読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

今からスタート!ニート歴が長くても問題ないバイトの探し方

今からスタートしよう、ニートから始めるバイトの探し方

ニートの経験がある人もいれば、今現在自分の置かれているニートという立場に悩みを抱えている人もいるでしょう。好きでニートになった訳じゃない、本当は働きたい、と心では思っている人もいるのではないでしょうか。

引きこもりの状態が続いていたり、学歴や仕事経験がなかったりすると、もう社会生活には踏み出せないのでは、と思ってしまう時もあるかもしれませんが、そんな事はありません。

気持ちややる気次第で、スタートはいつでも切りだせる環境にあるのです。ニート生活に終わりを告げ、働きたいという気持ちが少しでも芽生えたら、まずはアルバイトから挑戦してみるのも良いでしょう。

まずは行動を起こす事から始めよう

仕事を探さなければ、働かなければ、そう思っていても、実際に行動を起こすまでに時間がかかり、なんとなく先延ばしになってしまう時もあるでしょう。まずは、少しずつでも仕事を探す、という行動を起こす事が大切です。

ハローワークやアルバイト雑誌、インターネットの求人サイト等、仕事を探せるツールはいろいろありますので、実際に探す事を始めてみましょう。アルバイト雑誌を探しに駅まで歩いてみる、サイトを覗いてみる、というだけでも、始めの一歩になります。

自分に合った職種を探そう

アルバイトと言っても、職種によって仕事内容は様々にあります。その為、自分に向いている仕事もあれば、不向きなものもあるでしょう。仕事内容によって得意・不得意も関係してきますので、なるべく自分に合った職種を探す事は、継続して働く為や、仕事に就いてからの負担をできるだけ減らす為にも役立ちます。

今までの経験や、自分にとってできそうな事、苦手だと感じる事、などを具体的に考えながら、求人広告を見る際の参考にしてみましょう。

また、今の自分にとって可能な仕事を探す、というのも、自分に合った仕事を探す際のポイントです。学歴不問や未経験でも可能などの、その仕事に就ける資格の欄も合わせて確認してみましょう。 

求人広告をじっくりと読んでみよう

ニートの状態から、社会に出て、人と関わり働く、というのは、それだけで、怖く感じたり、ストレスに感じたりしてしまう時もあるかもしれませんね。一歩踏み出す為には勇気も必要ですが、出来る限り、辛い思いをしないで働けるように、下調べはしっかりと行っておくと良いでしょう。

今ある自由な時間を有効活用して、興味のあるアルバイト情報を見つけたら、じっくりと調べてみるのも大切です。自分に必要なポイントをおさえて見ていくと、わかりやすく、見落としにくい事もあるでしょう。

ポイントの例としては、

  • まずは、応募可能かどうか。
  • 勤務時間はどのくらいか。一日~時間程度、応相談など。
  • 勤務日数はどのくらいか。週~日程度、応相談など。
  • 勤務期間はどのくらいか。短期または長期、など。
  • 服装に指定があるかどうか。髪の毛の色やアクセサリーなども含めて。
  • 仕事内容はどのような内容か。作業内容や注意点など。

などがあります。

ですが、重要なポイントは、それぞれの人によって違いもありますので、自分に沿ったポイントで考える事も大切です。

自分のペースで取り組む

早くニートを脱出しなければ、と思っても、自分のペースで取り組む事を大切にしましょう。焦って決めてしまっても、働き始めてから上手く行かないと、また元の状態に戻ってしまう場合もあります。またダメだった、という気持ちが起きると、さらに気持ちが沈みがちになってしまう時もあるでしょう。

大切なのは、自分なりの目標を立てる事です。そして、一人で頑張らずに、家族やカウンセラーなど、相談できる誰かの支えも借りながら、頑張り過ぎずに取り組んでみましょう。ニートの経験がある人の体験談などを読んでみると、勇気付けられる事もあります。

毎日、目標を立てて、少しずつクリアしていく事で、自信につながる時もありますので、計画的に進めていくのも良いでしょう。

履歴書を書いたり、面接をしたりと、アルバイトの仕事を得るまでにも複数のステップがありますが、それぞれ、書く時のコツや、自分の事を話す時のコツ、などもありますので、これらの情報や知識も身に付けながら取り組んでみると役立ちます。

自分と向き合いながら一歩ずつ

始めから上手くいかない事は、多くの物事にあるように、ニートだから上手く行かないのではありません。たとえアルバイトの面接に行って落ちてしまっても、諦めずに挑戦し続けましょう。自分の長所を探しながら、前向きに行動していく事も大切です。

近年では、仕事に就く事自体が難しい部分もありますが、成功を得るには、努力も必要になるでしょう。コツコツと地道に前に進み続ける事で、自分の良さを発見し、自分を理解してくれる人に出会える事もあります。

より良い社会生活を目指して、今日からでも、明日からでも、今すぐでも、自分と向き合いながら、今よりも自立した楽しい生活が送れるように、一歩ずつ歩いていきましょう。