読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

SNSに要注意!仕事とプライベートを「分けたつもり」が一番危ない

SNS・アプリ活用術

SNSを利用している方は要注意!FACEBOOKで仕事とプライベートを「分けたつもり」が一番危ない

FACEBOOKなどのSNSが当たり前のように利用されている昨今、仕事上の付き合いで上司や、社外の人間とコンタクトしてしまっている人もいるでしょう。

ですが、そういった相手に自分のプライベートを覗かれるのは嫌なのが普通ですし、意図しないところで情報が漏れて、会社にダメージを与えてしまった場合には訴えられてしまう可能性だってあります。

そこで知っておきたいのが、社会人なりのFACEBOOKのセキュリティ設定。 今回はこの点について、注意点もふまえた上でご紹介しようと思います。

一番多い解決策がダブルアカウント。それでも注意は必要です。

仕事用とプライベート用にアカウントを分けている人は数多くいます。 徹底出来ていればいいですが、実際のところは落とし穴がいくつかあるので注意が必要。

まず第一に、プライベートアカウントで「私を検索できる人」や「記事の公開範囲」の設定をしっかりと絞りきれているかです。

ここで「全員」となっている場合は、折角のダブルアカウントでも誰でも自分を検索できてしまうので、たとえ内容を「友だちのみに公開」にしていても、アカウントが二つあるということはバレてしまいます。

くわえて、「友だちの友だち」としていた場合でも、友だちリストのなかに一人でも会社の人間がいれば、その相手が登録している会社員や社外の人間にはすべて検索できてしまうので堅牢とはいえません。

ダブルアカウントだとばれても良いというのであれば、投稿の共有範囲さえ絞っておけば特に問題はありませんが、プライベートアカウントの存在すらバレたくないというのであればこれらの設定をしっかりとしておく必要があるでしょう。

一番手堅いのは、投稿の公開範囲を友人だけとし、検索は一切出来ないようにしてしまう事です。

一つのアカウントでも投稿の公開設定をカスタムすれば比較的安全。

投稿の公開設定は何も「友達」か「全員」かの二択ではありません。

自分で公開リストを作る事ができるので、「プライベートの友人」というカテゴリーを自ら作ってしまえば、投稿時にそのリストを選ぶかどうかで、友達全員に公開するか、プライベートの範囲だけに絞るかは選ぶことができます。

この方法のメリットは、一つのアカウントでいいので怪しまれる確立が少ない事と、リスト内容を誰かに見せない限り、誰に公開しているかは自分以外わからないという点にあります。

ただし注意すべきは、会社内で公開している人間と公開していない人間の二種類を作らないようにする事。これをしてしまうと、思わぬところで波紋をよぶ事になるかもしれません。

FACEBOOKの利用自体を隠している場合。

FACEBOOKの利用自体を仕事上の人間には一切教えないスタンスでいるというならば、これ以上堅牢で簡単なセキュリティはありませんが、それでも注意しておくべき事はあります。

一つは当然、公開範囲を全体公開にしておかないことですが、もう一つは自分の写真アイコンについでです。

投稿が読めなくても検索して名前が出てくるなら、写真アイコンは公開されてしまうので、ここで自分の顔写真などをアップしていればすぐに利用している事がばれてしまいます。

なので、プライベートのみでフェイスブックを利用している場合でも写真アイコンや名前の検索範囲はしっかり絞っておくように徹底しましょう。

大事なのは上司や社外の人間に検索されているという意識でいる事。

どの対策方法においても、根底にあるのは上司や社外の人間に検索されているという意識でいる事です。

設定さえしておけばOKだと考えていると、思わぬところで口がすべり、ダブルアカウントや公開設定の件がばれてしまう事だってあるので、しっかりと線を引いて利用しましょう。

ちなみにいって、とても重要な情報を取り扱っている会社や、セキュリティ意識の高い会社では「フェイスブックやツイッターの利用を一切禁止する」としている所もあります。

入社時は知らなかったり、勤務中に途中で社則がそうなってしまう事もあるでしょうが、どんなに理不尽に思っても、実際に会社と事を構えて反対できる人はそういないので、悩んでいる人も多くいる様子です。

(いきなり「FACEBOOKなどを利用しているなら削除しろ」と言われるわけですから、かなり横暴な気もしますが、それでも隠れて利用したりしている人も実は多いとの事。)

この問題にたいして具体的な解決策を見つけるのは難しいですが、少なくとも入社前であるならば、セキュリティに神経質な会社かどうかは調べておくといいでしょう。

加えて言うと「削除しろ」と言われないまでも「注意しろ」は当たり前の世の中になってしまっているので、特に何も気にせずFACEBOOKを利用している場合でも、セキュリティはしっかりと設定しておく事をおすすめします。

すこし面倒だと思うかもしれませんが、自分の投稿が原因でクビになったり、会社に損害をあたえてしまう可能性は充分にあるので、絶対に注意は必要です。