読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • RSS

資格の勉強にはコツがあった!これであなたもキャリアアップ!

資格の勉強にはコツがあった!これを掴んであなたもキャリアアップを狙おう!

はじめに、自己研鑽をしているサラリーマンは比較的多いと思います。例えば、ビジネス書を読んだりセミナーに参加したりと様々あります。今回はその中で資格の取得に関してのコツをお話したいと思います。これさえ読めば、必ずあなたのキャリアアップの役に立つはずです。

その資格はあなたのキャリアアップに役立つか考えよう!

どういうことかと言うと、自分の仕事のキャリアに関係ない資格を取ろうとしていないか再度立ち止まって考えるべきだと思います。ビジネスマンの皆さんには時間は限りある貴重なリソースです。そのリソースを割いて勉強する価値があるか考えましょう。

どんな資格であっても、「いつか何らかの形で役立つ」ものです。ですが、そのように漠然とした目標では意味がありません。それは資格を取った後の具体的行動に落ちていないので、資格を取ったとしても自己満足で終わってしまいます。

「私は経理の資格をとって経理の道でキャリアアップする。その為に経理にもっと詳しくなりたい。その為に簿記の資格をとって、日頃行っている業務の本当の意味を理解したい。最終的には仕分けを含めた会計報告書を書けるようになりたい。」。最低でも、この程度の目標がなければなりません。

人気の資格として簿記では100時間程度、FP資格では300時間程度、中小企業診断士では1000時間以上が合格の目安です。

自分のキャリアにとって意味のない資格ならば、その分を他の勉強に当てた方がより得策です。「要らないから資格を取ることを止める」 、これも立派な選択の一つと考えてください。

資格の勉強にはスクールを活用しよう!

次にどう勉強するかです。ここで自己学習を選択するのは最悪の手段と考えましょう。自己手段に頼るのは、お金と時間の天秤にかけた時にお金の方が大切だと考えての行動だからです。まず、お金は働けば稼ぐことができます。しかし、時間は1日24時間以上には出来ません。

つまり、自己研鑽を目指すサラリーマンにとって、制約になるリソースは時間なのです。スクールを利用する事でこの時間を買うことができます。 どう言う事かといいますと、各種資格スクールにはその資格に対した様々な知見が蓄積されています。

「どこの分野が出題されやすいか」「どこの分野は過去出題されなかったか」等、勉強する際の強弱ポイントが分かります。目的は資格を取り実際に仕事で役立てることですが、資格に不合格になっては投資した時間が無駄になります。まず当面の目標は資格の合格を目指しましょう。

その後、実際の仕事を通して足りない知識を、資格取得時に使ったテキストで埋めていくのです。こうすれば資格が生きてきます。自己学習の悪い他の点として、不明点が確認できないことです。調べても分からない所はずっと分からないままです。既取得者に聞くてもありますが、やはりそれを教えている専門の講師には勝てません。

勉強に向けた計画を立てよう!

計画無くしては資格合格はありません。まず試験日程を決めましょう。余りにも近すぎて現実的でない日程は避けましょう。勉強すべき教材の量と相談して考えましょう。日程が決まったら

  • 先ず日程を大きく3つに分けます
  • 次に大きく分けた3つの日程の内、最初の3分の1は1回目の勉強をしましょう。勉強の範囲は教材の全範囲です。この時に苦手な分野や重要と思われる分野をチェックしておきます。
  • 次の3分の1は1回目の勉強の復習をしましょう。勉強の範囲は教材の全範囲ですが、苦手な分野や重要と思われる分野を重点的にこなしましょう。
  • 最後の3分の1は苦手な分野や重要と思われる分野のみの勉強をしましょう。ここでは過去問や模試などに取り組んでも良いと思います。
  • 最後に試験数日前から当日までは、出来なかった問題の見直しだけを徹底的にやり直しましょう。

以上のステップで計画は完璧です。上記で述べましたが模試や重点分野のピックアップは、資格スクールを最大限活用しましょう。 わかならければ聞く、取り組んだ問題は全て出来るようになりましょう。

如何にモチベーションを維持するか?

勉強の期間が長いほど、モチベーションを保つことが非常に難しくなります。ここでこれまでの1~3が役に立ちます。まず自分のキャリアにとって役に立つのならばなんとか頑張ろうと思えるでしょう。しかし、ここの土台が曖昧だと簡単に挫折します。

次に資格スクールです。スクールに通うことで共通の目標を持った仲間に出会えます。そしてお互い切磋琢磨できます。「負けてられない」となる訳です。最後に計画です。計画を立てたからには、計画倒れではいけません。計画があることでモチベーションがなくても仕方なくやるか、となる訳です。

これらに加えて、モチベーションを維持する方法として、資格のための勉強をしていることを周囲に公言しましょう。 公言は中々恥ずかしいものですが、モチベーションが下がってきた時には無言のプレッシャーを与えてくれます。口先だけと思われない様に頑張ろうと、なる訳です。

又、家族などに公言することで辛い時は励ましてくれます。やはり身近に応援者がいることは勉強を続ける上でとても重要です。

以上を纏めると以下のようになります。

  • その資格があなたのキャリアアップに役立つか始めに考えよう
  • 資格の勉強にはスクールを活用しよう
  • 勉強に向けた計画を立てよう
  • モチベーションを維持する為に、様々な工夫をしよう

この4点を抑えて頂ければあなたの資格の合格とキャリアアップは間違いなく保証されます。自分に不安な気持ちが湧き上がった時には、この4点に偽りがないかを自分に問いかけましょう。そして最後になりますが、資格試験には一発合格を目指しましょう。落ちても次があるという態度では時間というリソースはどんどん無駄に奪われていきます。

時間を有効に活用するためにも一発合格は絶対必須の条件です。それ位、自分を追い込んでください。とても苦しいと思いますが、合格することができた時にはやって良かったと心から思えるはずです。