合、どうしても英語が必要になるからです。

ただ英語の難易度の高い資格を取るには中々簡単ではありません。それで英語の資格について色々な知識をお伝えしたいと思います。

また就職や仕事に役に立つ英語の資格それもただ取ってあるだけではなく日本が世界に情報発信する為に実践に力強い英語の資格を紹介していきたいと思います。英語の資格だけでも約60個という公的・民間でかなりの数があります。

英語の資格を取得すると特典がある

それぞれメリットがあり資格取得できた場合は大学試験の英語が免除されたり通訳の資格の一部が免除されたりと様々なメリットがあります。

どの資格もそれぞれその人の目的に応じてつくられた資格なのでこの資格をとったから後は万全というわけではなくそれぞれ一長一短があります。

例えば英検の1級などをとれば留学資格として2年間有効になりますしTOEICの高スコアを持っている人は会社での評価がよく出世しやすいといったこともあります。

留学したい場合はTOEFLなどをまたアメリカの公認会計士や秘書として働きたい願望があるのならばそれぞれアメリカで認定されている公的資格を取得しなければなりません。

様々ありますが要は自分の目的に合った資格を取ることが最も重要だと思います。

まず資格取得の前に自分と確認しておきたいことは2つあります。一つ目はその資格を持って自分は何になりたいという目標を持っているかです。

ただ漠然とTOEICで高いスコアを出しておけばこれからの人生良くなるだろうとか英検1級持っていれば向かうところ敵なしなどといった具合です。勿論それでも構いませんがそのような理由で取れるほど甘い資格ではありません。

資格取得のモチベーション

やはり明確な目標を持って勉強に取り組んだ方が意欲もモチベーションも湧き高い勉強の成果が期待できるというものです。

二つ目はその資格は本当に必要なのかということです。取得したはいいけど思い返してみると全然意味なかったなあとかそういうお金の無駄に感じることもあります。

人が資格をとる目的は私自信の経験で言うと勿論、目標があって資格を取得しますがやはり誰かに認められたいとか今の時代これぐらいの資格を持っていなければ就職が不安だという焦りや危機感があるからです。

資格取得は高校生または大学生、社会人など幅広い人達が受験します。

それぞれのメリット、デメリットを挙げると高校生は時間はたっぷりあるが学校の勉強などもあるしそもそも授業ですらまだ出ていない習っていないのに両立なんてできないなんてのです。

時間はあるけどわからないこれがデメリットです。

メリットは資格の勉強をして大学受験の勉強になって一石二鳥という考え方です。

たとえ授業でわからなくても結局資格の勉強をすることは受験勉強の基礎を積み立てているわけですから仮に資格取得をできなかったとしても無駄になることはまずありえません。

次に大学生ですがこれは高校生以上に時間の余裕があります。

大学はモラトリアムの時期と言われるぐらい時間を持て余していますからこの時にただ大学生活何もしないで過ごすのと目標を持って大学時代費やして英語検定1級などを取得するのには大きな差がうまれますね。

デメリットとしては明確な目標を持つことが少し難しい点にあるかもしれません。周りに流されて自分もこれを取ってみるかなどとか漠然とした意識で受験に挑んでしまうことです。

最後に社会人ですがこれはもう仕事の残業が長引いたとか同僚や上司との飲み会などがあってとても集中して勉強をとれる時間がないということです。

ですから電車で通勤している人は毎日の通勤時間に10分でもいいから勉強をするなど時間を有効に使うといいかもしれません。

資格の勉強方法は以下を推薦します。まず空き時間があるなら少しでも勉強をする、英単語を10個覚えるでもいいですかこれを毎日続けること。

2つ目はその資格についてですが仮に現在大学生で高校の頃の英語の偏差値が50ほどの人ならばあまり大きな願望をもたないことです。

はっきり言って高校の頃飛び抜けていたわけでもないのに大学生になってから英語検定1級を目指すのは無茶というものです。

それが何年かかるかわからないし確かなコンセプトがない資格の勉強はしない方がいいでしょう。

お金の無駄でもあるしその分何か別の資格やアルバイトなど違うことをした方がいいと思います。いつまでかかるかわからない資格を目指すのは断念した方がいいでしょう。

最後は基礎を完璧にして過去問題集を10年分はしたいところです。これで正答率が80%以上ならば望みも見えてくるでしょう。それを維持することが大切です。

これからの世界情勢ますます英語が世界で普及して日本にもその英語の波は近づいているといった具合です。是非どんどん資格をとってより実践的にグローバルな社会人になりましょう。